2022.9.30 オウンドメディア

オウンドメディアの記事の書き方を解説!記事制作のポイントも具体的にご紹介!

オウンドメディアの記事の書き方を解説!記事制作のポイントも具体的にご紹介!

「オウンドメディアでの記事制作の方法を知りたい!」

「SEO効果の高い記事で集客を増やしたい!」

オウンドメディアの記事制作を通して、Webサイトへの集客を増やすことは大きな利益に繋がります。

しかし、多くの人に見てもらえる記事を作成するには、どのような記事の書き方が重要なのでしょうか。

上記のような悩みを抱えている方に、この記事ではオウンドメディアでのSEO効果の高い記事の書き方をご紹介します。

オウンドメディアでSEO効果の高い記事を作成すれば、集客を増やして多くの収益を得ることができるでしょう。

この記事を読むことで、オウンドメディアでの記事の書き方を理解し、多くの集客を見込めます。

最後までお読みください。

オウンドメディアの記事の基本的な書き方を知っておこう!

オウンドメディアの記事の基本的な書き方

ここでは、オウンドメディアの記事を作成するに当たって、基本的なスタンスをご紹介します。

大切なことはユーザーの目線に立って、記事を執筆することが重要です。

ユーザーのニーズに合ったコンテンツ

オウンドメディアの記事を制作するには、ユーザーのニーズに合ったコンテンツにすることが重要です。

ユーザーは、何か困ったことやわからないこと、悩みを解決したい時に検索エンジンを利用して調べます。

そんなユーザーの困ったことや、悩みを解決できるようなコンテンツを制作しましょう。

また、オウンドメディアで取り扱うジャンルを元に、ユーザーのニーズに合ったコンテンツを作成することで、自社にしか出せない情報を提供できます。

自社にしか出せないオリジナルのコンテンツを取り入れることで、ユーザーの悩みにさらにコミットできるでしょう。

分かりやすい内容にしよう

記事の内容は、ユーザーが分かりやすい内容である必要があります。

ユーザーのニーズに合ったコンテンツだったとしても、文章が読みづらい場合や、専門用語が羅列している記事をユーザーは読んでくれません。

ユーザーが求めているのは多くの文章ではなく、分かりやすい具体的な情報だということを覚えておきましょう。

また特別な表現力は必要なく、中学生でも理解できるようなシンプルな文章にすることが重要です。

より分かりやすい内容にするためには、下記の方法を取り入れてみましょう。

記事の内容を分かりやすくする方法
  • 画像や動画の挿入
  • 重要な部分を太字にする
  • 表やグラフを使う
  • 箇条書きにする

ただ単純な文章の羅列だけではユーザーは飽きてしまい、記事から離脱してしまう可能性があります。

上記のような画像や動画、箇条書きなどを用いて、ユーザーの目に優しい分かりやすい記事を作成しましょう。

文字数よりも質が大切

オウンドメディアの記事を制作する際には、文字数よりも情報の質に重きを置きましょう。

記事制作に関する他社の記事を見ていると、「何文字以上を目指しましょう」といったアドバイスをよく見かけます。

しかし、文字数を目標にして記事を執筆することは避けましょう。

文字数を目標に記事を執筆してしまうと、文字数を増やすことに意識が集中してしまい、本当に伝えるべき情報が伝わらなくなってしまうからです。

文字数を目標にするのではなく、ユーザーのニーズに合わせた、分かりやすい記事を制作することを目標にすることをおすすめします。

また、この目標を目指すことで、本当にユーザーに伝えたい情報が入った記事になり、自然と文字数も増やすことができます。

文字数に縛られずユーザーの目線を第一に記事を執筆することが、オウンドメディアでの記事制作に最も重要なことです。

記事制作は外注もおすすめ!

記事の制作は、SEO会社や記事制作会社に外注することもおすすめです。

記事の制作には、市場調査やキーワードの選定など、下記のような工程に多くの時間を割く必要があります。

記事制作に必要な工程
  • ターゲットの決定
  • キーワードの選定
  • 記事のテーマの決定
  • 競合他社のチェック
  • 記事構成の作成
  • 記事の執筆・装飾
  • 定期的な効果測定

このように記事の制作には、単純な記事の執筆だけでなく、多くの工程に時間を割かなければなりません。

また、この記事制作のひとつひとつの工程には、集客を増やすためのSEO対策を行う必要があります。

SEO対策には専門の知識が必要になるため、記事作成を外注することでその手間や時間を抑えることができるでしょう。

弊社フラップネクストでは、オウンドメディアでの記事制作はもちろん、集客を増やすためのSEO対策をサポートできます。

オウンドメディアでの記事制作に少しでも悩みや不安がある方は、お気軽にご相談ください。

オウンドメディアの記事制作の方法とポイント

オウンドメディアの記事制作の方法とポイント

ここでは、オウンドメディアの記事制作の方法を詳しくご紹介します。

また、ユーザーに分かりやすく情報を伝えるポイントも一緒にご紹介します。

オウンドメディアの記事制作には、SEO対策が欠かせません。

SEO対策とは、制作した記事が検索エンジンで上位表示されるように工夫する対策のことです。

検索エンジンで上位表示を目指すには、検索エンジンに記事の内容を把握してもらうことが大切です。

検索エンジンに記事の内容を理解してもらうことで、初めて検索結果に表示することができます。

さらに、検索エンジンで上位表示を得るためには、検索エンジンとユーザーの両方にとって分かりやすい内容を制作する必要があります。

ここでご紹介するポイントをしっかりと抑えた上で、検索エンジンとユーザーのニーズを満たした記事を制作し、検索結果での上位表示を目指しましょう。

ペルソナを決める|誰に読んでほしいのか

まず記事を制作する上で、誰に読んでほしい記事なのかをしっかりと検討しましょう。

このペルソナ(ターゲット)の決定をしなかった場合、軸がぶれてしまい伝えたい内容がわからなくなってしまいます。

ペルソナを決定する際には、下記の項目を意識して決定しましょう。

ペルソナを決定する際の意識すべき項目の例
  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 住んでいる地域
  • パートナーの有無
  • 生活パターン

上記の項目を明確にすることで、ターゲットとなるユーザーが鮮明になります。

ターゲットとなるユーザーがわかれば、伝えたい情報をシンプルにまとめることができるでしょう。

キーワードの選定|ユーザーニーズを満たす

キーワードの選定のポイント
  • ペルソナが求めている情報の調査
  • 最新の情報を取り入れる
  • 関連キーワードの調査
  • 検索ボリュームの調査

次に、決定したペルソナに合ったキーワードの選定を行います。

キーワードを選定する際には、ペルソナが何を求めているのかといった情報を調査することが重要です。

ペルソナが求める情報の例
  • 悩んでいること
  • 不安なこと
  • 解決したいこと

ペルソナが求めていることの解決を、最終的な記事の目標にしましょう。

また、世の中の流れを意識することも重要です。

ペルソナが求めていることと関連する内容で、今の世の中でどのような情報が流行しているのか、今だからこそ求められる情報が何かを把握しておきましょう。

最新の情報を集めるためには、ニュースや新聞などのメディアやSNSを定期的にチェックしておくことをおすすめします。

さらに、自社の商品やサービスに関連するキーワードの調査も重要です。

例えば、今ご覧いただいている記事は「オウンドメディア」というメインのキーワードが選定されています。

オウンドメディアの記事の制作方法を知りたいユーザーに向けて、この記事を提供していますよね。

この「記事」というキーワードが、「オウンドメディア」に関連するワードとして選定されています。

キーワードを選定する際には、メインのキーワードと、それに関連するキーワードの選定を行うことが重要です。

また、キーワードを選定する際には、検索ボリュームも意識しておく必要があります。

検索ボリュームとは、選定したキーワードがどのくらい検索されているのかといった指標です。

検索ボリュームが1万を超えるキーワードは、多くの競合他社の記事と競う必要があるでしょう。

また検索ボリュームが多いほど、検索上位に表示されるためには多くの知識やスキルが必要になります。

検索結果での上位表示を目指すには、検索ボリュームが100前後のキーワードから狙っていくことをおすすめします。

関連キーワードや検索ボリュームを調べたい場合には、下記のサービスを利用しましょう。

関連キーワードや検索ボリュームの調査におすすめのサービス
  • ラッコキーワード
  • Ubersuggest
  • キーワードファインダー

テーマの決定|方向性を決める

キーワードが決定したら、記事の方向性となるテーマを決定しましょう。

ペルソナやキーワードが決定した時点で、テーマが決まっているような気もしますが、改めて記事の方向性を整えることが重要です。

ペルソナやキーワードをふまえた上で、ユーザーがこの記事を読むことでどうなって欲しいのかという目標を再確認しましょう。

例えば、検索ボリュームが1万を超えるようなキーワードで決定した場合、自社にしか出せない独自の情報を記事に入れる必要があります。

1万を超えるようなキーワードの場合、すでに掲載されている記事はどれも似たような内容になっていることが多いでしょう。

自社にしか出せないオリジナルの情報を入れ込むことで、他の記事に埋もれることなく上位表示を目指すことができます。

ユーザーにとって有益でオリジナルの情報を含めたテーマにすることで、検索結果での上位表示を目指せるでしょう。

記事の構成の決定|導線を意識

次に、記事の構成を決定します。

記事の構成を整えるためには、「見出し」がポイントとなります。

記事の構成における大見出し

見出しには「大見出し」と「小見出し」が存在しますが、まず大見出しから作成しましょう。

記事の構成における小見出し

大見出しには大まかな情報を入れ込み、小見出しには大見出しの内容に関連するより具体的な情報を入れます。

また、見出しを作成する際で重要なのは、マクロからミクロの視点に移っているかです。

小見出しから大見出しに内容が移ってしまった場合、ユーザーは混乱してしまう危険性があるでしょう。

さらに、ユーザーが一目で見て興味の引くキーワードを、大見出しに入れておくことも大切なポイントです。

大見出しから小見出しというユーザーの導線を意識して、記事の構成を決定しましょう。

競合サイトの記事をチェック|情報量に差はないか

次に、競合サイトの記事をチェックします。

競合サイトにはあって、自社の記事に入っていない情報がないようにしましょう。

すでに掲載されている競合サイトよりも情報が薄いと、検索エンジンで上位表示してもらえる可能性が低くなってしまいます。

また競合サイトの中には、独自性溢れたものやその企業でしかできない調査やアンケートに基づいた数値を提供している記事も存在します。

自社の記事にも、他社の競合サイトに負けないようなオリジナリティ溢れる情報を取り入れましょう。

記事の執筆|SEO対策が重要

記事の構成が整ったら、記事の執筆を行いましょう。

記事を執筆する際に意識しておくべきポイントは、下記の通りです。

記事を執筆する際のポイント
  • キーワードを有効活用する
  • ユーザーにとって読みやすい文章をつくる
  • 独自の情報を盛り込む
  • デザイン性が高く、シェアしやすい

まず、選定したキーワードと関連キーワードを有効活用しましょう。

記事を読むユーザーは、このキーワードに興味を引かれている人がほとんどなので、記事の文章の中にも積極的にキーワードを含ませるようにします。

特に記事のタイトルや見出しには、キーワードを必ず含めるようにしましょう。

しかし、キーワードを含めることを意識しすぎて、ユーザーにとって読みにくい文章にならないようにしましょう。

キーワードを羅列した文章は中身のない記事になってしまうので、ユーザーが離脱する可能性が高くなってしまいます。

また、読みやすい文章を作るためには、120文字前後を目安に句読点や区切りをつけることをおすすめします。

文章の語尾を言い切りの口調にするのか、「です」や「ます」で終えるのかなども整えましょう。

文章の書き方が整っていない場合、ユーザーは違和感を感じてしまう場合があるからです。

ユーザーにとって読みやすい文章を作ることがSEO対策となり、多くの集客を得られるでしょう。

写真や動画で装飾する|ユーザーに分かりやすく

前述した通り、文章の羅列だけでは見にくく、殺風景な記事になってしまいます。

記事の中には、文章だけでなく画像や動画、箇条書きなどの装飾を施しましょう。

記事の装飾の例
  • 画像や動画を挿入する
  • 箇条書きでまとめる
  • 重要なフレーズは太字にする
  • 画像やテキストマーカーの色合いを揃える
  • 表やグラフで数値を視覚化する

文章に装飾をほどこすことで、ユーザーは飽きることなく記事から有益な情報を得ることができます。

また、装飾をすればデザイン性が高くなり、ユーザーが記事をシェアしてくれる可能性も高くなります。

ユーザーのシェアをうながす文章作りを行うことで、さらに多くのユーザーを集められるでしょう。

記事のプレビューを確認する|見直しが大事!

記事の装飾まで終えたら、記事のプレビューを確認し見直しましょう。

実際にユーザーが見る記事の画面を確認することで、ユーザーの目線に立った修正ができます。

単純な誤字脱字や、段落や句読点の違和感などの修正を行うことも、見直しの重要なポイントです。

挿入した画像がうまく表示されていなかったり、段落がずれていたりする可能性もあるでしょう。

また見直しを行う際には、最初に決定したペルソナやキーワード、テーマに合った内容になっているかを確認しましょう。

記事の制作に時間があるようであれば、この見直す作業は執筆から1日置いて確認することをおすすめします。

記事の執筆から1日置いて確認することで、客観的に記事の内容を読むことができるので、文章の粗や表現の矛盾を冷静に判断できるでしょう。

何度もお伝えしている通り、記事制作の一番重要なポイントは、ユーザーにとって有益な情報を分かりやすく提供できているかどうかです。

記事のプレビューを確認して、見落としがないようにしっかりと確認しておきましょう。

定期的な効果測定|何度も改善しよう

記事の制作は、記事を公開したら終わりではありません。

記事の公開後、その記事が検索の上位に表示されない可能性もあるでしょう。

また記事が上位表示されないのには、何かしらの問題が発生している可能性が高いため、記事の状況を定期的に分析する必要があります。

記事の分析するポイントは、下記の通りです。

記事の分析ポイント
  • 記事のキーワードの検索結果での順位
  • セッション数
  • PV数
  • テーマごとの記事の検索数
  • 記事から離脱する人の動き
  • ユーザーの滞在時間

このようなデータの分析を行うことで、どういったキーワードやテーマがどのような世代に人気があるのかなどを知ることができます。

そのデータを用いて、次の記事制作に応用することも可能です。

また、データを元にした記事の修正や改善を行うことで、さらに多くの集客が可能になります。

定期的な効果測定_googleサーチコンソール

出典:https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

このようなデータの分析は、「Googleサーチコンソール」や「Googleアナリティクス」という分析ツールを利用しましょう。

さらに、記事の修正や改善を行った際には、更新日の記入も忘れないようにしましょう。

記事の更新日が最新であるほど、ユーザーは最新の情報を得られていると感じられます。

記事の制作は公開して完了ではなく、定期的な効果測定を行うことで、常にユーザーに最新の情報を届けるようにすることが重要です。

読まれる記事はタイトルとメタディスクリプションがポイント!

読まれる記事はタイトルとメタディスクリプションがポイント

記事制作と関連したSEO対策として、タイトルとメタディスクリプションがユーザーに読まれる記事を作成する上で重要となります。

読まれる記事はタイトルとメタディスクリプションがポイント_タイトル

タイトルとは検索エンジンでの検索結果に表示される文章で、ユーザーが最初に目にする部分です。

読まれる記事はタイトルとメタディスクリプションがポイント_メタディスクリプション

またメタディスクリプションは、タイトルの下に表示される記事の概要を表示する文章のことを指します。

どちらもユーザーが最初に目にする部分なので、ユーザーの興味を引くような内容にする必要があるでしょう。

また、ユーザーにとって有益な情報が入っているか、どのような内容が書いてあるのかを端的に表示する部分でもあります。

タイトルとメタディスクリプションの文章を考える際には、下記のポイントを抑えておきましょう。

タイトルとメタディスクリプションのポイント
  • 選定キーワードを必ず含める
  • ページの内容を分かりやすく書く
  • メタディスクリプションは120文字前後に収める
  • タイトルは30文字以内に収める
  • 重要なキーワードを前方に置く

まず、最初に設定したメインのキーワードと関連キーワードを必ず含めるようにしましょう。

キーワードを入れ込む際には、なるべく文章の前方に配置することをおすすめします。

ユーザーの目に入りやすいキーワードを文章の前方に置くことで、ユーザーがクリックする可能性が高くなるからです。

またタイトルは30文字以内、メタディスクリプションは120文字前後に納めましょう。

この文字数より多くなってしまうと、文章が途中で途切れてしまい「…」と表示されてしまいます。

ユーザーに伝えておくべき内容が「…」になってしまうと、ユーザーはクリックしてくれないでしょう。

ユーザーが記事を読んでみたくなるようなタイトル、メタディスクリプションに設定することは、集客を増やす上で重要なポイントといえます。

SEOに効果的なタイトルについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

また、SEOに効果的なメタディスクリプションについては、こちらの記事をご覧ください。

ユーザーのニーズに合ったオウンドメディアの記事を作成することが重要!

ユーザーのニーズに合った記事を作成しよう

この記事では、オウンドメディアでのSEO効果の高い記事の書き方をご紹介しました。

SEO効果の高い記事を制作するためには、下記の方法とポイントを抑えておきましょう。

上記の全ての工程に共通して重要になるポイントは、ユーザーの目線に立って文章を書くことです。

ユーザーにとって分かりやすく有益な情報を記事に入れ込むことで、集客を増やすことができるでしょう。

またオウンドメディアの記事制作には、今回ご紹介した方法以外にもさまざまなSEO対策が存在します。

弊社フラップネクストでは、オウンドメディアでの記事制作はもちろん、それ以外のSEO対策もサポートしています。

オウンドメディアを運営するに当たって悩みや相談があれば、お気軽にご相談ください。

SEOに関する知識やスキル豊富なスタッフが、皆様の問題を解決させていただきます!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の記事

SEO外部施策とは?内部対策との違いや具体的な対策を解説

SEO外部施策とは?内部対策との違いや具体的な対策を解説

View all