2022.9.16 SEO

被リンクのSEO効果とは?良質な被リンクを獲得する方法を徹底解説!

被リンクのSEO効果とは?良質な被リンクを獲得する方法を徹底解説!

被リンクとは、他のWebサイトから自社のWebサイトに向けたリンクのことをさします。 Googleなどの検索エンジンで、自社のWebサイトの評価を上げるために欠かせない「被リンク」。 SEO対策を行う上で、被リンクを獲得することはどのサイトにとっても重要なことだと言えます。 しかし、良質な被リンクを獲得するに具体的にどのような施策が必要なのか、わからない方も多いと思います。 実は良質な被リンクを獲得することで、検索エンジンからの高評価を得ることができます。 検索エンジンからの高評価を得ることで、良質なWebサイトと判断され、結果として検索結果で上位に表示されることにつながるでしょう。 今回は、上記の悩みを抱えている方に、被リンクのSEO効果と良質な被リンクを獲得する方法をご紹介します。 この記事を読むことで、自社でもできる被リンク対策の方法を知ることができるでしょう。 実際に良質な被リンクでの成功事例や、やってはいけない被リンク対策についても解説しているので、最後までご覧ください。

 被リンクとは?

被リンクとは 被リンクとは別名バックリンクとも呼ばれ、他のWebサイトから自社のWebサイトに向けたリンクのことを指します。 被リンクの中でも、他のWebサイトで自然に貼られたリンクは「ナチュラルリンク」と呼ばれ、SEOの評価を上げることができます。 例をあげると、自社のWebサイトで掲載していた集計データが、他のサイトで紹介され引用元として自社のWebサイトのリンクが貼られるといったケースです。 Googleなどの検索エンジンは、上記のような被リンクが増えることで、ユーザーが紹介したくなるような有益なコンテンツを掲載していると認識します。 有益なコンテンツを掲載していると検索エンジンに認識されることで、Webサイトが検索結果で上位に表示され、アクセス数アップに繋げられるのです。 このようにナチュラルリンクの数は、Webサイトの有益性を評価する基準となります。 多くのナチュラルリンクを獲得するために、被リンク対策を行うことは、良質なWebサイトを作り上げる重要なことです。

 SEO対策で被リンクが重要な理由

被リンクはSEO対策の一部で、Webサイトを運営する上で欠かせない施策です。 SEO対策とは検索エンジンの最適化を行うことで、検索エンジンの評価を上げ、検索結果の上位にWebサイトを表示させる対策のことです。 SEO対策の目的は、検索エンジンで自社のWebサイトを上位に表示させることなので、検索エンジンでの評価を上げる必要があります。 検索エンジンでの評価を上げるためには、有益なコンテンツを提供していることを証明する必要があります。 有益なコンテンツを提供していることを証明するには、前述したナチュラルリンクを獲得することが最も効果的です。 以上のことからも、SEO対策で被リンクが重要なことがお分かりいただけるでしょう。

 被リンクには2種類ある

被リンクは2種類ある 被リンクには、2つの種類があることをご存じでしょうか。 1つは前述した良質なリンクであるナチュラルリンクで、もう1つは低品質なリンクであるスパムリンクです。 被リンク対策で検索エンジンから高評価を得るには、被リンク数を増やすだけではなく、被リンクの質を向上する必要があります。 被リンク数を増加させることに集中してスパムリンクばかりになった場合、評価が下がってしまう危険性もあります。 ここではナチュラルリンクとスパムリンクとは、どういった内容なのかをご紹介します。

 良質なリンク(ナチュラルリンク)

良質なリンクであるナチュラルリンクは、増加させるほど検索エンジンの評価を上げることができます。 下記のような他サイトからナチュラルリンクを獲得することで、評価が上がります。

ナチュラルリンクを獲得すべきサイトの例
  • 自社Webサイトとのコンテンツの関連性が高いサイト
  • 被リンクを多く獲得しているサイト
  • 検索エンジンからの評価が高いドメインサイト

 低品質なリンク(スパムリンク)

低品質なリンクであるスパムリンクは、獲得することで検索エンジンの評価を下げてしまう可能性があります。 スパムリンクとみなされるリンクは、下記の通りです。

スパムリンクとみなされるリンクの例
  • 故意に設置されたリンク
  • 購入したリンク
  • 低品質なWebサイトからのリンク

こういったスパムリンクは、Googleのガイドラインに違反してしまう可能性があるので注意が必要です。 被リンク数は多ければいいわけではなく、リンクの質を向上させることが重要なことがわかります。

 低品質なリンクはGoogleからペナルティを受ける

低品質なリンクであるスパムリンクは、Googleからペナルティを受けてしまうので注意が必要です。 Googleからスパムリンクとみなされた場合はWebサイトが削除されてしまい、検索結果に表示されなくなることを覚えておきましょう。 特に、被リンクを故意的に購入することは、違反となる可能性が高いのでやめておきましょう。 これまで多くの被リンクを獲得する上で、被リンクを故意的に購入する人がいました。 Googleのアップデートが行われてから、故意的な被リンクの購入でペナルティを受けるリスクが高まったのです。 現在では、Googleは故意的に購入したリンクをスパムリンクと認識し、評価を無効化してしまいます。 また、被リンクの購入先には悪質な業者も存在するので、トラブルを招いてしまう危険性もあるでしょう。 スパムリンクを増やしてしまうと知らない間に不正行為と見なされ、Googleの評価を下げてしまう可能性があるので注意が必要です。

 被リンク対策のSEO上のメリット

被リンク対策のSEO上のメリット ここでは、被リンク対策のSEO上のメリットをご紹介します。 被リンク対策のメリットを把握して、効率的にSEO対策を行いましょう。

 Webサイト評価の向上

SEOで重要なGoogleが掲げる10の事実

出典:https://about.google/philosophy/?hl=ja

Googleなどの検索エンジンから自社Webサイトの評価を向上できることは、被リンク対策のメリットといえるでしょう。 他のWebサイトから被リンクであるナチュラルリンクをたくさん獲得することで、検索エンジンから「良質なコンテンツを提供するWebサイト」と判断されます。 検索エンジンであるGoogleは、「Googleが掲げる10の事実」というGoogleの基本的な考え方の中で、ユーザーのニーズを第一に考えていると明言しています。 また、Googleが掲げる10の事実の中には、どのWebサイトのコンテンツが重要かの判断を、ユーザーがWebサイトに貼ったリンク数を基準にしているとも書いてあります。 被リンクは他のWebサイトからの投票と同じ意味を持つため、被リンクの多いWebサイトは多くの投票があることを意味します。 多くの投票があるということは、ユーザーにとって有益なコンテンツを提供していることにつながるでしょう。 以上のことからも分かる通り、良質な被リンクを多く獲得することで、WebサイトのSEO評価が向上します。

 クローラビリティの向上

クローラビリティが向上することも、被リンク対策の大きなメリットといえます。 クローラビリティとは、インターネット上をクロール(巡回)しているシステムが、Webサイトを検出する際の見つけやすさのことです。 Webサイトが検索エンジンに評価されるためには、下記の2つが行われる必要があります。

Webサイトが検索エンジンに評価されるために必要な流れ
  • クロール:検索エンジンのロボットである「クローラー」が、インターネット上のWebサイトを巡回してWebサイト情報を収集すること
  • インデックス:クローラーが収集したWebサイトにアクセスし、Webサイト内のコンテンツを分析し、得られた情報をデータベースに保存すること

クローラーはインターネット上にあるリンクをたどりながら、膨大なWebサイトを巡回しています。 そのため自社のWebサイトを見つけてもらうためには、多くの時間が必要になるでしょう。 しかし多くの良質な被リンクを獲得することで、他のWebサイトからクローラーが巡回しやすくなるため、早く見つけてくれる可能性が高まります。 クローラーが早く見つけてくれること、つまりクローラビリティが向上するのです。 クローラビリティが向上すれば、インデックスの時間も短縮されるため、Webサイトの評価を早く行ってくれるでしょう。

 良質な被リンクを得る方法

良質な被リンクを得るSEO施策 ここでは、良質な被リンクであるナチュラルリンクを獲得する方法をご紹介します。

良質なコンテンツを作成し拡散してもらう

良質なコンテンツを作成することで、多くの良質な被リンクを得ることができます。 ユーザーにとって有益な情報で、ユーザーがその情報を他の人にもシェアしたいと思えるようなコンテンツを作成しましょう。 ユーザーのニーズにあったコンテンツであれば、自然とインターネット上でシェアが拡散され、多くのナチュラルリンクを獲得できます。 良質なコンテンツを作成するポイントは、ユーザーがコンテンツを他の人にシェアすることで、そのユーザーに何かしらの得が生まれる仕組みを作ることです。 例えば、最新ファッションについてのコンテンツであれば、シェアしたユーザーは「流行の最先端を発信している」という満足感を得られます。 また、コンテンツのデザインやレイアウトを工夫することも大切です。 ユーザーがコンテンツを見た時に、「目をひくデザイン」や「読みやすい文章」であれば、さらに拡散しやすくなるでしょう。 良質なコンテンツを作成するためには、常にユーザーの目線に立つことが重要です。

 事例

SEOにおける被リンクの事例_プロトコーポレーション

出典:https://www.proto-g.co.jp/

「株式会社プロトコーポレーション」では、「車買取」というキーワードで良質なコンテンツを配信した結果、検索1位を獲得しました。 株式会社プロトコーポレーションは、ポータルサイト「グーネット」を運営し、国内最大級の中古車買取販売を行っています。 元々「車買取」というキーワードでの検索順位が低迷していましたが、コンテンツの見直しを行いブラッシュアップを行った結果、上位表示につながりました。 また、グーネットのデータ分析を徹底的に行い、ユーザーが知りたい情報を的確に洗い出すことで、良質なコンテンツの作成を可能にしました。 良質なコンテンツを作成し検索1位を獲得した結果、検索ユーザーの目に触れる機会が増加し売上につながった事例です。 引用:「車買取」で検索1位を獲得!分析ツール「TACT SEO」で上位表示を実現した成功事例

 SNSを活用する

SNSを活用することも、良質な被リンクを得る方法です。 SNSは世界中の人が利用しているので面白いコンテンツが配信されると、シェアがシェアを呼び、効率よく拡散することができます。 SNSでコンテンツを拡散させたい場合は、コンテンツの「サムネイル」や「デザイン」をキャッチーで分かりやすいものにしましょう。 せっかく内容が面白いコンテンツだったとしても、最初に見た瞬間にユーザーの興味を引かなければ、中身を見てもらえないですよね。 また、シェアを促進するために、コンテンツの下の方にSNSでのシェアボタンを設置することで、効率的にシェアしてもらえるでしょう。 ユーザーがシェアしたいと思った時に、すぐにシェアできるような構造にしておくことで、ユーザーのストレスを減らすことができます。

 事例

SEOにおける被リンクの事例_警察官クビになってからブログ

出典:https://note.com/keikubi/

「警察官クビになってからブログ」というブログは、SNSをきっかけに「警察官」というキーワードで検索1位を獲得しました。 SNSやYahooニュースに取り上げられたことで、メディアやブログからの被リンクが短期間で大量に獲得することになりました。 被リンクを大量に獲得した結果、月間平均検索件数33,100のキーワード「警察官」と検索した結果1位となったのです。 この事例からも分かる通り、被リンクを獲得するためにはSNSを利用することで効率的に被リンクを獲得することができます。 引用:被リンクでSEO順位を上げた2つの詳細事例と被リンク集める3つの方法

 メルマガを配信する

メルマガ(メールマガジン)を配信することも、良質な被リンクを得る方法の1つです。 メルマガを配信することで、コンテンツに興味のあるユーザーに直接アプローチができるので、自然と被リンクを増やせるでしょう。 メルマガを配信する手順の例は、下記の通りです。

メルマガ配信の手順例
  1. 自社Webサイトに訪れたユーザーを、無料登録フォームやメルマガ申し込みに誘導
  2. ユーザーのメールアドレスを獲得
  3. ユーザーのメールアドレスのリストを作成
  4. ユーザーリストへ向けて、良質なコンテンツへのリンクを貼ったメルマガを配信する

上記のユーザーは、最初にWebサイトを訪れた段階から、すでに自社のコンテンツにある程度興味や関心を持っています。 興味があるからこそ無料登録フォームやメルマガ申込を行っているので、良質なコンテンツであれば自然とリンクをシェアしてくれるでしょう。

 事例

SEOにおける被リンクの事例_デジタル総合印刷

出典:https://www.dps-company.jp/

「デジタル総合印刷株式会社」は、印刷業やデジタルソリューション事業を行っている企業です。 この企業では、自社Webサイトを通して獲得した見込み顧客へのアプローチ方法でメールマガジンを選択しました。 見込み顧客のニーズを調査し、ニーズに合ったコンテンツを作成してメールマガジンで配信した結果、1回の配信だけで30件以上の被リンクの獲得に成功しました。 メールマガジンを活用して良質なコンテンツを配信することで、被リンクを効率よく得られる事例です。

引用:メールマーケティングの成功事例4社を紹介!共通点は?

 他のサイトに「寄稿」する

他のWebサイトに寄稿することも、良質な被リンクを獲得する方法です。 自社が取り扱うコンテンツの独自性や専門性が高い場合、同じジャンルを取り扱う他のWebサイトに記事を寄稿してもらえます。 寄稿した他のWebサイトから直接自社のWebサイトにリンクを貼ってもらえるので、良質な被リンクを獲得できるでしょう。 しかし、この方法は自動的にリンクを貼ってもらうわけではなく、Webサイトの運営者に依頼する必要があります。 他のWebサイトに寄稿してもらうことは、お互いにメリットが生じます。 寄稿する側は、被リンクを得られることはもちろん、自社が取り扱うコンテンツをさらに拡散させることができます。 一方で、寄稿される側は、独自性や専門性の高いコンテンツを掲載できるので、WebサイトのSEO対策に貢献できるでしょう。 このように他のWebサイトに寄稿することは、さまざまなメリットがあるためおすすめの方法です。

 事例

SEOにおける被リンクの事例_Web幹事

出典:https://web-kanji.com/

「Web幹事」というWebサイトは、「BRIDGE」というPRメディアに寄稿することで多くの被リンクを獲得しています。 BRIDGEはインタビュー記事という形でWeb幹事を紹介しており、その記事の中にリンクを貼ってもらうことで被リンクを獲得しています。 また、集客力のあるメディアにリンクを貼ってもらうことで、多くの人にWeb幹事を知ってもらうことができますよね。 この事例からも分かる通り、他のWebサイトに寄稿することは、被リンクを獲得するだけでなく、広報活動にも有益です。 引用:被リンクはどう増やす?効率的に増やす被リンクの基礎

SEOに効果的な被リンク獲得事例

事例①|

事例②|

事例③|

やってはいけない被リンク対策

SEOに悪影響な被リンク対策 ここでは、やってはいけない被リンク対策をご紹介します。 間違った被リンク対策を行ってしまうと、Googleからペナルティを受けてしまう危険性もあるので、しっかりと確認しておきましょう。

低品質なリンクからの被リンクを得る

低品質なリンクから被リンクを得ることは、やってはいけない被リンク対策の1つです。 低品質なリンクはGoogleのガイドラインに反していることになり、自社のWebサイトのSEO評価を下げてしまう可能性があります。 低品質なリンクには、下記のようなものがあります。

低品質なリンクの例
  • リンク集サイトからのリンク
  • SEO目的のリンクを羅列しただけのリンク
  • コピーコンテンツのリンク

自社のWebサイトのSEO評価が下がってしまわないように、上記に該当するリンクからの被リンクを得ることは避けましょう。

有料のリンクを購入する

有料のリンクを購入することも、やってはいけない被リンク対策です。 検索エンジンの検索結果で上位になることを目的とした被リンクの購入は、Googleのガイドラインに違反するため注意が必要です。 Googlenoガイドラインに違反してしまうと、検索順位を下げてしまう危険性もあることを覚えておきましょう。 しかし、検索結果が目的ではなく、宣伝を目的とした被リンクの売買は違反にはなりません。 被リンクを購入する際には、上記の目的に気をつけて購入しましょう。

SEOの効果を狙っただけの相互リンク

SEOの効果を狙っただけの相互リンクも、やってはいけない被リンク対策の1つです。 良質な被リンクを獲得するためには、自社のWebサイトのコンテンツとリンクを貼る他のWebサイトのコンテンツの関連性が高い必要があります。 Googleは、コンテンツの内容がユーザーにとって有益な情報かどうかを基準に判断しています。 前述した双方のWebサイトのコンテンツの関連性が低い場合、被リンクは高評価に繋がらないことを覚えておきましょう。 WebサイトのSEO評価を上げるためには、コンテンツ内容の関連性の高いWebサイトからの被リンクを獲得しましょう。

隠しテキストをつかって被リンクする

隠しテキストをつかって被リンクすることも、避けるべき方法です。 隠しテキストが発覚した場合、Googleから下記のような悪影響を受ける危険性があります。

隠しテキストが発覚した場合の悪影響
  • サイト評価が下がる
  • 検索順位が下がる
  • ドメインが削除される可能性がある

隠しテキストとは、Webサイトに訪れたユーザーが目で認識しづらいように設置されているテキストのことです。 テキストを背景の色と同色にする場合や、テキストのフォントサイズを小さくして、見えないようにしているものがあります。

自動生成されたコンテンツから被リンクする

自動生成されたコンテンツから被リンクすることも、自社Webサイトに悪影響を及ぼします。 システムによって自動生成されたコンテンツのことを「ワードサラダ」といいます。 ワードサラダは、被リンクを羅列しただけの意味のないコンテンツです。 ワードサラダから被リンクを獲得してしまった場合、自社のWebサイトのSEO評価を下げてしまう危険性があるので注意が必要です。

被リンクを確認する方法

SEOにおける被リンクを確認する方法 ここでは、被リンクを確認する方法をご紹介します。 被リンクを確認するツールの中には有料のものもありますが、まずは無料のものから始めることをおすすめします。

Google Search Consoleで確認する方法

SEOにおける被リンクを確認する方法_Google_Search_Console

出典:https://search.google.com/search-console/welcome?hl=JA

1つ目にご紹介する被リンクの確認方法は、Google Search Console(サーチコンソール)を利用する方法です。 Google Search ConsoleはGoogleの公式ツールで、Googleアカウントがあれば誰でも無料で利用可能です。 Google Search Consoleにログインし、サイドメニューにある「リンク」をクリックします。 リンクをクリックすると、被リンクの獲得数や獲得したWebサイトが表示されます。 Google Search Consoleでは、どのようなWebサイトから被リンクを得ているのかを確認でき、被リンクの削除や否認を行うことが可能です。 万が一、低品質なWebサイトや自社Webサイトとの関連性の低いWebサイトからの被リンクがあった場合は、削除や否認を行いましょう。

Ubersuggestで確認する方法

SEOにおける被リンクを確認する方法_Ubersuggest

出典:https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)というツールを利用して、被リンクを確認できます。 Ubersuggestで被リンクを確認する方法は、下記の通りです。

Ubersuggestで被リンクを確認する方法
  1. Ubersuggestのトップページを開く
  2. Ubersuggestのトップページの検索窓に、検索したいWebサイトやドメインを入力
  3. 「検索」をクリック
  4. 検索結果の右側に「被リンク」という表示が出る

Ubersuggestでは被リンクの確認以外にも、Webサイト調査やキーワード調査ができます。 無料で利用できますが、無料プランは回数制限があるので、制限なく利用したい場合は有料プランをおすすめします。

Ahrefsで確認する方法

SEOにおける被リンクを確認する方法_Ahrefs

出典:https://ahrefs.jp/

Ahrefs(エイチレフス)は、世界で60万人が利用しているSEO分析ツールです。 Ahrefsでは被リンクの確認だけでなく、下記のような分析が可能です。

Ahrefsでできること
  • 検索エンジンの上位コンテンツの分析
  • 想定流入キーワードの分析
  • ソーシャルメディアの反応の分析

Ahrefsで被リンクを確認するには、Ahrefsの「Site Explorer(サイトエクスプローラー)」という機能を利用します。 Site Explorerの画面を開き、対象となるWebサイトのURLを入力し、「被リンク」をクリックしてください。 そうすると、リンクの元となるWebサイトや、Webサイトのドメインランクなどの被リンクを確認できます。

良質な被リンクはSEOで効果を出すために重要!

良質な被リンクはSEOで効果を出すために重要! 今回は、被リンクのSEO効果と良質な被リンクを獲得する方法をご紹介しました。 良質な被リンクを獲得する方法は、下記の通りです。

良質な被リンクを獲得することで、自社WebサイトのSEO評価の向上やクローラビリティの向上などのメリットがあります。 良質な被リンクをたくさん獲得してSEO評価を上げ、検索結果での上位表示を目指しましょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の記事

記事作成に必要な費用や相場を徹底解説!費用対効果の高い記事作成のポイントも

記事作成に必要な費用や相場を徹底解説!費用対効果の高い記事作成のポイントも

View all