2022.9.25 SEO

SEO対策の費用や相場とは?外注のタイミングや業者を選ぶ際のポイントもご紹介!

SEO対策の費用や相場とは?外注のタイミングや業者を選ぶ際のポイントもご紹介!

「SEO対策の費用や相場を知りたい!」

「SEO対策を外注する際に気をつけるポイントは?」

SEO対策はWebサイト運営で集客を行う上で、重要な対策の1つです。

適切なSEO対策を行うことで、多くのユーザーを集めることができ、Webサイトの収益につながります。

しかし効果の高いSEO対策を行うには、SEO対策に関する知識やスキルが必要不可欠です。

そこで、WebサイトのSEO対策をSEOを専門とする会社に外注することで、より効果的に集客を図ることができます。

では、SEOを専門とする会社にSEO対策を外注する際には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

上記のような質問に答えるために、この記事ではSEO対策を外注した際にかかる費用や相場をご紹介します。

また、SEO対策会社を選ぶ際のポイントや気をつけるべき注意点を詳しく解説します。

この記事を読むことで、SEO対策を外注した際の相場金額を把握した上で、失敗することなくSEO対策会社を選べるでしょう。

最後までお読みください。

SEO対策のサービス内容と費用の相場とは?

SEO対策のサービス内容と費用の相場とは

SEO対策を業者に外注した場合、どんなサービスをどのくらいの費用で受けられるのでしょうか。

SEO対策会社で受けられるSEO対策のサービスの内容と、一般的な相場を分かりやすく表にしました。

サービス内容 相場 支払い方法
内部対策 10〜100万円 一括支払型
外部対策 月額1〜15万円 固定報酬型
コンテンツ制作 月額5〜30万円 固定報酬型
SEOコンサルティング 月額10〜50万円 固定報酬型

SEO対策に必要な費用や価格は、対象となるWebサイトやサービス内容によって違いが生じるでしょう。

上記の一般的な相場よりもかけ離れた費用を請求された場合には、注意が必要です。

そういったことにならないように、いくつかのSEO対策会社から見積もりをもらうことで、ある程度の相場が把握できるでしょう。

では、具体的にどのような内容のSEO対策のサービスを行うのでしょうか。

次の章では、SEO対策のそれぞれのサービス内容を具体的に解説します。

内部対策

内部対策とは、Webサイト内の構成やデザインを最適化する対策のことを指します。

内部対策を最適化していないWebサイトの場合、どんなにコンテンツの内容が良かったとしても、検索エンジンからの高評価を得ることができません。

検索エンジンからの高評価を得られないということは、検索エンジンでの検索結果に上位表示されなくなってしまいます。

内部対策を最適化することで、コンテンツ数が少なくても検索エンジンで上位表示される可能性が高くなります。

また内部対策を行うことで、ユーザーや検索エンジンによるWebサイトの閲覧をスムーズにし、検索エンジンでの上位表示を見込めるでしょう。

内部対策を行う費用には、対応する対策の幅によって差が出てきます。

あらかじめ、どこからどこまでの内部対策を外注したいのかを決めておくことで、費用交渉をスムーズに行うことができるでしょう。

内部対策を含めた具体的なSEO対策については、こちらの記事をご覧ください。

参照:【2022年最新】SEO対策の効果的なやり方とは?基本的な方法を初心者にもわかりやすく解説!

外部対策

外部対策とは、コンテンツに対する外部リンクを多く取得し、検索エンジンからの評価を得る対策のことです。

他のWebサイトから多くの外部リンクを得ることで、アクセス数を増やすことができます。

アクセス数が多いWebサイトということで、ユーザーに有益な情報を提供していると見なされ、検索エンジンからの高評価を得ることが可能です。

現在では、外部リンクを購入して被リンクを得ることはGoogleによって禁止されているので注意が必要です。

ユーザーが気に入って自然とリンクするナチュラルリンクを増やすことが、外部対策の一番の目的でしょう。

外部対策の費用に関しては、キーワードの難易度で異なることが多く、上位表示することができれば日数分の成果を支払う必要があります。

被リンクについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

参照:被リンクのSEO効果とは?良質な被リンクを獲得する方法を徹底解説!

コンテンツ制作

コンテンツ制作では、Webサイト内の記事などのコンテンツを制作する際に、アクセスを高めるための対策を行います。

コンテンツ制作でのSEO対策費用は、下記の内容によって変動があるでしょう。

コンテンツ制作でのSEO対策費用が変動する内容
  • キーワード
  • コンテンツ内容
  • Webライターのライティングレベル

通常のWebライターに執筆を依頼した場合、1記事3,000〜1万円ほどが一般的です。

しかし、質の高い専門的な知識を必要とするコンテンツ制作や、実績のあるWebライターに依頼した場合、1記事5〜10万円ほど必要な場合もあります。

コンテンツ制作の発注では、10〜100本をまとめて依頼して一括で支払う「一括支払型」や、毎月一定の記事数を依頼して月の固定額を支払う「固定報酬型」があります。

またコンテンツ制作の主な内容は執筆ですが、契約によってはキーワードの選定や画像の作成、競合調査が必要な場合もあるでしょう。

コンテンツ制作についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

参照:オウンドメディアの記事の書き方を解説!記事制作のポイントも具体的にご紹介!

SEOコンサルティング

SEOコンサルティングとは、SEO対策を全般的に指南することをいいます。

Webサイトの根本の設計を、さまざまなSEO対策の観点からアドバイス・改善を行います。

また、万が一運営中にトラブルが発生すれば、原因調査や改善・適切な運用をサポートしてくれるでしょう。

SEOコンサルティングの対策費用は、Webサイトの規模によって変動があります。

Webサイトの構造が複雑になっている場合や、コンテンツ数が多い場合、SEO対策の工数が増加するので、その分費用も高額になるでしょう。

またSEOコンサルティングのSEO対策費用は、他のSEO対策と比べて高い傾向にあります。

しかし、Webサイトの根本的なSEO対策から、コンテンツ制作に至るまで適切なSEO対策をアドバイスしてくれるでしょう。

Webサイトの全体的なSEO対策を行いたい方は、SEOコンサルティングに依頼することをおすすめします。

初期費用や解約金がかかる場合も

SEO対策を業者に依頼する場合、SEO対策の費用と共に初期費用や解約金が発生する可能性もあります。

例をあげると、SEOコンサルティングを業者に依頼した場合、固定報酬を毎月支払う必要があるでしょう。

しかし、SEOコンサルティングを行うに当たって、キーワード調査や競合調査が必要になります。

キーワード調査や競合調査の分の費用を、SEO対策の料金と別に初期費用として計算する場合があります。

また、最初に契約した契約期間よりも前倒しで解約しようとした場合、解約金が発生するでしょう。

SEO対策会社を選択する際には、上記のような初期費用や解約金がどのくらいかかるのかを、事前に確認しておくことをおすすめします。

SEO対策の費用の種類

SEO対策の費用の種類

ここでは、SEO対策の費用の種類をご紹介します。

それぞれのメリットやデメリットが存在するので、自社の目的に合った支払い方法を選択しましょう。

固定報酬型

固定報酬型は、月額で固定されたSEO対策の料金を支払う方法です。

SEO対策によっていい結果が出なかった場合でも、毎月の契約料金が発生します。

月の固定料金は、小規模のWebサイトであれば数万円で、大規模なWebサイトの場合100万円以上することもあります。

また、サービス内容も依頼するSEO対策会社によって大きく異なるので、契約前にしっかりと確認しておきましょう。

基本的にどのSEO対策会社でも、1ヶ月以上からの契約が必要となり、途中で解約する場合は解約金が発生するため注意が必要です。

成果報酬型

成果報酬型は、SEO対策を行って検索エンジンで上位に表示された日から料金が発生する方法です。

例をあげると、1月1日にSEO対策会社にSEO対策を依頼したとします。

しかしなかなか成果が出ず、検索エンジンの検索結果で上位に表示されたのが8月1日だったとしましょう。

この場合成果報酬の費用が発生するのは、8月1日〜ということになります。

SEO対策会社への依頼は1月1日からスタートしますが、実際に成果が出たのは8月1日からのため、7月31日までの7ヶ月間は費用が発生しません。

また、成果報酬型では、上位表示の順位によって料金が変動する場合もあり、順位が上がるほど料金も高額になります。

成果報酬型を採用しているSEO対策会社は、特に外部対策を行っている企業が多くあります。

しかし、外部対策を行っているSEO対策会社の中には、検索順位を上げるために被リンク購入などの不正行為を行っている可能性があるでしょう。

被リンクの購入などの不正行為は、検索エンジンからのペナルティを受けてしまい、検索順位が落ちてしまう可能性があります。

また、場合によっては検索結果に表示されなくなってしまう危険性もあるので、SEO対策会社を選択する際には注意が必要です。

一括支払型

一括支払型とは、月間のコンテンツの契約本数をまとめて受発注し、一括で支払う方法です。

一括支払型を採用している、SEO対策会社のサービス内容は下記の通りです。

一括支払型を採用しているSEO対策会社のサービス内容
  • 記事の納品
  • スポットのコンサルティング
  • ホームページ修正

記事の納品では、月間のコンテンツの契約本数を決定し、コンテンツ数に応じた費用をまとめて支払います。

スポットのコンサルティングの場合、スポットの範囲に定められている金額をまとめて支払い、金額に応じたコンサルティングを行います。

SEO対策会社を選ぶ際のポイント

SEO対策会社を選ぶ際のポイント

ここでは、SEO対策会社を選ぶ際のポイントをご紹介します。

ここでご紹介するポイントを抑えておくことで、失敗のない安全なSEO対策会社選びを行えるでしょう。

長年のスキルと実績がある

長年のスキルと実績があるSEO対策会社を選ぶことは、重要なポイントです。

SEO対策会社の中には、10年近くSEO対策を専門としている企業も存在します。

そのため、SEO対策会社を選択する際には、SEO対策のいい部分・悪い部分を全て理解した上で、最善の対策を行ってくれる業者を選択しましょう。

SEO対策は、対策を行えば必ず成果が出るわけではありません。

悪質なSEO対策会社の場合、SEO対策のリスクについての説明がなく、必ず上位表示できると成果を約束する傾向にあります。

一方で良質なSEO対策会社の場合、SEO対策は必ず成果が出るということは約束せず、成果が出ないリスクに関しても具体的に説明をしてくれます。

SEO対策会社を選択する際には、長年とスキルを元にしたSEO対策のリスクをしっかりと説明してくれる業者を選びましょう。

SEO対策を明確に説明してくれる

SEO対策とは何か、どうすれば上位表示されるのかといったSEO対策の内容を明確に説明してくれる業者を選択しましょう。

SEO対策のサービス内容には、さまざまな種類が存在するので、依頼している側からするとどのような対策を行っているのか不透明なこともあるでしょう。

しかし、行っている対策内容を、仕組みから最終的な目的まで具体的に説明してくれるSEO対策会社であれば、安心して任せられますよね。

またSEO対策で検索エンジンでの上位表示を目的としている場合、順位が上位表示されてしまうとできる対策が無くなる場合があります。

固定報酬型で月額の費用を支払っていた場合、悪質な業者だとすると現状は対策を何もしていないのに、行った作業を偽って依頼者に報告する危険性があります。

SEO対策会社を選択する際には、SEO対策の詳細を説明してくれる業者を選びましょう。

また、検索結果の上位表示という目的を果たした後も、新たな対策を提案してくれるような意識の高いSEO対策会社を選ぶことが重要です。

Googleのガイドラインに沿ったSEO対策会社

Googleのガイドラインに従ったSEO対策会社

出典:https://developers.google.com/search/docs/beginner/do-i-need-seo?hl=ja

Googleのガイドラインに沿ったSEO対策会社の選択は、重要なポイントです。

GoogleはSEO対策会社を選択する際に、下記の流れをおすすめしています。

SEO 業者が提案する変更の実装を真剣に検討する
SEO 業者の候補と面談する
SEO 業者の信用照会先を調査する
サイトの技術監査および検索機能の監査を依頼する
採用するかどうかを決定する

引用:Google検索セントラル|SEO業者の利用を検討する

SEO対策会社を選択する際には、依頼するタイミングが重要になります。

特にWebサイトを新しく制作するタイミングや、すでに存在するWebサイトをリニューアルするタイミングでSEO対策会社に依頼しましょう。

また、複数のSEO対策会社を候補に入れておくことも重要です。

自社のビジネスやWebサイトの特徴を理解し、意識してアドバイスをくれるSEO対策会社を選択することをおすすめします。

さらに、SEO対策会社の口コミや評判、成功事例などの確認も重要です。

SEO対策会社を選択する際には、Googleのガイドラインに沿った選び方がおすすめです。

SEO対策に費用をかけて外注するメリット

SEO対策に費用をかけて外注するメリット

ここでは、SEO対策に費用をかけて外注するメリットをご紹介します。

ここでご紹介するメリットを理解した上で、より効果的なSEO対策を行いましょう。

Webサイトの分析と改善ができる

Webサイトの分析と改善を行えることは、SEO対策に費用をかけて外注するメリットといえるでしょう。

SEO対策会社に依頼することで、自社のWebサイトを第三者の専門的な目線から適切に判断し、対策を行ってくれます。

自社のWebサイトを分析するためには、さまざまなツールの利用はもちろんのこと、SEO対策を専門としている業者だからこそ分析できることもあります。

Webサイトへのアクセス数が減っているとすれば、どのキーワードで順位が落ちてしまったのか、どの媒体からの流入が減ったのかなどを詳しく分析可能です。

自社の力だけでこの分析を行った場合、専門知識が乏しければなぜ検索順位が下がってしまったのかもわからない可能性があります。

Webサイトの状況を適切に判断し、それに応じた的確な改善ができるのは、SEO対策に費用をかけて外注するメリットといえるでしょう。

SEO対策の全体像を理解できる

SEO対策の全体像を理解できることも、SEO対策に費用をかけて外注する大きなメリットといえます。

SEO対策会社に外注することで、SEO対策の全体像を理解した上で、集客を増やすための対策をアドバイスしてくれるでしょう。

また、集まったユーザーによる商品の購入やサービスの利用が最終目的であれば、その目的に向けた対策を行ってくれます。

SEO対策の全体像を理解し、最終的な目的に向けた対策を行ってくれることは、SEO対策会社に外注する大きなメリットです。

ターゲットとなるユーザーを明確にできる

ターゲットとなるユーザーを明確にできることも、SEO対策会社に外注する大きなメリットです。

SEO対策を行うに当たって、どういったユーザーをターゲットにしてWebサイトに集客するのかといった、ターゲット設定が大切です。

SEO対策会社に外注することで、長年の経験と知識を元にした的確なターゲット設定をアドバイスしてくれるでしょう。

SEO対策会社のアドバイスに従うことで、Webサイトに集客したいターゲットを明確にできれば、どういったコンテンツを提供するべきかも明確になります。

Googleのアップデートにも対応できる

Googleのアップデートにも対応できる

出典:https://developers.google.com/search/updates/ranking/

Googleのアップデートにも対応できるようになることも、SEO対策会社に外注する大きなメリットです。

Googleは、定期的な検索アルゴリズムのアップデートを行っています。

このアップデートによって、これまで検索結果で上位表示していたコンテンツの順位が下がってしまうことがあるでしょう。

SEO対策会社であれば、コンテンツの順位が下がってしまった場合に、コンテンツに対して行う対策や緊急性などを的確に判断してくれます。

またSEO対策会社はSEOに関する知識が豊富なため、これまでのGoogleの検索アルゴリズムのアップデートを何回も経験しています。

そのため、検索アルゴリズムのアップデートにも、素早く的確に対策を行ってくれるでしょう。

SEO対策に費用をかけて外注するデメリット

SEO対策に費用をかけて外注するメリット

ここでは、SEO対策に費用をかけて外注するデメリットをご紹介します。

ここでご紹介するデメリットを抑えておくことで、事前にトラブルを防ぐことができます。

必ず成果が出るわけではない

必ず成果が出るわけではないことは、SEO対策を外注する際のデメリットです。

SEO対策会社に外注することで、SEO対策に関する経験や知識が豊富な人にアドバイスをもらうことができ、Googleからの高評価が得られます。

Googleから高評価を得られることで検索結果で上位表示され、集客を増やせるでしょう。

しかし、SEO対策会社の担当者のSEOに関する知識が乏しい場合や、経験が浅い場合もあります。

こういった場合、SEO対策を行っても、Googleからの高評価を得られにくくなってしまうでしょう。

Googleからの高評価を得られなければ、検索結果で上位に表示されることなく、他のコンテンツに埋もれてしまいます。

他のコンテンツに埋もれてしまっては、ユーザーの目に届かなくなってしまうため、多くの集客も見込めません。

このような状況を回避するためにも、経験や実績の豊富なSEO対策会社に依頼することが重要です。

知識やスキルが身につかない

経験やスキルが身につかないことも、SEO対策に費用をかけて外注するデメリットといえるでしょう。

SEO対策会社にSEO対策を外注してしまうと、自社のWebマーケティング担当者などの知識やスキルが身に付きません。

SEO対策は、Webサイトの運営を続ける限り必要になる対策です。

そのため、SEO対策会社に依頼してWebサイトの運営を維持すると、自社だけでの運営ができないため、SEO対策会社に依頼し続ける必要があります。

SEO対策会社に依頼し続けることは、その分費用をずっと払い続ける必要があるので、非効率でしょう。

将来的にSEO対策を自社で行うという目的がある場合は、SEO対策会社の知識やスキルを吸収しておくことをおすすめします。

コストがかかる

コストがかかることも、SEO対策会社に外注するデメリットです。

SEO対策の内容や支払い方法によって違いがありますが、外注する場合には必ずコストがかかります。

費用感は違いがあるため一概には言えませんが、決してお手軽な金額ではありません。

自社が求めているSEO対策のサービス内容と予算を考慮した上で、予算内で対応できるSEO対策会社を選択しましょう。

SEO対策会社を選ぶ際の注意点

SEO対策会社を選ぶ際の注意点

ここでは、SEO対策会社を選ぶ際の注意点をご紹介します。

ここでご紹介する注意点を把握した上で、安全なSEO対策の外注を行いましょう。

費用相場より安ければいいわけではない

SEO対策会社を選ぶ際に、SEO対策の費用が相場より安ければいいわけではありません。

SEO対策会社の中には、SEO対策のサービスを1万円以下などの費用相場よりも格安で行っている業者も存在します。

しかし、相場よりも明らかに格安の価格を提示しているSEO対策会社には注意が必要です。

SEO対策で集客を行うためには、最低でも6〜12ヶ月という長い期間の対策が必要になります。

長期的に分析と改善を繰り返す必要があるSEO対策を格安で行っている業者は、サービス内容が悪質な場合や詐欺の可能性もあるので避けておきましょう。

過度なうたい文句を使っている業者に気をつける

過度なうたい文句を使っている業者にも、注意が必要です。

SEO対策会社のうたい文句で「絶対に効果が出る!」などと掲載し、依頼を増やそうとする業者も存在します。

SEO対策において、絶対に効果が出るという保証はありません。

また、SEO対策は安定した集客が発生するまで6〜12ヶ月ほどはかかるでしょう。

良質なSEO対策会社であれば、事前にSEO対策のリスクについても説明してくれることがほとんどです。

逆にSEO対策に自信がない企業ほど、過度なうたい文句を使っている可能性が高いので注意しましょう。

契約書の内容を確認する

契約書の内容を、しっかりと確認することも重要です。

契約書の内容で、特に注目すべきポイントは下記の通りです。

契約書の内容で注目するべきポイント
  • 価格は安価だが、契約期間が異常に長い
  • 契約期間が明記されていない
  • 途中解約についての文言がない

依頼予定のSEO対策会社の契約書の内容が上記に当てはまる場合は、SEO対策会社の見直しをおすすめします。

上記のような契約書にサインしてSEO対策を依頼した場合、成果が出なかった時に契約解除に関するトラブルが発生する危険性があるためです。

契約期間が明記してあるかを、必ず確認しておくようにしましょう。

被リンクの購入の提案がないか

被リンクの購入の提案がないか

出典:https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja

被リンクの購入に関する提案がないかどうかも、SEO対策会社を選ぶ際の注意点です。

SEO対策の外部対策である被リンクは、Googleからの高評価を得る上で重要な対策です。

しかし、前述した通り、Googleから評価を得られる被リンクというのは、ユーザーが自然に貼り付けたリンクである必要があります。

そのためSEO対策会社が、被リンクによって順位を上げるという提案をしてきた際には、十分に注意が必要です。

被リンクの購入の提案や、自作自演の被リンクを行う可能性があるので、しっかりと確認しておきましょう。

検索ニーズのないキーワードの提案がないか

検索ニーズのないキーワードの提案がないかどうかも、SEO対策会社を選択する際の注意点です。

SEO対策を行う際には、キーワードの検索ボリュームや月間検索数をチェックし、ある程度ニーズの高いキーワードを選択します。

しかし、悪質なSEO対策会社だった場合、検索ニーズの少ないキーワードを選定する可能性があるでしょう。

検索ニーズの少ないキーワードを選定した場合、すぐに検索結果での上位表示される可能性は高くなります。

しかし、そもそもそのキーワードを検索するユーザー数が少ないので、アクセス数は増えず収益にはつながりません。

SEO対策会社と成果報酬型で契約していた場合、上位表示されたことで高額な成果報酬を支払わなければならない危険性もあるので、注意しましょう。

SEO対策に関してよくある質問

SEo対策に関してよくある質問

ここでは、SEO対策の外注に関して、よくある質問をご紹介します。

SEO対策は自分たちでやった方がいいのか?

ある程度の知識やスキルを自社の担当者が持っているのであれば、SEO対策は自分達でも十分に可能です。

しかし、SEO対策に関する知識が全くない場合は、自社でWebサイト全体のSEO対策を1から行うことは難しいでしょう。

こういった場合は、SEO対策を専門とするSEO対策会社に全面的にサポートしてもらうことで、スピーディに効果的なSEO対策を行えます。

SEO対策を依頼するのはいつ?

SEO対策を依頼するのは、下記のタイミングがおすすめです。

SEO対策を依頼するタイミング
  • SEOに関する知識が全くない場合
  • SEO対策の知識はあるが、リソース不足の場合
  • SEO対策の知識があるので対策したが、いい結果が出ない場合

自社の状況やタイミングに合ったSEO対策をしっかりと見定めた上で、適切なSEO対策会社に依頼しましょう。

SEO対策の費用や相場を把握して信頼できる業者に依頼しよう!

SEO対策の費用や相場を把握して信頼できる業者に依頼しよう

この記事では、SEO対策を外注した際にかかる費用や相場をご紹介しました。

また、SEO対策会社を選ぶ際のポイントや、気をつけるべき注意点を詳しく解説しました。

SEO対策の主なサービス内容と費用は、下記の通りです。

サービス内容 相場 支払い方法
内部対策 10〜100万円 一括支払型
外部対策 月額1〜15万円 固定報酬型
コンテンツ制作 月額5〜30万円 固定報酬型
SEOコンサルティング 月額10〜50万円 固定報酬型

SEO対策会社を選択する際には、今回ご紹介したポイントや注意点を抑えた上で、トラブルのない安全な業者を選択しましょう。

弊社フラップネクストでは、SEO対策に関する全面的なサポートをさせていただいております。

SEOコンサルティングはもちろん、内部対策やコンテンツ作成などのスポットでのSEO対策も可能です。

具体的な対策内容や費用についても、いつでもご相談ください!

弊社に在籍しているSEO対策の経験豊富なスタッフが、皆様のWebサイトに適切なSEO対策をアドバイスさせていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の記事

WordPressでのSEO対策の方法をご紹介!初心者でもできる設定を具体的に解説!

WordPressでのSEO対策の方法をご紹介!初心者でもできる設定を具体的に解説!

View all