2022.9.16 SEO

内部リンクとは?SEOに効果的な内部リンク対策を分かりやすく解説!

内部リンクとは?SEOに効果的な内部リンク対策を分かりやすく解説!

「内部リンクってどんな効果がある?」

「SEOに効果的な内部リンク対策を知りたい!」

SEOの最適化にとって、内部リンク対策は重要なポイントです。

内部リンク対策を行うことで、検索エンジンから良質なコンテンツと判断され、評価を上げることができます。

しかし、内部リンク対策にはさまざまな内容があるため、上記のような悩みを抱えている方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、SEOに効果的な内部リンク対策を具体的に解説します。

また、内部リンクによる成功事例も含めてご紹介しますので、より実践的な内部リンク対策が理解できるでしょう。

この記事を読むことで、SEOにおける内部リンクの重要さと、具体的な実践方法を学べます。

ぜひ最後までお読みください。

内部リンクとは?

SEOに効果的な内部リンク対策とは

内部リンクとは、Webサイトの中にあるページとページをつなぎあわせるリンクのことを指します。

例えば、内部リンクと関連したコンテンツである「外部リンク」について、ユーザーがもっと詳しく知りたい時に、下記のようなリンクを貼ります。

参照:被リンクのSEO効果とは?良質な被リンクを獲得する方法を徹底解説!

上記の文章にはリンクが貼られており、自社のWebサイト内の別のページに飛ぶことが可能です。

これを「内部リンク」といいます。

SEOで成果を出したいなら内部リンクを最適にする

SEOに効果的な内部リンク対策の流れ

結論、SEOで効果を出したい場合は、内部リンクを最適化することが重要です。

内部リンクを最適化することで、検索エンジンがスムーズに自社Webサイトをクロール(巡回)することができます。

クロールされやすくなれば、検索エンジンにインデックス(保存、管理)されやすくなるので、効果的に検索上位を目指すことができるでしょう。

またページ同士のコンテンツの関連性を意識してリンクを貼ることで、両ページのコンテンツのクオリティを高めることが可能です。

内部リンクで得られるSEO効果

内部リンクで得られるSEO効果

ここでは、内部リンクで得られるSEO効果をご紹介します。

検索結果に反映されやすくなる

前述しましたが、検索エンジンの検索結果に反映されやすくなることは、内部リンクで得られるSEO効果の1つです。

検索エンジンは、Webサイト内の内部リンクをたどってWebサイト内を巡回します。

そのため、内部リンクが最適化されていないとクローラーがWebサイト内をスムーズに巡回できず、検索エンジンにインデックスされにくくなります。

検索エンジンにインデックスされにくくなると、検索結果に表示されなくなってしまうでしょう。

内部リンクを最適化することで、Webサイト内をとどこおりなくクロール・インデックスされ、結果として検索結果に反映されやすくなります。

検索エンジンからの評価が上がる

検索エンジンからの評価が上がることも、内部リンクで得られるSEO効果です。

内部リンクを貼るページ同士のコンテンツの関連性が高ければ、リンク先のページの評価が上がります。

内部リンクでは、ページ同士のコンテンツの関連性が高いことが重要です。

ページ同士のコンテンツの関連性が高ければ、ユーザーのニーズに応えることができます。

ユーザーのニーズに応えられれば、結果としてWebサイトの評価を上げられるでしょう。

ユーザーの満足度が高まる

前述しましたが、ユーザーの満足度が高まることも、内部リンクの効果でしょう。

内部リンクが整っていないWebサイトでは、ユーザーが内部リンクをクリックしながら円滑にページを読み進めることができません。

円滑にページを読み進められなければ、ユーザーが知りたい情報にたどり着くまでに多くの時間が必要になるでしょう。

ユーザーが知りたい情報にたどり着くまでの時間が長くなってしまうと、ユーザーがWebサイトから離れてしまう可能性が高くなります。

ユーザーの離脱率が高いWebサイトは、ユーザーのニーズに合っていないと判断され、検索エンジンからの評価が下がってしまうでしょう。

内部リンクを最適化することは、ユーザーが求める情報を見つけやすくし、ユーザーの満足度を高められます。

内部リンクと外部リンクの違い

内部リンクと外部リンクの違い

ここでは、内部リンクと外部リンクの違いをご紹介します。

どちらもSEO対策の中で重要なポイントとなるので、しっかりと抑えておきましょう。

内部リンク|良質なコンテンツであることを示す

内部リンクと外部リンクの違い

内部リンクとは、Webサイトのコンテンツが良質なものであることを示す施策です。

Webサイトの内部を整えることで、ユーザビリティを向上し、検索エンジンから高評価を得ることができます。

内部リンクでは、下記のポイントを意識して対策を行いましょう。

内部リンクで意識するポイント
  • クローラーがWebサイト内のコンテンツを理解しやすいか
  • クローラーがWebサイト内をスムーズに巡回できるか
  • ユーザーにとって見やすいWebサイトが構築できているか

外部リンク|他のWebサイトからの評価を示す

外部リンクとは、他のWebサイトからの評価を示す施策です。

外部リンクで重要なことは、他のWebサイトから自社Webサイトに向けられた被リンクをたくさん獲得することです。

この被リンクが多いほど、ユーザーにとって有益な情報が発信されているWebサイトであると評価されます。

また被リンクの獲得は、数だけでなく質も重要になってきます。

Webサイト同士のコンテンツの関連性が低い被リンクの獲得は、検索エンジンからペナルティを受ける可能性があるので注意が必要です。

外部リンクから被リンクを獲得する際には、自社Webサイトのコンテンツと関連性の高いWebサイトから被リンクを獲得しましょう。

外部リンクについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

参照:被リンクのSEO効果とは?良質な被リンクを獲得する方法を徹底解説!

【分かりやすく解説!】具体的な内部リンク対策

SEOに効果的な内部リンク対策方法

ここでは、具体的な内部リンク対策を分かりやすく解説します。

どれもSEOに効果的な対策なので、しっかりと抑えておきましょう。

弊社フラップネクストでは、下記の内部リンク対策以外にも、さまざまな観点からの内部リンク対策を行っております。

内部リンク対策に関してのお悩み事がありましたら、お気軽にご相談ください。

URLの正規化を行う

URLの正規化を行うことは、重要な内部リンク対策の1つです。

URLの正規化とは、似たようなコンテンツのページがいくつか存在する際に、検索エンジンからの評価を得たいURLを1つのURLに絞ることを指します。

URLの正規化を行うことで、下記のようなメリットがあります。

URLの正規化のメリット
  • 検索順位における評価を1つのURLに集約できる
  • クローラーがWebサイトを巡回しやすくなる
  • ユーザーのWebサイト内での行動を分析しやすくなる

Webサイト内の高品質なページへリンクする

Webサイト内に存在する高品質なページへリンクすることも、重要な内部リンク対策です。

先ほど、外部リンクで被リンクを獲得する際には、関連性の高い高品質なWebサイトからの被リンクが効果的とお伝えしました。

これは、内部リンクでも同様のことがいえます。

内部リンクでも、リンクさせるページ同士のコンテンツの関連性を重視することが大切です。

ユーザーは今読んでいるコンテンツに関連する内容のリンクがあれば、そのリンクに飛んでさらに多くの情報を得ようとするでしょう。

関連性の高いページ同士をリンクすることが、ユーザーのニーズに応えることになり、結果として検索エンジンからの高評価を得られます。

alt属性の設定

alt属性とは代替テキストのことで、Webサイトの画像がうまく表示されない際に表示されるテキストのことを指します。

alt属性を設定することで、画像の内容を検索エンジンやユーザーに正しく伝えることができます。

また、alt属性を設定することで、画像検索で上位に表示される可能性を高められるでしょう。

リンクをリンク先ページのタイトルにする

ページに貼るリンクを、リンク先ページのタイトルに変更することも、大きなSEO効果を発揮します。

例えば、記事作成の相場に関する記事のリンクを、この記事に貼るとしましょう。

その場合、リンク先のURLをそのまま貼り付けるのではなく、下記のように記事を貼ります。

記事作成に必要な費用や相場を徹底解説!費用対効果の高い記事作成のポイントも

このように設定することで、ユーザーがリンク先に飛んだ際にスムーズに内容を読み進められるでしょう。

リンクをリンク先ページのタイトルに設定することは、SEO効果を大きく見込める施策です。

Webサイトのメニューからリンクする

SEOに効果的な内部リンク対策_メニュー

Webサイトの中には、下記のようなメニューがあるでしょう。

Webサイトの中のメニューの例
  • グローバルメニュー
  • サイドメニュー
  • フッターメニュー

このようなメニューから、Webサイト内の内部リンクが充実したページに誘導するリンクを貼ることで、大きなSEO効果を見込めます。

メニューの中に高品質で内部リンクが充実したページのリンクを貼ることで、クローラーはスムーズにWebサイトを巡回できるでしょう。

また、ユーザーも高品質なページを見ることで、より興味を引くことができ、そのページから他のページへ効果的に誘導できます。

パンくずリストの設置

SEOに効果的な内部リンク対策_パンくずリスト

パンくずリストを設置することも、SEO効果を見込める内部リンク対策の1つです。

パンくずリストとは、今見ているページがWebサイト内のどこにあるのかを把握しやすくするリンクのことです。

パンくずリストを設置することで、ユーザーやクローラーがWebサイトの構造を円滑に把握し、移動しやすくなります。

ユーザーやクローラーにとって分かりやすいWebサイトの構造にすることで、検索エンジンでの上位表示を目指せるでしょう。

HTMLサイトマップへのリンクを配置する

HTMLサイトマップへのリンクを設置することも、重要な施策です。

HTMLサイトマップとは、Webサイト内のすべてのページへ向けたリンクを貼り、Webサイトの構造を一覧で確認できるファイルのことです。

HTMLサイトマップを設置することで、ユーザーやクローラーがWebサイトの構造を把握しやすくなります。

また、HTMLサイトマップへのリンクは、ヘッダーやフッターなどのWebサイト内の共通コンテンツに設置しておきましょう。

Webサイト内の共通コンテンツに設置することで、ユーザーやクローラーがたどり着きにくいページにも誘導できます。

ユーザーやクローラーがたどり着きにくいページに誘導することで、より効率的に検索エンジンからの高評価を貰いやすくなるでしょう。

Webサイト全体の専門性を高める

最後にご紹介する内部リンク対策は、Webサイト全体のコンテンツの専門性を高めることです。

Webサイトで扱うテーマを1つにし、そのテーマを元にしたコンテンツを作成することで、全てのページでの関連性を高めることができます。

全てのページでの関連性を高めることによって、各ページに内部リンクを設置しやすくなるでしょう。

また、内部リンクをたくさん設置することで、ユーザーに有益な情報を発信している良質なWebサイトとみなされます。

その結果、検索エンジンからの高評価を得られるでしょう。

さらに内部リンクを増やすことで、ユーザーのWebサイト内の移動が増え、アクセス数や滞在時間などのサイトパフォーマンスが向上します。

またGoogleには「E-A-T」という、Webサイトに関する評価項目があります。

E-A-Tとは専門知識の量、権威性、信頼性のことで、Googleが重要視している項目です。

E-A-Tに沿ったWebサイトを構築することで、より高評価を得ることができ、Googleでの検索結果の上位表示につながるでしょう。

参照:Google のコア アップデートについてサイト所有者が知っておくべきこと

フラップネクストでの内部リンク事例

フラップネクストでのSEOに効果的な内部リンク対策の事例

事例

事例

事例

内部リンクは大幅なSEO効果が見込める!

内部リンク対策は大幅なSEO効果が見込める

今回は、SEOに効果的な内部リンク対策を具体的に解説しました。

おすすめの内部リンク対策には、下記のようなものがあります。

SEOに効果的な内部リンク対策を行うためには、ある程度の知識と経験が必要になるでしょう。

内部リンクの効果を最大限に引き出すためには、SEOに関する知識や経験が豊富な業者に任せることをおすすめします!

弊社フラップネクストでは、SEOに関する経験とスキルが豊富なスタッフが在籍しております。

お客様のWebサイトの内部リンク対策の効果を最大限に引き出しますので、お気軽にご相談ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の記事

SEO対策のやり方は?上位表示の手順を初心者にわかりやすく解説

SEO対策のやり方は?上位表示の手順を初心者にわかりやすく解説

View all