2022.9.16 SEO

SEOに強いタイトル(titleタグ)の付け方とは?文字数や設定方法を具体的に解説!

SEOに強いタイトル(titleタグ)の付け方とは?文字数や設定方法を具体的に解説!

「SEOに強いタイトルの付け方を知りたい!」

「タイトルを決める時に気をつけるべきポイントは?」

タイトルはユーザーが検索結果上で一番最初に見る箇所であり、タイトル次第でユーザーがあなたの記事を読むかが決まります。

逆に、タイトルが魅力的でなければあなたの記事は読まれることはないでしょう。

そのためSEO対策では、適切なタイトルをつけることが重要と言えます。

しかし、「どんなタイトルにすればSEO対策につながるのか」「ユーザーにとって魅力的なタイトルをつけるのって難しい」と

思っている方も多いのではないのでしょうか。。

しかし、SEOに最適なタイトルをつけるのはそこまで難しいものではありません。

ポイントさえ抑えておくことで、誰でも簡単にタイトルをつけることができます。

この記事では、SEO対策につながるタイトルを付ける方法をご紹介します。

その他にも、適切なタイトルによる成功事例や、タイトルをつける際の注意点も具体的に解説します。

この記事を読むことで、SEOに強いタイトルをしっかりと理解して、検索結果の上位表示を目指すことができるでしょう。

最後までお読みください。

タイトル(titleタグ)とは|SEO対策での重要性

SEOに強いタイトルとは

タイトル(titleタグ)とは、Webサイトや記事を構成しているHTMLコードの1つです。

タイトルを正しく設定することで、ユーザーや検索エンジンに対して記事の内容をわかりやすく伝えることができます。

また、タイトルに設定した文章は記事のトップに表示され、検索エンジンでの検索結果にも表示されます。

記事の内容を分かりやすく適切な文字数のタイトルにすることで、ユーザーの興味を引き、クリック率を向上できるでしょう。

しかし、SEOを強化するタイトルの作成には、いくつかのポイントを抑えておく必要があります。

また、タイトルを作成する際の注意点もしっかりと抑えておくことで、安定した検索結果の上位表示を見込めるでしょう。

タイトル(titleタグ)を作成する際の大切なポイント

SEOに強いタイトルを作成する際の大切なポイント

ここでは、タイトルを作成する際の大切なポイントをご紹介します。

ここでご紹介するポイントをタイトルの作成に活用することで、ユーザーの興味を引きつけられるでしょう。

SEOを強化できるタイトルの作成ポイントは、今回ご紹介する他にもさまざまなものがあります。

タイトルの作成で少しでもお困りごとがある際には、弊社フラップネクストへ何でもご相談ください。

経験と知識が豊富なWebマーケターが、お客様の悩みに寄り添ったご提案をさせていただきます。

28~32文字程度に収める

タイトルの文字数は、28〜32文字程度に収めましょう。

タイトルの文字数を28〜32文字程度に収めることで、検索結果で表示された際に省略されず、全ての内容が表示されます。

32文字以上の文字数でタイトルを設定した場合、検索結果で全ての内容が表示されずに「…」と省略されてしまいます。

例をあげると、キーワードが「SEO 内部リンク」だった場合、下記のように表示されるでしょう。

検索結果での文字数によるタイトルの表示例
  • 良い例:内部リンクとは?SEOに強い内部リンク対策を分かりやすく解説!(31文字)
  • 悪い例:内部リンクってどういう施策?SEO対策が整った内部リンクの方法を分か…(38文字)

どうしても32文字以上になってしまう場合は、重要なキーワードを前方に持ってくることをおすすめします。

重要なキーワードが前方にあれば、ユーザーや検索エンジンが記事の内容を正しく把握できるでしょう。

パッとみて記事の内容を理解できるようにする

SEOに強いタイトルを作成する際の大切なポイント_パッと見て記事の内容が理解できるようにする

出典:https://developers.google.com/search/docs/beginner/seo-starter-guide?hl=ja

パッとみて記事の内容を理解できるようにタイトルを設定することは、大切なポイントです。

タイトルを、読みやすくコンテンツの内容を効果的に伝えることは、Googleの公式ガイドラインでも推奨されています。

また、記事の内容とタイトルの関連性が高く、簡潔で有益なタイトルにすることも求められています。

しかし気をつけるべき点として、重要なキーワードの羅列や、何度も使用してしまうことがあげられるでしょう。

タイトルに重要なキーワードを入れることは大切なことですが、不自然な文章だとユーザーの不信感につながります。

ユーザーがタイトルを読んで、内容がスッと頭に入る文章を心がけましょう。

タイトルの例
  • 良い例:SEOに強いタイトル(titleタグ)の付け方とは?文字数や設定方法を解説!
  • 悪い例:SEOに強いタイトル(titleタグ)の付け方とは?タイトル(titleタグ)の適切な文字数やSEO対策万全の設定方法も!

タイトルの設定を行う時は、ユーザーがパッとみて記事の内容を理解できるようにしましょう。

ユーザーの目を引くようなキーワードを使う

ユーザーの目を引くようなキーワードを使うことも、タイトルを付ける際の大切なポイントです。

ユーザーの目を引くためには、具体的な数字や記号を利用してみましょう。

例えば、タイトルでよく利用される記号には「【】」があります。

記事の内容の中でアピールしたい部分に「【】」を付けることで、ユーザーの目を引くことができます。

「【】」を使用したタイトルの例
  • 【2022年最新】内部リンクとは?SEOに強い内部リンク対策を分かりやすく解説!
  • 【初心者向け】SEOに強いタイトル(titleタグ)の付け方とは?文字数や設定方法を解説!

また、ユーザーの目を引くようなパワーワードの使用もおすすめです。

タイトルは、記事の内容をユーザーに分かりやすく伝えるために存在しますが、キャッチコピーとしての活用もできます。

ユーザーの共感を得られるような内容や、びっくりするようなタイトルにすることで、ユーザーの目を引くことができるでしょう。

パワーワードには、下記のようなものがあります。

パワーワードの例
  • 「初心者向け」
  • 「フリーランス必見」
  • 「永久保存版」
  • 「2倍UP」
  • 「8選」
  • 「簡単」
  • 「3分で読める」

注意点として、パワーワードでユーザーを引き付けても、記事の内容がパワーワードと合っていなければユーザーに不信感を与えてしまいます。

パワーワードを使用する際には、記事の内容と離れてしまわないように気をつけましょう。

タイトルに記号やパワーワードを適切に入れることで、ユーザーにとって利益になる記事だということをしっかりと伝えることができるでしょう。

キーワードを含める【位置も重要】

記事の中で重要なキーワードは、タイトルの中にしっかりと入れておきましょう。

重要なキーワードの選定を行う際には、ユーザーがよく利用する言葉を選ぶことをおすすめします。

ユーザーがよく利用するキーワードをタイトルにも含めることで、ユーザーの目に留まり、クリック率を向上させられます。

また、キーワードはタイトルの前方に持ってくるようにしましょう。

キーワードをタイトルの前方に持ってくるメリットについては、後述します。

ユーザーが検索エンジンでどのようなキーワードを検索しているかを調べるには、サジェストキーワード(候補キーワード)を調べられるツールを使いましょう。

サジェストキーワードを調べられるツールを使えば、ユーザーが調べているキーワードや月間平均検索数も調べることができます。

月間平均検索数が多ければ、そのキーワードを検索している人が多いと考えられますよね。

どんなキーワードを選ぶべきか迷った場合は、サジェストキーワードを調べられるツールを利用することで、効率的にキーワードを選択できるでしょう。

サジェストキーワードを調べられるツールは、下記が有名です。

キーワードプランナー

SEOに強いタイトルを作成する際の大切なポイント_キーワードプランナー

出典:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

キーワードプランナーは、Googleが無料で提供しているサジェストキーワードと月間平均検索数を調べられるツールです。

Webマーケターの中で幅広く利用されており、SEOやリスティングなどのWebマーケティングの枠組みで利用されています。

Keyword Tool

SEOに強いタイトルを作成する際の大切なポイント_キーワードツール

出典:https://keywordtool.io/jp

Keyword Toolは、キーワードプランナーの代わりに活用されているサジェストキーワード検索ツールです。

キーワードプランナーよりもさらに詳細なキーワードを検索できるので、有名なWebマーケターにも愛用されているツールといえます。

また、基本的には無料で利用できますが、さらに便利な機能を利用したい場合は有料版もおすすめです。

Keyword Toolの有料版を利用することで、クリック単価などを把握することができ、SEOやリスティングなどのさまざまな視野でWebマーケティングを行えます。

ラッコキーワード

SEOに強いタイトルを作成する際の大切なポイント_ラッコキーワード

出典:https://related-keywords.com/

ラッコキーワードは、Googleだけでなく下記のような検索エンジンのキーワードを検索できます。

ラッコキーワードで検索できる検索エンジン
  • Bing
  • 楽天サジェスト
  • マルチサジェスト

マルチサジェストでは、YoutubeやAmazonで検索されている関連キーワードを調べることもできます。

さらにラッコキーワードでは、Googleトレンドの検索ボリュームの変化を確認できます。

トレンドも含めた上でキーワードを選定できるので、流行に合わせたキーワードを選ぶことができるでしょう。

重要なキーワードを前方に表記する

記事の内容で特に重要なキーワードは、タイトルの前方に表記しておきましょう。

前述しましたが、重要なキーワードがタイトルの後半に入っている場合、ユーザーの目を引くことができません。

また、32文字以上のタイトルだった場合、重要なキーワードが表示されなくなってしまう危険性があるでしょう。

タイトルの文章を作成する際には重要なキーワードを前方に配置し、ユーザーの目に留まりやすくすることをおすすめします。

内容が他の記事と被らないようにする

タイトルの内容が他の記事のタイトルと被らないようにすることも、タイトルを作成する際の大切なポイントです。

そのため、1つの記事にはその記事の内容に合ったタイトルを作成しましょう。

1つの記事に1つのタイトルを作成することで、他の記事との違いを明確にできます。

また、他の記事との違いを明確にすることで、検索エンジンやユーザーが各記事の違いを認識しやすくなるでしょう。

検索エンジンが各記事の違いを認識しやすくなることによって、円滑に検索結果に表示されるようになるでしょう。

SEO対策においてタイトル(titleタグ)はなぜ重要?

SEO対策においてタイトルはなぜ重要

ここでは、SEO対策においてタイトルが重要な理由をご紹介します。

タイトルを最適化することで、さまざまなメリットが存在します。

タイトル最適化のメリットを理解した上で、SEOに効果的なタイトルを作成しましょう。

記事の内容をユーザーや検索エンジンに分かりやすくする

記事の内容をユーザーや検索エンジンに分かりやすくすることは、SEO対策において重要なことです。

ユーザーが検索エンジンを利用して何かを調べる時、検索結果のタイトルを見て、その記事にどんな内容が書かれているのかを判断します。

さらに、検索結果の中にユーザーの興味を引くようなタイトルがあれば、ユーザーはそのタイトルをクリックし閲覧するでしょう。

このタイトルがユーザーの興味を引くものでなかった場合、ユーザーのクリック率が低下してしまうでしょう。

また、検索エンジンもユーザーと同様にタイトルを見て内容を判断します。

検索エンジンにタイトルを正しく認識してもらうことで、検索結果で上位表示される可能性を高められるでしょう。

このようにタイトルを最適化することは、記事の内容をユーザーや検索エンジンに正しく認識してもらえるのでおすすめです。

検索順位が上がる

SEO対策においてタイトルはなぜ重要_Google検索セントラル

出典:https://developers.google.com/search/docs/advanced/guidelines/webmaster-guidelines?hl=ja

タイトルを最適化することで、検索エンジンでの検索結果で上位表示される可能性が高まります。

Googleなどの検索エンジンで検索順位を決定するアルゴリズムには、さまざまな仕組みがあります。

そのアルゴリズムの中でも特に重要とされているのが、「記事の品質」と「記事の内容と検索キーワードの関連性」です。

タイトルをより具体的にすることで、ユーザーや検索エンジンがコンテンツの内容を理解できるでしょう。

さらに、具体的なタイトルを付けることで、記事の内容と検索キーワードの関連性を効果的に伝えることができるでしょう。

これは上記画像のGoogleが提供する「Webマスター向けガイドライン」でも確認できます。

クリック率が上がる

タイトルを最適化することで、クリック率の上昇を見込めるでしょう。

タイトルは検索結果の中で、ユーザーの目に一番に入ってきます。

皆さんも調べごとをする際には、検索結果で興味を引くタイトルのものをクリックするはずです。

つまり、ユーザーにとって魅力的なタイトルにすることでクリック率を上げることができます。

また、タイトルでクリック率を上げるためには、下記のポイントを抑えておきましょう。

タイトルでクリック率を上げるためのポイント
  • 記事の中にユーザーが知りたい情報が入っていることがわかる
  • 他の記事にはないオリジナルコンテンツを盛り込む
  • ユーザーの心にスッと入る自然な文章を心がける

シェア率が上がる

SEO対策においてタイトルはなぜ重要_シェア率が上がる

ユーザーの興味を引くタイトルにすることで、シェア率が向上します。

記事をTwitterやFacebookなどのSNSでシェアする場合、その記事のタイトルとアイキャッチ画像が表示されます。

タイトルがユーザーの興味を引くものであれば、SNSでのシェアやアクセスを増やすことができるでしょう。

SNSでシェアされたコンテンツはさらに多くのシェアを生み出すため、効率的に多くの人の目に触れることができます。

多くの人の目に触れられれば、記事へのアクセスにつなげることができますよね。

Instagramで記事をシェアする場合には、URLを貼り付けてもタイトルは表示されないので、タイトルを重視する必要はありません。

しかし、URLをタップした際に一番初めにタイトルが表示されるので、ユーザーの興味を引くタイトルを付けることは重要です。

SNSで一度記事が話題になった場合、記事へのアクセス数の増加は一時的なものになります。

そのためタイトルを付ける際には、SNSに向けたタイトルにするのではなく、SEOの最適化に向けたタイトルにすることが大切です。

SEOの最適化に向けたタイトルにすることで、SNSからのアクセスが減った場合でも検索結果で上位表示を目指せるでしょう。

タイトル(titleタグ)を作成する際の注意点

SEOに強いタイトルを作成する際の注意点

ここでは、タイトルを作成する際の注意点をご紹介します。

ここでご紹介する注意点を抑えた上で、よりSEOに効果的なタイトルを作成しましょう。

複数の記事に同じタイトルをつけない

タイトルを作成する際の注意点の1つ目として、複数の記事に同じタイトルをつけないようにしましょう。

複数の記事に同じタイトルを付けてしまった場合、記事同士が競合してしまいます。

さらに検索エンジンが同じ内容の記事が複数あると判断し、検索結果での上位表示が狙いにくくなってしまうでしょう。

タイトルが被ってしまっている記事が複数ある場合は、タイトルを変更するか、必要のない記事は削除することをおすすめします。

同じキーワード・カッコや句読点を使いすぎない

1つのタイトルの中に同じキーワードやカッコ、句読点を使いすぎないようにしましょう。

基本的な考え方として、1つのタイトルに入れるキーワードの数は1つにすることをおすすめします。

タイトルに同じキーワードを何度も入れることは、検索順位が上がりにくくなるどころか、スパムと判断される危険性もあります。

これは記事の内容でも同じことがいえますが、キーワードを入れる際には読んでいて不自然にならないようにしましょう。

また、タイトルを自然な文章にするのに、どうしてもキーワードを2つ使う必要がある場合は、2つ以上にならないように注意が必要です。

さらに、カッコや句読点の数も増えすぎないようにしましょう。

タイトルにカッコを使用することは、ユーザーの目を引くため、クリック率の上昇を見込めます。

しかし、カッコを使用することで文字数が増えてしまうので、文字数が多くなってしまわないように注意しながら使用しましょう。

また、タイトルでの句読点は文章を強調することもできず、文字数が増えてしまうので使わないようにしましょう。

タイトルを強調しながら2つの文に分けたい場合には、「!」や「|」などを活用することをおすすめします。

検索エンジンにタイトルを自動的に書き換えられる場合がある

SEOに強いタイトルを作成する際の注意点_Google検索セントラル

出典:https://developers.google.com/search/blog/2021/08/update-to-generating-page-titles

検索エンジンにタイトルを自動的に書き換えられる場合があることも、タイトルを作成する際の注意点です。

タイトルの文字数が多い場合や文章がまとまっていない場合、Googleから自動的にタイトルを書き換えられる可能性があるので注意が必要です。

書き換えられる可能性のあるタイトル例
  • 文字数が多い
  • 同じキーワードを何度も使用している
  • 記事の内容とタイトルの関連性が低い

タイトルを定期的に確認していない場合、検索結果に表示されているタイトルが、記事の作者の意図に合わないタイトルに書き換えられていることもあるでしょう。

また、検索エンジンの検索結果で上位に表示されているのにアクセス数が減っている場合は、タイトルが自動的に書き換えられている可能性があります。

タイトルが自動的に書き換えられることが、検索順位に直接影響するわけではありません。

しかし、ユーザーが興味を持てないようなタイトルに書き換えられてしまった場合、クリック率の低下などの悪影響が出る可能性があるでしょう。

Googleによる自動的なタイトルの変更は、必ず阻止できる対処法は存在しません。

しかし、前述した書き換えられる可能性のあるタイトルを作成しないように、タイトルの最適化を行いましょう。

また定期的にタイトルを確認し、タイトルが書き換えられていないかどうかを随時確認することをおすすめします。

タイトルは定期的に見直しが必要

SEOに強いタイトルは定期的に見直しが必要

最後に、タイトルを定期的に見直すことの重要度をご紹介します。

タイトルの最適化はSEO対策において重要な項目で、最終的な記事へのアクセス数につながります。

そのため、検索エンジンでの検索結果で上位表示されているのにも関わらず、アクセス数が少ないのであれば、タイトルを見直す必要があるでしょう。

「Googleサーチコンソール」などのツールを活用して、記事へのアクセス数の指標となるクリック率を定期的に確認することをおすすめします。

また、検索結果でのクリック率が低い場合は、タイトルを見直す必要があるでしょう。

タイトルを見直す際には、競合他社の記事よりもユーザーの興味を引くタイトルにする必要があります。

さらに、コンテンツのジャンルや業界によっては、内容の変更が頻繁に発生することもあるでしょう。

ユーザーが求める最新の情報を常に把握し、タイトルに反映することで時代に合った情報をユーザーに提供できます。

ユーザーが求める最新の情報をタイトルに盛り込むことができれば、ユーザーの興味を引き、記事への流入を効果的にうながすことができます。

また、自社でしか提供できないオリジナルのコンテンツを盛り込むことで、クリック率を向上することができるでしょう。

フラップネクストでのタイトル(titleタグ)改善の成功事例

フラップネクストでのタイトル改善の成功事例

事例

事例

事例

適切なタイトル(titleタグ)でSEOの最適化を目指そう!

適切なタイトルでSEOの最適化を目指そう

この記事では、SEO対策につながるタイトルを付ける方法をご紹介しました。

その他にも、適切なタイトルによる成功事例や、タイトルをつける際の注意点も具体的に解説しました。

SEO対策につながるタイトルを付けるには、下記のポイントを抑えることが大切です。

このようなポイントを把握しタイトルに応用することで、検索結果の上位表示を目指すことができます。

しかし、SEOに効果的なタイトルを作成するには、時代の流れを把握しユーザーのニーズに合ったキーワードを選定する必要があるでしょう。

弊社フラップネクストでは、SEOに効果的なタイトルの作成だけでなく、SEO対策の整った構成の提案や作成もお受けしております。

記事のSEO対策の強化で悩み事がありましたら、いつでもご相談ください。

SEO記事の作成に特化した、経験と知識豊富なスタッフがご対応させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の記事

metaタグとは?SEO対策に効果的なタグの種類と書き方を詳しく解説!

metaタグとは?SEO対策に効果的なタグの種類と書き方を詳しく解説!

View all