2022.9.16 記事制作

記事作成に必要な費用や相場を徹底解説!費用対効果の高い記事作成のポイントも

記事作成に必要な費用や相場を徹底解説!費用対効果の高い記事作成のポイントも

「記事作成の費用や相場を知りたい!」

「費用対効果の高い記事作成を依頼するポイントは?」

自社Webサイトやオウンドメディアでの高品質な記事の掲載は、商品やサービスの売上につながります。

しかし、社内での高品質な記事の作成には、コンテンツの専門性やSEO対策などの知識やスキルに限界が出てくる可能性がありますよね。。

そこでおすすめなのが、記事作成を外部の業者に依頼することです。

記事の作成を外部の業者に依頼することで、記事の目的を的確に把握し、SEO対策の整った記事を作成することができます!

記事の作成を外部の業者に依頼する場合、記事作成の費用や相場に関する、上記のような疑問が発生するかもしれません。

この記事では、記事作成にかかる費用や相場を種類別にご紹介します。

また、費用対効果の高い記事作成を依頼する際のポイントも詳しく解説します。

この記事を読むことで、皆様のWebサイトやオウンドメディアのコンテンツに適切な記事の作成料金を把握できるでしょう。

記事作成にかかる相場を正しく理解して、質の良い業者から高品質な記事を納品しましょう。

記事作成の単価相場はいくら?

記事作成の単価相場

記事作成を外部の業者に依頼した場合の相場は、作成する記事の内容によって差が生じます。

記事作成の相場に影響を与える内容には、下記の項目があります。

記事作成の相場に影響を与える内容
  • 記事のテーマ
  • 文字数
  • 専門性
  • 取材の有無

また、業者によって単価の設定方法が「文字単価」と「記事単価」に分けられます。

文字単価とは、記事内の文字数によって最終的な費用が変動します。

一方で記事単価は、文字数に関係なく1記事単位の計算です。

SEO対策の施された記事の場合、文字単価で換算されることが多く1文字あたり3〜6円が一般的です。

取材も含めた記事作成の場合、記事単価での換算が多く1記事あたり20,000円〜50,000円が相場でしょう。

その他にも、記事作成の相場料金は外部の業者の種類によっても変動します。

外部の業者は大きく分けて2種類存在し、「企業」と「個人」に分けられるでしょう。

企業の業者に記事作成を依頼する場合よりも、個人に依頼する方が2〜4割ほど低単価のことが多いようです。

記事の作成価格は種類によって変わる

記事の作成価格は種類で変わる

記事作成の価格は業者の種類によって変動しますが、求められる記事の内容によってさらに大きく変化します。

ここでは、記事の内容に分けて作成にかかる費用の相場をご紹介します。

SEO記事の作成費用

ここではブログ記事やコラム記事などの、SEO対策が行われた記事の作成費用をご紹介します。

ブログ記事

ブログにおけるSEO記事とは、さまざまな分野のブログに掲載するSEO対策をほどこした記事です。

ブログ記事の平均単価は文字単価0.8〜5円など、求められる記事の専門性によって大きく変動します。

文字単価0.8円の記事作成は専門知識を必要とせず、初心者でも作成可能な内容がほとんどです。

また、体験談などのWebライターの主観で誰でも執筆できる内容であれば、文字単価1円を下回ることがほとんどです。

文字単価3円を超えてくると、ある程度記事の内容に特化した専門知識が必要になるでしょう。

特に下記のテーマに特化した記事作成であれば、高単価になります。

高単価になりうる記事のテーマ例
  • 医療
  • 介護
  • 政治
  • 経済

上記以外にも、有資格者の専門的なライティングが求められるテーマの場合、高単価となる傾向にあります。

コラム記事

コラムにおけるSEO記事は、さまざまなメディアで発信されています。

よく見かけるコラム記事の媒体の例
  • 料理のレシピ
  • ファッションのコーディネート
  • エンターテイメント
  • ライフスタイル
  • ビジネス

コラムにおけるSEO記事の作成は、ブログ記事と同様に記事のテーマや専門性によって価格が大きく変動します。

Webライターの下記のようなスキルで、価格が変わります。

記事単価に影響するWebライターのスキル
  • 文章の品質
  • 専門性
  • 資格の保持
  • 今までの経験

文章の品質を求めずに大量の文字数を重視したい場合は、知識やスキルのない初心者にも低単価で依頼するケースもあります。

SEO記事では、求める記事のテーマや専門性によって価格が変動することを覚えておきましょう。

取材記事の作成費用

取材記事とは、インタビューなどの取材から記事の執筆までを行うことを指します。

取材記事の一般的な平均相場は、1記事あたり20,000〜50,000円ほどです。

また、取材記事は、記事作成だけでなく下記のような工程があります。

取材記事の工程の例
  • 取材のアポ取り
  • 取材当日の内容打ち合わせ
  • 当日の取材・インタビュー
  • 当日の写真・動画撮影
  • 取材音源の文字起こし
  • 記事の執筆

取材記事の価格は、上記の内容を踏まえた上で決定されます。

複数の取材記事の依頼を行う場合には、取材日をまとめておくことで、費用を安く抑えることができるでしょう。

また、近年では訪問での取材ではなく、電話取材やオンライン取材を導入している企業も存在します。

訪問での取材に比べると低価格で利用できますが、業者によってサービス内容は異なるため、依頼の際にしっかりと費用を確認しておきましょう。

記事作成で必要になる具体的な費用と相場

記事作成で必要な工程と相場

ここでは記事作成で必要になる、記事執筆以外の工程の具体的な費用と相場をご紹介します。

企画や打ち合わせなどの細かい工程に分けた平均費用をご紹介しているので、記事作成に必要な費用のイメージの参考になるでしょう。

企画費

企画費は、記事テーマの企画やキーワードの選定、構成案を作成する費用です。

SEO記事におけるテーマやキーワードの選定は、ユーザーのニーズに合わせる必要があるため重要な項目です。

企画〜構成までの内容を確認したい際には、費用が発生する場合があるので、依頼する際に事前に確認しておくことをおすすめします。

打ち合わせ費

打ち合わせ費用

打ち合わせ費は、記事作成の内容を打ち合わせる際に必要な費用のことです。

chatworkやSkypeなどでの簡単な連絡や、オンラインミーティングは無料のことがほとんどです。

また、取材記事作成の場合の当日の打ち合わせに関しても費用がかからないでしょう。

しかし、2〜3時間を必要とする対面での打ち合わせの場合、別途打ち合わせ費用が発生するケースもあるので、事前に確認しておきましょう。

入稿費

入稿費とは、下書きを終えた記事をWordPressなどのCMSに入稿する際に必要な費用のことです。

入稿費は、入稿に必要な時間や文字装飾などによって価格が変動しますが、平均すると1記事1,500〜3,000円です。

修正費

修正費とは、下書きを終えた記事の修正が必要な場合の費用のことです。

元々の依頼内容から大きく外れた内容だった場合の修正は無料ですが、記事内容の細かい部分の修正には費用が発生します。

また、修正費の相場は一概には言えませんが、修正する文字数によって費用が決定するケースもあります。

修正する文字数によって費用が決定する場合、修正箇所が多過ぎると修正費が高額になってしまう危険性もあるでしょう。

このようなトラブルを防ぐために、依頼の段階で記事の目的や構成、必要になるキーワードをしっかりと打ち合わせておきましょう。

また、修正の対応については、各業者で「修正ポリシー」を用意していることがほとんどです。

規則や規定に沿っていない部分や誤字脱字の場合は、修正費がかからないでしょう。

しかし、こちらの希望による内容の変更には、修正費用が発生する場合がほとんどです。

事前に修正ポリシーを確認し、トラブルを防止しておくことをおすすめします。

写真撮影費

写真撮影費

写真撮影費とは、取材の際に写真撮影が必要な際の費用のことです。

Webライターに撮影をお願いする場合と、プロのカメラマンに依頼する場合で費用が大きく異なります。

Webライターに撮影をお願いする場合

Webライターの撮影費用は、1枚あたり200〜5,000円とかなり変動がありますが、プロのカメラマンよりは低価格で依頼できます。

また、プロのカメラマンに比べると写真のクオリティは下がりますが、多くの写真を低価格で依頼したい場合におすすめです。

しかし、Webライターによっては写真撮影の経験が無い人や、持っているカメラも一眼レフではなくデジタルカメラやスマートフォンの場合もあります。

写真撮影をWebライターに依頼する場合には、下記の項目を事前に確認しておきましょう。

Webライターに写真撮影を依頼する場合の確認事項
  • 写真撮影の目的
  • 写真のサイズ・比率
  • アングル
  • 必要枚数

上記の打ち合わせをしっかりと行い、撮影当日も同行して随時アングルなどの希望を伝えることをおすすめします。

プロのカメラマンに依頼する場合

高クオリティな写真が必要な場合は、プロのカメラマンに写真撮影を依頼しましょう。

プロのカメラマンに撮影を依頼する場合、撮影費用の相場は30,000〜50,000円が一般的です。

プロのカメラマンであれば高品質な写真を撮影できるので、記事全体のクオリティを高められるでしょう。

また、写真のクオリティが上がればユーザーの興味を引くことができるので、最終的な商品やサービスの購入につなげられます。

画像素材の選定費

画像素材の選定費は、インターネット上にある無料・有料の画像サイトから、記事のテーマに合った画像の選定に必要な費用です。

無料の素材サイトはコストを大幅に抑えられますが、選べる画像の種類に制限があります。

また、画像の品質も有料サイトの画像に比べると劣ってしまうことがデメリットです。

有料サイトを利用した画像選定の場合、下記の費用が必要となるでしょう。

有料サイトを利用した際の画像選定にかかる費用
  • 画像選定費用:1枚あたり700〜1,000円
  • 画像の利用料:有料の画像サイトの料金によって異なる
  • 画像の加工費:1,500〜5,000円(加工が必要な場合のみ)

また、画像を1からデザイン・制作する場合には、さらに高額になることがほとんどです。

記事の内容やテーマに合わせて、無料・有料の画像サイトの使い分けを行いましょう。

図表作成費

図表作成費は、記事内で使用する図表やイラスト・グラフの作成を依頼する際に必要な費用です。

図表のデータ量やイラストのカラー内容で価格は変動しますが、一般的な相場は1,500〜5,000円程度です。

Webライターに作成を依頼することもできますが、クオリティはWebライターによってばらつきがあるでしょう。

しかし、図表やグラフの作成を専門とするクリエイターであれば、見やすく分かりやすいハイクオリティな図表やグラフを作成できます。

図表やグラフの作成を専門とするクリエイターは、クラウドソーシングサイトで簡単に見つかります。

また、依頼する際にはポートフォリオをしっかりと確認した上で、デザイン・イメージを事前に共有しておきましょう。

リライト費

リライト費とは、他のWebライターが作成した記事や過去の記事を手直しする際の費用のことです。

リライトを外部の業者に依頼する場合、費用は元の記事の半額〜1本分となります。

リライト費に幅があるのは、リライトの内容や文字数によって、価格に大きな変動があるためです。

記事の構成をそのままにして全てを書き直す場合は高額になり、記事の内容の情報更新については低価格になる傾向にあります。

また、構成をそのままにして全てを書き直す場合は、多くの手間や時間を必要とするため、通常の記事作成と同様の価格になるケースもあるでしょう。

記事作成の発注は個人・企業どちらがいいのか

記事作成の発注は個人か企業か

前述しましたが、低価格での記事作成の発注を行いたい場合、企業ではなく個人に依頼した方が金額を抑えられるでしょう。

しかし、記事作成を低価格で抑えると、クオリティの低い記事になってしまい、再作成しなければならなくなる危険性もあります。

ここでは、企業・個人で記事作成を発注する場合のメリット・デメリットをご紹介します。

企業に発注した場合のメリット・デメリット

企業に発注するメリット
  1. 高品質な記事を作成できる
  2. 企画から編集まで全てを任せられる
  3. さまざまな分野に対応可能なWebライターが豊富
  4. コピーチェックなどの細かい業務も頼める
企業に発注するデメリット
  1. 個人への発注に比べると高額
  2. 個人への発注と比較して作成時間が長期間必要

ここでは、記事作成を企業に発注した場合のメリット・デメリットをご紹介します。

企業に記事作成を依頼するメリットは、高品質な記事を作成できることです。

記事作成を依頼できる企業の中には、下記のような企業があります。

記事作成を依頼可能な会社の例
  • 記事作成会社
  • 編集プロダクション
  • Webマーケティング会社

記事作成会社には、さまざまな分野に特化したWebライターが多く在籍しており、色々な分野の記事作成に対応可能です。

また、Webライターへの記事制作の指揮からライティングまでの一連の業務を全て任せることができます。

編集プロダクションは、紙媒体やWebを問わず出版物の企画から制作までを代行している会社で、記事作成を依頼できるでしょう。

編集プロダクションのメリットは企画力が高く、さまざまな分野の知識・スキルを持ったWebライターが在籍していることです。

さまざまな分野を得意とするWebライターが在籍しているため、基本的なまとめ記事だけでなくSEOに特化したブログ・コラム記事も作成できます。

Webマーケティング会社は、WebサイトやSNSなどのWeb媒体を活用した集客や販売促進を目的とした会社です。

Webマーケティング会社での記事作成のメリットは、SEO対策に特化した記事の作成を依頼できることでしょう。

SEO対策に特化した記事であれば、記事の内容をユーザーのニーズに的確に合わせたものにできるため、多くのユーザーに周知できます。

このように、各会社の業務内容によって得意な分野が異なるので、依頼したい記事作成の内容にあった会社を選択しましょう。

Webマーケティング会社では、企画から編集に至るまでの一連の流れを任せることができるので、初めて記事作成を依頼する方にもおすすめです。

また、記事内容のコピーチェックなどの細かな作業も全て依頼できるのも、大きなメリットでしょう。

企業発注のデメリットとしてあげられるのは、個人に発注した場合に比べると、企業への依頼は高額なことがほとんどです。

また、記事作成に必要な期間が、個人に比べると長期間必要になる傾向にあります。

企業への記事作成依頼は、ある程度の予算が確保可能で期間に余裕があり、高品質な記事を求める際におすすめの方法です。

弊社フラップネクストも、Webマーケティング会社としての知識やスキルを活用した記事の作成が特徴です。

少しでも弊社の記事作成に興味のある方は、弊社のHPをご覧ください。

引用:株式会社フラップネクスト | コンテンツマーケティング

個人に発注した場合のメリット・デメリット

個人に発注するメリット
  1. 低コストで依頼できる
  2. 短期間で納品可能
個人に発注するデメリット
  1. 企画やコピーチェックなどの細かい業務を依頼できない
  2. 良いWebライターが見つかるまでに労力が必要

ここでは、個人に記事作成を発注した場合のメリット・デメリットをご紹介します。

記事作成を個人に依頼する方法は大きく分けて、「個人への直接発注」と「クラウドソーシング経由での発注」に分けられるでしょう。

個人への直接発注を行うには、下記の方法で個人のWebライターを探す必要があります。

個人のWebライターを探す方法
  • SNSでの検索
  • Webライター向けの勉強会
  • Webライター向けの講演会

高品質な記事の作成には、自社の記事のコンテンツに適した個人のWebライターを探し出す必要があります。

自社の記事のコンテンツに合ったWebライターを見つけるまでに、多くの手間や時間が必要になることはデメリットでしょう。

一方でクラウドソーシング経由での個人発注は、クラウドソーシングサイトを利用して個人のWebライターを見つけます。

クラウドソーシングサイトとは、仕事を依頼したい企業と仕事を探している人をインターネット上でマッチングするサービスのことです。

有名なクラウドソーシングサイトには、クラウドワークスやランサーズがあげられるでしょう。

クラウドワークス

出典:https://crowdworks.jp/

クラウドソーシングサイトに在籍しているWebライターは、下記のような人がいます。

クラウドソーシングサイトに在籍しているWebライターの例
  • アマチュアライター
  • プロライター
  • 学生
  • 主婦

上記のようにクラウドソーシングサイトに在籍している人は、知識やスキルのレベルが幅広いことが分かるでしょう。

デメリットとしては、知識やスキルのレベルが不安定なので、高品質な記事の作成が可能なWebライターに巡り合うまでに時間がかかってしまいます。

クラウドソーシングサイトで良いWebライターに巡り会えなかったという方が、弊社にご依頼いただくことも少なくありません。

個人のWebライターへの記事作成依頼のメリットは、企業に発注する場合より低価格で依頼できることです。

また、企業に発注する場合に比べて、短期間で納品できることでしょう。

デメリットとしては、企画やキーワード設定、コピーチェックまで依頼できないことが多いことです。

個人に記事作成を依頼することは、あまり予算を確保できない場合や、企画やコピーチェックなどを自社で行える場合に有効です。

費用対効果の高い記事を作成するためのポイント

費用対効果の高い記事作成のポイント

ここでは、費用対効果の高い記事を作成するためのポイントをご紹介します。

ここでのポイントを意識して記事作成を依頼することで、効率よく高品質な記事を作成できるでしょう。

記事の目的や背景を把握してくれる発注先を選ぶ

記事の最終的な目的や、作成の背景をしっかりと把握してくれる発注先を選択することは、費用対効果の高い記事を作成するためのポイントです。

万が一、目的や背景の共有ができておらず記事作成が進んでしまった場合、何が伝えたいのかがわからない記事が完成してしまうでしょう。

記事作成を依頼する際には、下記の項目をしっかりと共有しておきましょう。

記事作成を依頼する際の共有項目
  • 記事の目的
  • 記事作成の背景
  • 記事を届けたいユーザー層
  • 文字数
  • 記事内に挿入するキーワード
  • 文脈のトーン

この他にも、重要な項目があれば、抜けや漏れのないように事前に共有しておきましょう。

実績や経験のある発注先を選ぶ

フラップネクスト_成功事例

出典:https://flapnext.com/case/

実績や経験のある発注先を選択することも、費用対効果の高い記事を作成するポイントです。

個人であれ企業であれ、発注先が今までどういった記事を作成してきたのか、どれくらいの経験があるのかは重要です。

記事作成を依頼する際には、下記の点を確認しておきましょう。

記事作成を依頼する際の発注先の確認事項
  • 文章力
  • 専門知識の有無
  • 人間性
  • ポートフォリオ

記事作成の発注先が企業であれば、公式HPに掲載していることがほとんどです。

弊社フラップネクストの公式HPでも、上記の画像のように成功事例を掲載しております。

詳しくはこちらをご参照ください。

参照:フラップネクスト|成功事例実績や実際の事例をご紹介

個人のWebライターであれば、クラウドソーシングサイトのプロフィールやSNSのアカウントに掲載されているでしょう。

記事の内容ごとに発注先を変更する

記事の内容ごとに発注先を変更することも、費用対効果の高い記事を作成するポイントです。

一つの企業の中でも、取り扱う記事の分野や種類は異なる場合があるでしょう。

取り扱う記事の分野や種類が異なる場合は、各記事の分野に適した発注先を選択することをおすすめします。

また、高品質な記事を求める際には企業に発注し、品質にこだわらず多くの記事を素早く発注したい場合は個人のWebライターを選択しましょう。

予算を削りすぎない

予算を削りすぎないことも、費用対効果の高い記事を作成するポイントです。

あまりにも低予算で記事作成を依頼すると、低クオリティの記事が納品される可能性があります。

低価格で記事作成を発注できる企業や個人のWebライターは、その分多くの案件をこなす必要があるでしょう。

また、多くの案件をこなす必要があるということは、ひとつの案件に多くの時間をかけられません。

その結果、低品質な記事が作成されてしまうのです。

高品質な記事を作成したい場合は、ある程度の予算を確保することをおすすめします。

個人のWebライターへの発注の場合は文字単価2円以上、企業に発注する場合は文字単価3円以上を目安にしましょう。

コミュニケーションが円滑な発注先を選ぶ

コミュニケーションが円滑な発注先を選ぶことも、費用対効果の高い記事を作成するポイントです。

特に個人のWebライターに依頼をする場合には、下記の点を確認しておきましょう。

個人のWebライターに依頼する場合の確認事項
  • コミュニケーションツールの有無
  • 連絡可能時間帯
  • オンラインミーティングの可否

上記の項目を確認せずに記事作成を依頼した場合、なかなか連絡が取れず意思疎通ができない危険性もあります。

意思疎通ができないと、当初の記事の目的から外れてしまった記事が納品されてしまう可能性もあるでしょう。

一方で企業に依頼する場合は、よっぽどのことがない限り円滑なコミュニケーションが行えるでしょう。

弊社フラップネクストでも、記事作成の途中でも「伝えたいこと」や「注意点」があれば、すぐに対応可能な体制を整えております。

フラップネクストの記事制作の費用と実際の検索順位の事例

フラップネクストの記事作成の費用

事例

事例

事例

記事作成の相場まとめ

記事作成の相場まとめ

この記事では、記事作成の費用や相場を種類別にご紹介しました。

また、費用対効果の高い記事作成を依頼する際のポイントも詳しく解説しました。

費用対効果の高い記事を依頼するためには、作成する記事によって発注先を変えることをおすすめします。

特に、高品質でSEO対策がしっかりと整った記事を依頼するのであれば、Webマーケティング会社などの企業がおすすめです。

弊社フラップネクストでも、さまざまな分野に対応可能なWebライターが多数在籍しております。

お客様の目的や背景をしっかりと把握した上で、高品質でSEO対策の整った記事を作成致しますので、お気軽にご相談ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の記事

オウンドメディアマーケティングとは?実際の成功事例や重要なポイントをご紹介!

オウンドメディアマーケティングとは?実際の成功事例や重要なポイントをご紹介!

View all