2022.9.16 SEO

SEOキーワードの効果的な入れ方とは?検索結果で上位を取るための方法を解説!

SEOキーワードの効果的な入れ方とは?検索結果で上位を取るための方法を解説!

「SEOに効果的なキーワードの入れ方を知りたい!」

「SEOに強いキーワードを選択する際のポイントは?」

多くのユーザーが検索するキーワードを記事の中に入れ込むことで、検索結果での順位を上げられます。

しかし、ユーザーが検索するようなキーワードは、どうやって検索すればいいのでしょうか。

また、SEO対策に効果的なキーワードの入れ方には、どのようなポイントがあるのでしょうか。

上記のような問題を抱えている方へ向けて、この記事ではSEOにおけるキーワードの重要性や、効果的なキーワードの入れ方を詳しく解説します。

この記事を読むことで、SEOに強いキーワードの選択方法から入れ方までの一連の流れを理解でき、検索結果での上位表示を目指せるでしょう。

最後までお読みください。

SEOにおけるキーワードの重要性

SEOにおけるキーワードの重要性_Google検索セントラル

出典:https://developers.google.com/search/docs/advanced/guidelines/webmaster-guidelines?hl=ja&visit_id=637956319376307534-1088943093&rd=1

SEOにおけるキーワードはどのくらい重要なのでしょうか。

Googleの公式ガイドラインによると、ユーザーが検索する可能性の高いキーワードを記事の中に含めることをすすめています。

このことからも分かる通り、検索エンジンで高評価を得るためには、ユーザーのニーズに合ったキーワードを選定する必要があるでしょう。

また、ユーザーのニーズに合ったキーワードを選ぶことができたとしても、そのキーワードを単純に羅列すればいいわけではありません。

ユーザーの求めるキーワードを、後ほどご紹介するタグや文章に適切に入れ込む必要があります。

ユーザーのニーズに合った適切なキーワードを記事に含めることで、検索エンジンからの評価を高めて、検索結果での上位表示を目指すことができます。

このことからも、キーワードの選定や入れ方が重要なことがお分かりいただけるでしょう。

SEO対策にはキーワードの入れ方がポイント

SEO対策にはキーワードの入れ方がポイント

キーワードを入れるには、適切な場所に適切な数のキーワードを入れる必要があるでしょう。

ここでは、SEO対策に必要なキーワードを入れるポイントをご紹介します。

関連・サジェストワードを盛り込む

メインのキーワードに関連したキーワードや、サジェストキーワードを盛り込むことは、SEOに強いキーワードを入れ込む際の大切なポイントです。

サジェストキーワードとは、メインのキーワードと共によく使われるキーワードのことです。

例をあげると「SEO対策」がメインのキーワードだった場合、サジェストキーワードには「初心者」「やり方」などが出てくるでしょう。

記事の内容をメインのキーワードだけでなく、サジェストキーワードにも関連した内容にすることで、よりユーザーのニーズに応えられます。

また、Googleが検索順位を決定する要素の1つとして、「ユーザーが検索する作業をその記事で終わらせているか」が重要となっています。

ユーザーが自社の記事を読むことで必要な情報を得ることができれば、自社の記事を最後に検索を終えるはずです。

このことからも、ユーザーの検索作業を自社の記事で終わらせるためには、ユーザーが求める情報を網羅しておく必要があるでしょう。

しかし、注意点として、サジェストキーワードはさまざまなパターンが考えられます。

そのパターンの全てを1つの記事に盛り込もうとすると、情報が混雑してしまうのでおすすめできません。

サジェストキーワードは、1つの記事に2つまでに留めておくことをおすすめします。

メインキーワードに関連するキーワードやサジェストキーワードを検索するには、ツールの利用がおすすめです。

サジェストキーワード検索ツールを利用することで、ユーザーがよく検索しているキーワードを簡単に調べることができます。

おすすめのサジェストキーワード検索ツールを後ほどご紹介しますので、最後までご覧ください。

ユーザーがよく利用するキーワードを入れる

ユーザーがよく利用するキーワードを調査して、記事に盛り込むことも大切なポイントです。

例えば、「SEO 対策」と「SEO 施策」は似たような表現ですが、ユーザーがよく利用するキーワードが「SEO 対策」であればこちらを選択しましょう。

特に検索エンジンでの検索結果に表示される、タイトルやメタディスクリプションのキーワードは重要です。

タイトルやメタディスクリプションは、ユーザーが一番時初めに目にすることが多いため、この部分のキーワード次第で記事を読むかどうかを決めます。

メタディスクリプションは、検索結果での上位表示に直接的に関係するものではありませんが、ユーザーのクリック率を左右します。

また、記事の導入文のキーワードも重要でしょう。

検索結果でユーザーの興味を引きクリックされたとしても、導入文で興味を引くことができなければ離脱してしまいます。

記事を作成する時には、ユーザーに興味を持ってもらえるようなタイトル、メタディスクリプション、導入文を心がけましょう。

キーワードを自然に盛り込む

キーワードを文章の中に、自然に盛り込むことも重要です。

記事の作成においてキーワードを盛り込むことは大切なことですが、文章が不自然になってしまっては、ユーザーはスムーズに内容を閲覧できません。

例をあげると、下記のような見出しは不自然な例です。

キーワード「SEO対策 初心者 ブログ」の不自然な見出しの例
見出し2:初心者におすすめ!ブログのSEO対策
見出し3:【初心者向け】ブログのSEO対策①
見出し3:【初心者向け】ブログのSEO対策②
見出し3:【初心者向け】ブログのSEO対策③

このように、重要なキーワードを全ての見出しに盛り込むことは、記事の文章として不自然です。

ユーザーにとって読みにくく、不信感を持ってしまう危険性もあるので注意が必要です。

キーワードは、ユーザーが読んでいて不自然にならないように盛り込むことで、ユーザビリティ(ユーザーの利便性)が向上し高評価を得られるでしょう。

キーワードの出現率を記事全体の3〜5%に抑える

キーワードの出現率を記事全体の3%に抑えることも、キーワードを入れる際の大切なポイントです。

記事の内容を執筆する際に自然とキーワードを入れていくことで、通常であれば3〜5%に収まるでしょう。

ポイントとしては、タイトルやメタディスクリプション、導入文には意識的にキーワードを盛り込みましょう。

その他の文章には、特に意識せず自然とキーワードを使用することで、記事全体の5%以内に収まります。

重要なのは「記事の中にキーワードを羅列しすぎない」ということを覚えておきましょう。

SEOに強いキーワードの入れ方

SEOに強いキーワードの入れ方

ここでは、SEOに強いキーワードの入れ方をご紹介します。

基本的な記事では、上記の箇所にキーワードを入れることでSEO対策を行うことができるでしょう。

しかし、より効果的なSEO対策を行うためには、上記以外にもさまざまな箇所が存在します。

弊社フラップネクストでは、SEOに強いキーワードの入れ方はもちろん、その他のSEO対策にも幅広く対応しております。

SEO対策のことでお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください!

h1|キーワードの入れ方で最も重要

h1は記事の構成を作り上げる見出しのことで、記事の内容を表す本の表紙のような役割があります。

h1は「見出し1」や「大見出し」とも呼ばれ、HTMLコードでは<h1>で囲われています。

検索エンジンやユーザーに対して、記事の内容を正しく伝えるために重要な部分なので、キーワードを適切に設置する必要があるでしょう。

例をあげると、今見ていただいてる本記事のキーワードは「seo キーワード 入れ方」なので、h1には下記のような見出しを設定しています。

SEOキーワードの効果的な入れ方とは?検索結果で上位を取るための方法を解説!

h1にキーワードを入れる際に大切なポイントは、重要なキーワードを前方に持ってくることです。

重要なキーワードを前方に設置しておくことで、検索エンジンやユーザーはその記事の内容をすぐに理解できるでしょう。

例えば、本記事のキーワードを使って下記のようなタイトルが並んでいた場合、高いクリック率を得られる見出しは①となります。

①SEOキーワードの効果的な入れ方とは?検索結果で上位を取るための方法を解説!
②検索結果で上位を獲得しよう!SEOに効果的なキーワードの入れ方
③検索の上位をとるためには?SEOに強いキーワードの入れ方をご紹介!

ちなみに、h1見出しに似たようなタグとして「titleタグ」が存在します。

h1見出しとtitleタグのSEOにおける意味合いは異なりますが、WebサイトをWordPressで作成していれば、同じものが反映されるように設定されています。

WordPress以外でWebサイトを運営している場合は、別々に設定する必要があるでしょう。

titleタグに適切にキーワードを入れる方法については、次の章でご紹介しています。

titleタグ|ユーザーの目に最初に触れる

SEOに強いキーワードの入れ方_titleタグ

titleタグは、ユーザーの目に最初に触れる文章なので、キーワードを入れる際に大切な場所です。

titleタグは、検索エンジンでの検索結果に表示されるため、ユーザーの興味を引く内容にする必要があるでしょう。

またtitleタグにキーワードを入れる際には、h1の設定と同様に重要なキーワードを前方に配置することをおすすめします。

titleタグの前方に重要なキーワードを配置することで、ユーザーの興味を引きつつ、記事の内容をすぐに把握してもらえるでしょう。

また、ユーザーの興味を引くことができれば、クリック率を高められます。

前述したようにWordPressを利用したWebサイトであれば、記事を作成する際にh1とtitleタグには同じ内容が設定されます。

しかし、h1とtitleタグを別の内容にしたい場合は、HTMLコード内の<title>タグの部分の文章を変更することで反映されるでしょう。

また、titleタグのキーワードの入れ方には、上記の他にもSEO対策できる方法が存在します。

具体的なh1やtitleタグの設定方法を知りたい方は、こちらの記事もご参照ください。

参照:SEOに強いタイトル(titleタグ)の付け方とは?文字数や設定方法を具体的に解説!

meta descriptionタグ|記事の概要を伝える

SEOに強いキーワードの入れ方_metadescription

meta descriptionタグも、ユーザーに対して記事の概要を説明する重要な部分なので、キーワードの入れ方に注意しましょう。

meta descriptionタグとは、検索エンジンでの検索結果titleタグの下に表示される、記事の概要を説明する文章のことです。

検索エンジンはmeta descriptionタグに記載してある文章を元に、記事の内容を把握します。

記事の内容を検索エンジンにスムーズに理解してもらうために、meta descriptionタグに重要なキーワードを盛り込みましょう。

また、meta descriptionタグは、ユーザーに記事の内容を伝えるためにも大きな役割を果たします。

ユーザーに対して記事に書かれている内容を事前に伝えられるので、重要なキーワードを盛り込むことでクリック率の向上を目指せるでしょう。

さらにmeta descriptionタグに重要なキーワードを含めると、重要なキーワードが太字で表示されるのも大きなポイントです。

このように、meta descriptionタグに重要なキーワードを含めることは、検索エンジンとユーザーの両方に効果的です。

注意点としては、meta descriptionタグに入力する文章は120文字以内に収めることをおすすめします。

120文字を超えてしまった場合、超えてしまった文章は「…」と表示され見れなくなってしまうためです。

meta descriptionタグを設定する際には、下記のポイントを抑えておきましょう。

meta descriptionタグを設定する際のポイント
  • 120文字以内に収める
  • 重要なキーワードは前方に配置する
  • ユーザーのニーズに合った文章を作成する

meta descriptionタグ以外にも、SEOに効果的なmetaタグの設定方法が存在します。

metaタグについてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてください。

参照:metaタグとは?SEO対策に効果的なタグの種類と書き方を詳しく解説!

見出し(h2,h3)|構成を整える

記事の構成を整えるための見出しにも、重要なキーワードを盛り込みましょう。

見出しにキーワードを入れ込むことで、ユーザーはどの章を見れば必要な情報を得られるのかをすぐに理解できるでしょう。

見出しにキーワードが入れられておらず最適化されていない場合、記事から離脱してしまうユーザーが増加してしまう可能性もあります。

特に見出し2(h2)には、ユーザーにとって不自然にならないように重要なキーワードを必ず入れておきましょう。

逆に見出し3(h3)に関しては、重要なキーワードを必ず入れる必要はありません。

キーワードを入れ込むことに集中しすぎて、文章が不自然にならないように気をつけましょう。

本文|キーワードの出現率が大切

本文は、重要なキーワードを元にした内容を入れる必要があるので、重要なキーワードは自然と盛り込まれることになるでしょう。

本文においてキーワードを入れる際に注意しておきたいことは、前述したキーワードの出現率です。

重要なキーワードを入れ込むことを重視しすぎて、キーワードを羅列してしまった場合、スパムとみなされてしまう可能性があります。

スパムとみなされた場合、検索エンジンからペナルティを言い渡されてしまいます。

検索エンジンからのペナルティの例
  • Webサイトの評価の低下
  • 検索順位の低下
  • 検索結果からの削除

本文だけに限らずですが、記事を作成する際にはユーザーの利便性を一番に考えることが重要です。

ユーザーが読みやすく理解しやすい記事を作成するという基本を忘れずに、重要なキーワードを自然に入れ込みましょう。

キーワード入れにおすすめSEOツール3選!

キーワード入れにおすすめSEOツール

ここでは、キーワードを選定する際におすすめのSEOツールをご紹介します。

キーワードの入れ方はもちろんですが、適切なキーワード選びも重要です。

ここでご紹介するツールを利用することで、ユーザーのニーズに合ったキーワードを選ぶことができるでしょう。

キーワードプランナー

キーワード入れにおすすめSEOツール_キーワードプランナー

キーワードプランナーはGoogleが提供しているSEOツールで、Google広告に出稿するためのツールです。

しかし、Google広告への出稿以外にも、キーワードに関する便利な機能が利用できます。

キーワードプランナーで利用できる機能には、下記のようなものがあります。

キーワードプランナーで利用できる機能の例
  • 対象キーワードの月間検索量の調査
  • 新規キーワードの選定
  • 過去データを元にした流行キーワードの検索

キーワードプランナーを活用することで、対象となるキーワードの検索ボリュームを確認できます。

また、Googleの今までの検索傾向のデータを元にして、季節などの要因で変化するキーワードの検索も可能です。

メインのキーワードの検索はもちろんのこと、そのキーワードに関連するキーワードの検索もできます。

メインキーワードの関連するキーワードの組み合わせで、上位表示を目指せるかどうかの指標も確認できるので、効率的なキーワードの選定ができるでしょう。

前述した通り、キーワードプランナーは元々Google広告への出稿を目的としたツールではありますが、SEO効果の高いキーワード選定に大いに役立ちます。

メインとなるキーワードの選定だけでは、記事の内容の幅が広すぎてユーザーのニーズに合わせることが難しいですよね。

しかし、キーワードプランナーを利用することで、検索順位を上げられる可能性の高い関連キーワードを効率よく選択できるでしょう。

ユーザーのニーズや、流行のキーワードは常に変化します。

キーワードプランナーをうまく活用して、ユーザーのニーズに合ったキーワードを正しく選択しましょう。

Keyword Tool

キーワード入れにおすすめSEOツール_キーワードツール

Keyword Toolは前述したキーワードプランナーと同様に、無料で利用可能なキーワード選定ツールです。

特徴として、キーワードプランナーよりもさらに詳細なキーワードを発見することができ、多くのWebマーケターに利用されています。

Keyword Toolには、その他にも下記のような特徴があります。

Keyword Toolの特徴
  • アカウント作成の必要がなく、すぐに利用できる
  • Googleの検索結果より750ものキーワードをすぐに検索
  • 有料版では、さらに多くの関連キーワードの取得ができる

Keyword Toolは、基本的な機能が無料で利用可能です。

しかし、さらに便利な機能を利用したいという方には、有料版をおすすめします。

Keyword Toolの有料版には、下記のような機能が搭載されています。

Keyword Toolの有料版での機能
  • クリック単価の確認
  • Excel、CSVファイルでのエクスポート
  • 多くの関連キーワードの取得・解析
  • 無料版と比較して2倍以上のキーワードを検索可能

キーワードファインダー

キーワード入れにおすすめSEOツール_キーワードファインダー

キーワードファインダーは、SEOに効果的なキーワードの選定ができるSEOツールです。

キーワードファインダーでは、下記のような便利な機能が利用できます。

キーワードファインダーの便利な機能
  • 登録したWebサイトのキーワードの管理
  • 新規キーワードの検索
  • キーワードマップでの関連キーワードの自動取得
  • キーワードの順位の表示
  • 平均クリック単価の表示

キーワードファインダーを利用することで、メインのキーワードの取得や関連するキーワードの自動取得が可能です。

さらに、対象となるキーワードの現在の検索順位やクリック単価も表示できるので、よりSEOに効果的な対策を行うことができるでしょう。

キーワードファインダーは無料でも利用可能ですが、便利な機能を利用したい場合は有料版をおすすめします。

スマートフォンや海外のWebサイトにも対応しているので、グローバルなSEO対策の戦略を立てたい方にもおすすめです。

キーワードの入れ方を正しく理解して効果的にSEO対策しよう!

キーワードの入れ方を正しく理解して効果的にSEO対策しよう

この記事ではSEOにおけるキーワードの重要性や、効果的なキーワードの入れ方を詳しく解説しました。

SEOに強いキーワードの入れ方は、下記の通りです。

キーワードの選定や入れ方は、SEO対策において非常に重要です。

SEOに強いキーワードを入れることで、ユーザーの興味を引いて流入数を上げるだけでなく、利便性も向上します。

また検索エンジンに対しても、記事の内容をスムーズに把握してもらうことで、検索順位の向上につながるでしょう。

しかし、ユーザーのニーズに合ったキーワードの選定には、さまざまな情報やツールを駆使する必要があります。

弊社フラップネクストでは、SEOに強いキーワードの選定や入れ方をはじめ、さまざまなSEO対策をサポートしております。

SEO対策について少しでも悩みや問題がある方は、いつでもご相談ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の記事

【2022年最新】SEO対策に効果的なHTMLコード9つの書き方を解説!

【2022年最新】SEO対策に効果的なHTMLコード9つの書き方を解説!

View all