2022.9.25 SEO

サイトマップとは?SEO効果を上げるための作成方法やおすすめのツールを詳しく解説!

サイトマップとは?SEO効果を上げるための作成方法やおすすめのツールを詳しく解説!

「SEOにおけるサイトマップの作成方法を知りたい!」

「サイトマップってどんなメリットがある?」

サイトマップとは、ユーザーや検索エンジンに対してWebサイトの構造を伝える役割があります。

サイトマップを作成することで、ユーザーの利便性の向上や、検索エンジンからの評価を上げることができるでしょう。

しかし、サイトマップの作成にはある程度のHTMLコードの知識が必要になるため、上記のような問題を抱えている方もいることでしょう。

そこでこの記事では、SEOにおけるサイトマップの適切な作成方法を詳しく解説します。

また、SEO効果を最大限に高めるためのポイントもご紹介します。

この記事を読むことで、サイトマップに関する正しい知識を得た上で、SEOに効果的なサイトマップの作成ができるでしょう。

最後までお読みください。

サイトマップとは?Webサイトの構造を伝えるために重要

SEOに効果的なサイトマップとは_福岡銀行サイトマップ

出典:https://www.fukuokabank.co.jp/sitemap/

サイトマップとは、ユーザーや検索エンジンに対してWebサイトの存在や構造を伝えるために重要な役割を果たします。

サイトマップには「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」の2つの種類が存在します。

  • XMLサイトマップとは:検索エンジンへサイトの構造を適切に伝えるサイトマップ
  • HTMLサイトマップとは:ユーザーの利便性を向上できるサイトマップ

HTMLサイトマップは、主にユーザー向けのサイトマップであり、サイトの構造を分かりやすく伝えることでユーザーの利便性を向上できるでしょう。

一方でXMLサイトマップは、検索エンジンに向けたサイトマップで、作成することによって検索エンジンへスピーディに的確にWebサイトの構造を伝えられます。

どちらのサイトマップも、適切に設定することでユーザーや検索エンジンがスムーズにWebサイトを認識できます。

また、この2つのサイトマップが適切に作成されていない場合、サイト構造が明確にならずユーザーや検索エンジンに認識されないページが出てしまうでしょう。

サイトマップの作成によってとどこおりなくWebサイトを認識してもらうことで、結果的に良いSEO効果を得られます。

サイトマップが必要なWebサイトとは?

サイトマップが必要なWebサイトとは

サイトマップの作成は、Webサイトが大規模になるほど大きなSEO効果を発揮します。

しかし、Webサイトの規模が小さくても、サイトマップを作成しておきましょう。

Googleの公式ブログでも、サイトマップの作成がWebサイトを最適化する上で、大切な要素ということがしっかりと明記されています。

サイトマップを送信 することは、サイトを最適化する上で重要な要素の一つです。サイトマップを送信することで、あるサイトに存在するすべての URL を検索エンジンが発見できるようになり、ページの内容が変更された時に素早くダウンロードすることが可能になります。

引用:https://developers.google.com/search/blog/2014/10/best-practices-for-xml-sitemaps-rssatom?hl=ja

サイトマップを作成することで、検索エンジンからWebサイトの構造を正しく認識してもらい、Googleからの評価を上げられるでしょう。

下記の項目に当てはまるWebサイトは、サイトマップを作成することをおすすめします。

サイトマップが必要なWebサイトの例
  • Webサイトの規模が大きい
  • 内部、外部リンクが少ない
  • Webサイト内でニュースコンテンツを扱っている
  • Webサイト内でリッチメディア(デジタル広告)コンテンツを扱っている

内部リンクや外部リンクが少ない小規模のWebサイトも、サイトマップを作成しておきましょう。

また、Googleではサイトマップが必要なWebサイトかどうかの指標を提供しているので、確認することをおすすめします。

参照:Google検索セントラル|サイトマップについて

上記の方法でも、サイトマップが必要かどうかの判断が難しい場合は、弊社フラップネクストにご相談ください。

皆様のWebサイトに適切なサイトマップの必要性を、SEO対策のあらゆる角度から診断致します。

サイトマップの種類と特徴

SEOに効果的なサイトマップの種類と特徴

ここでは、HTMLサイトマップとXMLサイトマップのそれぞれの特徴をご紹介します。

HTMLサイトマップ

HTMLサイトマップ_フラップネクスト

出典:https://flapnext.com/

HTMLサイトマップを作成することで、ユーザビリティ(ユーザーの利便性)を向上できます。

上記画像は、弊社HPのサイトマップです。

このようにWebサイト全体の構造を分かりやすく表記することで、ユーザーは目的のページにすぐにたどり着くことができます。

Webサイトの規模が大きくなると、ページ数が増えるためユーザーは目的のページを探すまでに手間や時間がかかってしまいますよね。

Webサイト内の構造を一目で分かるようにサイトマップを作成することで、ユーザーは目的のページをすぐに見つけられるでしょう。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップとは、検索エンジンのクローラー(巡回システム)に対して、Webサイト内の構造を正しく伝える役割があります。

XMLサイトマップはHTMLサイトマップと違いテキスト形式なので、ユーザーが目にすることはないでしょう。

検索エンジンのクローラーは、一般的に内部リンクをたどってWebサイト内をクロール(巡回)します。

しかし、内部リンクが少ないWebサイトの場合、うまくクロールできずにWebサイト内のページを見落としてしまう可能性があります。

XMLサイトマップを正しく作成しておくことで、クローラーはスムーズに適切なクロールを行うことができるでしょう。

HTMLサイトマップを作るメリット・SEOの効果

HTMLサイトマップを作るSEO効果

HTMLサイトマップを作成するメリットは、前述した通りユーザビリティの向上があげられます。

HTMLサイトマップを作成することで、Webサイト内でユーザーを目的のページに導く、道案内の役割を果たしてくれます。

HTMLサイトマップが整っていない場合、ユーザーは目的のページにスムーズにたどり着けないため、ページから離れてしまう危険性があるでしょう。

また、ユーザーがページから離れてしまうと、検索エンジンはそのWebサイトがユーザーのニーズを満たしていないと判断し、SEOの評価を下げてしまいます。

HTMLサイトマップを作成することで、ユーザビリティを向上し、結果的にSEOに良い影響を与えます。

XMLサイトマップを作るメリット・SEOの効果

XMLサイトマップを作るSEO効果

XMLサイトマップを作成するメリットは、検索エンジンのクローラーからWebサイトをスムーズに把握してもらうことです。

Webサイトをスムーズに把握してもらうことで、検索エンジンでの検索結果にすぐに表示されるようになるため、Webサイトの改善点の把握を早めに行えるでしょう。

前述したサイトマップが必要なWebサイトに、XMLサイトマップを作成することで、大きなSEO効果を見込めます。

XMLサイトマップのファイルには、下記のような情報が含まれています。

XMLサイトマップに含まれる情報の例
  • ページの内容、構成
  • 更新頻度
  • 最終更新日時
  • Webサイト内でのページの重要度

このようなWebサイト内の細かな情報を、検索エンジンのクローラーに正しく伝えることで、クロールを効率化できます。

HTMLサイトマップを簡単に作る方法

HTMLサイトマップの作り方

ここでは、HTMLサイトマップの作成方法をご紹介します。

HTMLサイトマップを作成する方法は、大きく分けて「手動による作成」と「WordPressプラグイン」の2種類が存在します。

HTMLサイトマップの手動での作成方法

HTMLサイトマップを手動で作成する場合は、Webサイト内のページのリンクをHTMLタグで囲うことで作成します。

HTMLタグは主にリストタグである「ulタグ」か「liタグ」を使用して、Webサイトのページの構造をイメージしながら作りましょう。

HTMLサイトマップの作り方_手動での作成方法

出典:https://www.fukuokabank.co.jp/sitemap/

上記画像のように、Webサイト内のページのタイトルにリンクを設置し、アンカーテキストとして表示します。

大きなカテゴリーの中に、さらに詳細なカテゴリーのページが存在する場合は、階層を分けて作成しましょう。

階層を分けることでサイトマップ全体が見やすくなり、ユーザビリティを向上できます。

【WordPress】プラグインを使って作る

HTMLサイトマップを作成する方法として、WordPressのプラグインを利用する方法もあります。

この方法は、WordPressを使ってWebサイトを作成している場合に限りますが、手動で作成するよりも簡単にサイトマップが作成できます。

HTMLサイトマップを作成できるWordPressのプラグインは、下記がおすすめです。

HTMLサイトマップ作成におすすめのWordPressプラグイン
  • PS Auto Sitemap:日本人が開発した利用しやすいプラグインで、スタイルを手軽に変更できるのが特徴
  • Simple Sitemap:複雑なコードを入れることなく、シンプルにページを一覧にできるプラグイン
  • WP Sitemap Page:カテゴリー別に階層表示でき、さまざまなサイトマップの形態に柔軟に対応できるプラグイン

XMLサイトマップを簡単に作成する方法

XMLサイトマップの作り方

ここでは、XMLサイトマップを簡単に作成する方法をご紹介します。

XMLサイトマップの基本構造を理解しよう

XMLサイトマップを使ってSEO効果を高めるためには、XMLサイトマップの基本的な構造を理解しておきましょう。

XMLサイトマップは大きく分けて「urlタグ」と「locタグ」の2つのタグで構成されています。

特にlocタグが存在するかどうかでXMLタグの設定方法が変わり、構造が変化することを覚えておきましょう。

locタグには、下記のような用途を持ったタグが存在します。

locタグの用途の例
  • カテゴリー別のURLが記載されたタグ
  • 画像・動画を検索エンジンに認識させるためのタグ
  • トップページやHTMLサイトマップのURLが記載されたタグ

上記のようなさまざまな目的を持ったlocタグが存在することで、XMLサイトマップが作成されます。

またlocタグの種類によって、XMLサイトマップの構造が変化します。

XMLサイトマップの作成方法には、手動作成やWordPressのプラグインなどの種類がありますよね。

しかし、どの作成方法においても重要なことは、検索エンジンのクローラーがWebサイト内に存在するページをスムーズに認識するように作成することです。

書き方①基本的な入力

XMLサイトマップの基本的な入力方法は、下記をご覧ください。

上記のように表記することで、検索エンジンにクロールされやすいXMLサイトマップを作成できます。

各XMLタグの内容は、下記の通りです。

XMLタグの内容の例
  • <urlset>:全体を囲むタグ
  • <url>:各URLの親タグ
  • <loc>:ページのURL
  • <lastmod>:ファイルの最終更新日
  • <changefreq>:ページの更新頻度
  • <priority>:URL の優先度を0.0〜1.0で表記

上記の項目を埋めていきファイルを「.xml」にすることで、XMLサイトマップを作成できるでしょう。

XMLサイトマップを手動で入力するには、HTMLコードなどの専門的な知識が必要です。

弊社フラップネクストでは、SEOに効果的なXMLサイトマップを皆様のニーズに合わせて作成致します。

また、その他にも簡単に手っ取り早くXMLサイトマップを作成したい方は、ツールやWordPressプラグインの活用がおすすめです。

ツールやWordPressプラグインについては、次の章でご紹介します。

書き方②ツールを利用する

XMLサイトマップは、ツールを活用することで手動作成よりもスムーズに作成できます。

XMLサイトマップを作成できるおすすめのツールは、下記の通りです。

XMLサイトマップ作成におすすめのツール
  • sitemap.xml Editor:ツールのインストールや登録なしで、初心者でも簡単にXMLサイトマップを作れる
  • Xml-Sitemap.com:日本語対応していないが、無料で最大500ページのXMLサイトマップを作成できる
  • Sitemap Creator:画像や動画のサイトマップにも対応可能なXMLサイトマップ作成ツールで、ドメインとページ数の登録無制限

書き方③WordPressプラグインを利用する

HTMLサイトマップの作り方_WordPressプラグイン

出典:https://ja.wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/

ここでは、WordPressプラグインを利用したXMLサイトマップの作成方法をご紹介します。

XMLサイトマップをWordPressプラグインで作成する場合、「Google XML Sitemaps」というプラグインがおすすめです。

Google XML Sitemapsには、下記のようなメリットがあります。

Google XML Sitemapsのメリット
  • 記事を公開・更新するたびにサイトマップを自動生成する
  • サイトマップが作成されるたびに自動で検索エンジンに通知する
  • Googleが推奨しているXMLサイトマップの作成方法に沿っている
  • 検索エンジンに認識してほしいページを指定できる

Google XML Sitemapsの利用方法は下記の通りです。

Google XML Sitemapsの利用方法
  1. WordPress管理画面のメニューにある「プラグイン」「新規追加」をクリック
  2. 「Google XML Sitemaps」と検索
  3. 「今すぐインストール」「有効化」をクリック
  4. WordPress管理画面のメニューから「インストール済みプラグイン」をクリック
  5. Google XML Sitemapsの「設定」をクリック
  6. 「Notify Google about updates of your site」にチェックを入れることで、Googleに自動通知する
  7. 「設定を更新」をクリック

上記の設定以外にも、Webサイトの更新頻度や最終更新日などの設定も行っておきましょう。

設定が反映されているかどうかは、設定した「http://○○.jp/sitemap.xml 」のURLにアクセスすることで確認できます。

XMLサイトマップでSEO効果を高めるためのポイント

XMLサイトマップのSEO対策

ここでは、XMLサイトマップでSEO効果を高めるためのポイントをご紹介します。

存在しないURLを使用しない

存在しないURLを使用しないことは、SEO効果を高めるためのポイントです。

手動でXMLサイトマップを作成する場合、人的ミスなどにより存在しないURLを選択してしまう危険性があります。

また、存在しないURLを選択してしまうと、検索エンジンからの評価が下がってしまいます。

WordPressプラグイン等であれば、URLを自動で取得・更新してくれるため問題ありません。

手動でXMLサイトマップを作成している場合、コンテンツの増加や削除があった際には、必ずサイトマップ内のURLも変更しておきましょう。

優先度を意識しない

サイトマップの設定の中に「優先度(priority)」があります。

しかし、検索エンジンはこの優先度の設定を評価の対象にしません

また、設定したとしてもSEO効果に影響はないので、何も記述しないことをおすすめします。

容量やURLの数が制限を超える場合はサイトマップを分割する

容量やURLの数が制限を超えてしまう場合は、サイトマップを分割することでSEO効果を上げられます。

XMLファイルには5万URLまで設定でき、ファイルは50MBまでの制限があります。

このURL数やファイルの容量を超えてしまう場合は、サイトマップを分割することで検索エンジンがスムーズにクロールできるでしょう。

また、画像・動画ファイルがある場合はそれぞれにまとめておくことで、認識されやすくなりSEO評価を上げることができます。

手動の場合は定期的な更新が必要

手動でXMLサイトマップを作成した場合は、定期的な更新を忘れないようにしましょう。

Webサイト内でコンテンツの追加や削除が発生するたびに、XMLサイトマップも同様に更新することをおすすめします。

またECサイトやポータルサイトのように、たくさんのコンテンツが更新されるサイトであれば、1週間に1回などの定期的な更新を行いましょう。

XMLサイトマップをGoogleに定期的に送信しよう!

XMLサイトマップのSEO対策_Googlesearchconsole

出典:https://search.google.com/search-console/about

XMLサイトマップを作成したら、Googleに定期的に送信することが重要です。

最新のWebサイトの情報をGoogleに定期的に送信することで、検索結果での表示がスピーディになります。

Googleへの定期的な送信は「Google Search Console」を利用しましょう。

Google Search Consoleを使った、送信方法は下記の通りです。

Google Search Consoleでのサイトマップの送信方法
  1. Google Search Consoleを開く
  2. 左側メニューの「インデックス」「サイトマップ」をクリック
  3. 「新しいサイトマップの追加」に「sitemap.xml」と入力
  4. 「送信」をクリック

Webサイト情報の定期的な更新を行うことで、検索エンジンは常に最新の情報を認識して、検索結果に表示できます。

最新の情報を検索結果に表示できれば、ユーザビリティが向上し、Webサイトの評価も向上するでしょう。

サイトマップを正しく作成して、サイトの構造を分かりやすく伝えよう!

サイトマップを正しく理解して、SEO効果を高めよう

この記事では、SEOにおけるサイトマップの適切な作成方法を詳しく解説しました。

サイトマップには「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」があり、ユーザーや検索エンジンがWebサイト内のページを正しく認識するために必要です。

特にXMLサイトマップは、SEO効果を高めるために重要な役割があるため、下記のポイントを抑えた上で作成することをおすすめします。

サイトマップの作成方法には、さまざまな種類が存在します。

弊社フラップネクストでは、皆様のWebサイトの目的や背景に合ったサイトマップの作成をサポート致します。

SEOに効果的なサイトマップを作成したい方は、お気軽にご相談ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の記事

SEOキーワードの効果的な入れ方とは?検索結果で上位を取るための方法を解説!

SEOキーワードの効果的な入れ方とは?検索結果で上位を取るための方法を解説!

View all