2022.9.16 SEO

リライトとは?SEO効果を最大限に高める具体的なやり方をご紹介!

リライトとは?SEO効果を最大限に高める具体的なやり方をご紹介!

「SEOにおけるリライトの方法を知りたい!」

「リライトが必要な記事ってどんな記事?」

SEO対策を徹底した高品質な記事を公開しても、なかなか検索順位が上がらないことがあります。

また、検索順位が一時的に上がったとしても、その後徐々に順位が下がってしまうことがありますよね。

そんな状況を解決する方法が「リライト」です。

継続的に多くの集客を行うWebサイトを運営するためには、公開した記事の「リライト」を行う必要があります。

リライトを行うことで、検索エンジンからの高評価を獲得でき、記事を公開した後も継続してコンテンツを上位に表示できるでしょう。

この記事では、具体的な記事のリライト方法をご紹介します。

また、リライトが必要な記事の見分け方や、リライトする際の重要なポイントもご紹介します。

この記事を読むことで、具体的なリライト方法を理解し、検索順位に伸び悩んだ記事を再度上位に引き上げられるでしょう。

最後まで、お読みください。

リライトとは?SEOとの関連性

リライトとSEOの関連性

ここでは、リライトがSEOの最適化にどう関連するのかをご紹介します。

SEOにおけるリライトの重要性を理解することで、より具体的な知識を深められるでしょう。

SEOにおいてリライトが大切な理由

Googleのコアアップデートについて

出典:https://developers.google.com/search/blog/2022/05/may-2022-core-update

SEOにおいてリライトが大切な理由は、SEO対策を行った記事が検索結果で一度上位に表示されたとしても、永久に上位に表示されるわけではないからです。

そのため記事を公開した後でも、継続的に検索結果に上位表示されるためには、同じコンテンツ市場の傾向を定期的に調査する必要があります。

また、同じコンテンツ市場の傾向の調査を元に、自社コンテンツを検索エンジンから高評価を得られるような内容に更新し続ける必要があるでしょう。

Googleにはアルゴリズムが存在し、アルゴリズムの要素を定期的にアップデートしています。

Googleアルゴリズムのアップデートは、日々の小さなものからペンギンアップデートやパンダアップデートなどの大きなものまでさまざまです。

Googleアルゴリズムのアップデートが行われる度に、記事のコンテンツが上位に表示される仕組みも変更されてしまいます。

リライトを行わなければ、アップデートに適応できずに検索順位が下がってしまう可能性があるのです。

そこで、リライトを通して最新のトレンドや情報を追いかけつつ、検索エンジンから高評価を得られるコンテンツへの改良が大切です。

新しいコンテンツを生み出すことももちろん大切ですが、過去に作成したコンテンツを定期的にメンテナンスすることをおすすめします。

リライトはタイミングが重要

前の章では、リライトの重要性をご紹介しました。

しかしリライトを行うには、やみくもに行うのではなく「タイミング」が重要になってきます。

結論、リライトを行うタイミングは、記事の数が50〜100記事を超えてきたタイミングが一番効果的とされています。

リライトで効率的に上位表示させるためには、メディアやコンテンツ市場の状況をしっかりと確認しながら、適切なタイミングを見定める必要があるでしょう。

Webサイトを立ち上げたばかりの初期段階では、定期的な記事のリライトではなく新しい記事の作成を行うことをおすすめします。

なぜならある程度の記事数が存在しなければ、検索エンジンから適切な評価を貰えない場合があるからです。

Webサイトを立ち上げたばかりの時は、検索順位も伸び悩むことがほとんどなので、努力と忍耐を忘れないようにしましょう。

Webサイト内の記事数が50〜100記事を超えてきたら、徐々に過去の記事のリライトを行っていきましょう。

50〜100記事という数字はあくまでも目安の数値のため、下記のようなさまざまな要素によってタイミングは変化します。

リライトを行うタイミングが変化する要素
  • 業界
  • コンテンツのジャンル
  • Webサイトの評価
  • リライトスキル

リライトを行うタイミングとして、下記を目安にすることで効率的に上位表示を目指せるでしょう。

リライトを行う記事数の目安
  • 〜100記事:新規記事作成に注力
  • 100〜300記事:新規記事、リライト両方に注力
  • 300記事以上:リライトに注力

上記の数字はあくまでも目安の数値です。

もし、皆様のWebサイトの記事をどのタイミングでリライトすれば良いかわからない場合は、こちらからお気軽にご相談ください。

弊社、フラップネクストに在籍しているリライトに関する知識やスキルが豊富なスタッフが、皆様の状況に寄り添った解決策を考案させていただきます。

どんな記事にリライトが必要なのか?リライト記事の見つけ方

リライトが必要な記事の見つけ方

ここでは、どんな記事にリライトが必要なのかをご紹介します。

リライトが必要な記事を正しく見極められることで、無駄な手間や時間を削減でき、より効率的に検索順位を上げられるでしょう。

検索順位が低い

検索エンジンでの検索順位が低い記事は、リライトが必要な記事です。

検索順位が低い記事をリライトする際の重要なポイントは、検索順位が低い記事を精査して優先順位をつけることです。

検索順位が低い記事をリライトする際に、特に優先すべき記事は「もう少しで検索結果の1ページ目に上位表示される」記事です。

また、現在の検索順位が6〜20位前後で、「もう少しでクリック率が高い5位以内に入る」記事も優先しましょう。

上記のような記事は、検索エンジンからすでにある程度評価を得ています。

しかし、検索エンジンがユーザーに対して本当におすすめしたい記事には、あと少し何か決め手が必要と判断されています。

そのため、上記のような記事の内容を競合他社の記事と比較し、リライトを行うことで上位表示を目指せるでしょう。

クリック率が低い

クリック率が低い記事も、リライトが必要な記事のひとつです。

クリック率を上げて集客する場合は、検索順位がある程度高い記事なのに、クリック率が上がっていない記事を対象にリライトしましょう。

基本的な考えとして、記事の検索順位が高ければ、検索順位と比例してクリック率も上昇します。

しかし、記事が上位表示されているにも関わらずクリック率が低い場合は、ユーザーの求めているようなタイトルが付けられていない可能性が高いです。

こういった記事のクリック率を上昇させるには、検索結果の画面に表示されるタイトルやディスクリプションの内容を改善しましょう。

ディスクリプションとは、検索結果のタイトルの下に表示される記事の内容を説明する文章のことです。

タイトルやディスクリプションの内容を、ユーザーが「もっと詳しく見てみたい」と思えるようなものにすることが重要です。

表示回数が低い

表示回数が低い記事も、リライトが必要です。

クリック数がある程度高い数値なのに表示回数が少ない場合、検索画面ではユーザーの集客ができていますが、目にあまり触れられていないということです。

このような状況の原因として考えられるのは、「記事のキーワードを検索している人が少ない」または「検索順位が低い」可能性があります。

記事のキーワード選定は、記事のニーズを大きく左右する重要なポイントです。

記事のキーワードがあまり検索されないものである場合、キーワードを再選定してリライトすることが重要です。

キーワード選定を行う上で、Googleが提供している「キーワードプランナー」をおすすめします。

対象の記事で利用しているキーワードが、月にどれだけ検索されているのかを調査しましょう。

表示回数にまだ伸びしろがあるのであれば、同じキーワードで上位表示されている記事を調査し、リライトを行いましょう。

ページの滞在時間が短い

ページの滞在時間が短い記事も、リライトが必要な記事の1つです。

ある程度のアクセス数がある記事だったとしても、ユーザーが記事に滞在する時間が短い場合、リライトが必要です。

ユーザーが記事から離脱してしまう理由には、下記のような例があります。

ユーザーが離脱してしまう理由
  • 記事のタイトルと内容が一致していなかった
  • 記事の内容が面白くない、わかりづらい
  • デザインが悪く、読みにくい
  • 誤字脱字が多い

せっかく記事に流入してきたユーザーが、上記のような理由で離脱してしまってはGoogleからの評価が下がってしまう可能性があります。

Webサイトが低評価になってしまう前に、ユーザーの滞在時間が短い記事はリライトを行いましょう。

ユーザーの滞在時間を確認するためには、Googleアナリティクスやヒートマップなどのツールを活用することをおすすめします。

【事例あり!】具体的なリライトのやり方

SEOに効果的なリライト方法

ここでは、リライトの具体的な方法をいくつかご紹介しましょう。

ここでご紹介する方法以外にも、リライトにはさまざまな施策が存在します。

弊社フラップネクストでは、リライトの経験豊富なスタッフが皆様の記事の問題に合った施策を考案、遂行させていただきます。

お気軽にご相談ください。

タイトル・見出しにキーワードを入れる

SEOに効果的なリライト_タイトルや見出しにキーワードを入れる

タイトルや記事内の見出しにキーワードを入れることは、リライトの中の大切な施策の1つです。

SEO対策において最も重要なタグであるタイトルタグや見出しタグは、検索エンジンに対して記事の内容や構造を的確に伝える重要な役割があります。

また、キーワードはしっかりと時間をかけて調査し、選定しましょう。

タイトルや記事内の見出しに適切なキーワードを入れることで、記事のテーマと内容が正しく関連づけられていることを検索エンジンに伝えられます。

結果として、検索エンジンからの高評価に繋がり、記事の上位表示を見込めるでしょう。

ディスクリプションを設定する

SEOに効果的なリライト_ディスクリプションを設定する

ディスクリプションを設定することも、リライトの際に重要な施策です。

ディスクリプションとは、検索結果のタイトルの下に表示される記事の内容を説明する文章のことです。

ディスクリプションを設定することで、ユーザーは記事の中に自分が求めている情報が記載されているかどうかを判断できます。

またディスクリプションの設定は、ユーザーの求めている内容を検索画面で伝えられ、結果としてクリック率の向上を見込めるでしょう。

競合他社が利用しているキーワードを入れる

競合他社の記事が利用しているキーワードを、記事のタイトルや見出し、文章に入れることもリライトの際の重要なポイントです。

自社の記事には含まれておらず、競合他社の記事に含まれているキーワードをしっかりと調査しておきましょう。

そして競合他社の記事に含まれているキーワードが見つかったら、不自然な文章にならないように記事内に含めましょう。

すでに記事内に同じようなキーワードがあれば、そのキーワードだけを変更することで、効果が出ることもあります。

また、記事の中に必要なキーワードが含められない場合は、新たなコンテンツとして追加することをおすすめします。

適切な文字数にする

記事内の文字数を適切な数にすることも、リライトの際に確認しておくべき施策です。

適切な文字数を把握するには、同じキーワードで上位表示されている競合他社の記事の文字数を確認しましょう。

同じキーワードで上位表示されている競合他社の記事と比べて、自社記事の文字数が明らかに少ない場合は、足りない内容がないかしっかりと調査しましょう。

上位表示されている記事には上位表示されている理由があるので、調査を行うことでより効果的なリライトを行えます。

オリジナルのコンテンツを入れる

記事の中にオリジナルのコンテンツを入れることも、リライトの際の重要な施策です。

コンテンツのオリジナリティが高まれば、検索エンジンから高評価を得られます。

オリジナルのコンテンツには、下記のようなものがあります。

オリジナルのコンテンツの例
  • アンケートなどの独自調査結果
  • 顧客事例
  • 自社セミナーの資料

このように、この記事でしか知ることができない情報は、競合他社が持つことのできない武器になるでしょう。

また上記のようなオリジナルのコンテンツを掲載することで、記事の質が向上し、検索エンジンからの高評価を得られます。

注意点として覚えておくべきことは、オリジナルコンテンツにこだわり過ぎて、不自然な内容の記事にならないようにしましょう。

リライトを行う一番の目的は、オリジナルのコンテンツを含めることではなく、ユーザーのニーズに合った内容に改善することです。

内部リンクを設定する

SEOに効果的なリライト_内部リンクを設定する

内部リンクを設定することも、リライトの際に覚えておきたい施策です。

内部リンクとは、自社Webサイト内で同じようなコンテンツのページ同士をリンクさせることを指します。

内部リンクを設定することで、ユーザーが検索エンジンがスムーズにWebサイト内を移動できるようになります。

検索結果に記事が表示されるのは、検索エンジンのクローラーというシステムが、Webサイトを巡回することで検索結果に表示される仕組みです。

Webサイトの中に内部リンクを増やすことで、クローラーはよりスムーズにWebサイトの中を巡回できるでしょう。

またクローラーがスムーズに巡回できれば、検索エンジンに記事の存在を早く認識してもらえるので、検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。

さらに内部リンクを行う際には、リンクする側とされる側のコンテンツの関連性が高いかどうかをしっかりと確認しましょう。

内部リンクする記事同士のコンテンツの関連性が高ければ高いほど、ユーザービリティが向上し、高評価を得られます。

内部リンクの具体的な施策についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

専門性の高い内容にする

記事の内容を専門性の高い内容にすることも、リライトの際に重要な施策です。

競合他社の記事との差をつけるためには、専門性の高い記事にリライトしましょう。

記事のコンテンツに関する業務に携わった担当者だからこそ伝えられる内容を含めることで、専門性の高い記事にできるでしょう。

しかし、専門性が高くても、ユーザーが理解できなければ意味がありません。

専門性の高い記事にリライトする際には、ユーザーが行動に移しやすく、ユーザーの目線に立った伝え方を心がけましょう。

Googleは、ユーザーがその記事を見てどのような行動を取っているかも含めて、検索順位を決定しています。

そのため、ユーザーが自社の記事を最後に検索を終えていることで、ユーザーの答えが見つかったと判断されます。

その結果、高評価につながり、検索結果の上位に表示される可能性が高まるでしょう。

フラップネクストのリライトでの成功事例

SEOに効果的なリライトの成功事例

事例

事例

事例

【順位を上げるために!】リライトする際の重要なポイント

SEOに効果的なリライトをする際のポイント

ここでは、リライトする際に重要なポイントをご紹介します。

どのポイントも、リライトするにあたって大切な内容ですので、しっかりと確認しておきましょう。

検索上位の記事をリライトし過ぎない

検索上位にすでに表示されている記事をリライトし過ぎないことは、重要なポイントです。

すでに検索結果で上位に表示されている記事は、Googleにユーザーのニーズに合った有益な記事と評価されているでしょう。

そのため2〜4位前後に表示されている記事をリライトした場合、逆に順位を下げてしまう可能性もあります。

定期的なリライトで、検索結果を上位に表示させようとする意識は重要ですが、必要以上のリライトは逆効果になる可能性があるので注意しましょう。

必要ないコンテンツは削る

必要ないコンテンツを削ることも、リライトの際の重要なポイントです。

記事の内容の中には、ユーザーにとって不必要な情報が混在していることで、検索順位が上位表示されない可能性もあります。

また、オリジナルのコンテンツを含めようと注力し過ぎて、必要のないコンテンツを含めてしまう可能性もあるでしょう。

前述しましたが、リライトの本来の目的は、ユーザーのニーズに合った有益な情報を掲載することです。

ユーザーのニーズに合った有益な情報を的確に掲載し、ユーザーにとって不必要なコンテンツがあれば削減しましょう。

ユーザーの見やすさを重視する

ユーザーの見やすさを重視することも、リライトの際の重要なポイントです。

ユーザーにとって有益な情報を記事に含めることは重要ですが、その情報がユーザーにとって見にくい・伝わりづらければ、意味がありません。

記事の内容がユーザーにとって理解できないものだった場合、記事からの離脱率が高くなってしまうでしょう。

記事の内容をユーザーにとって把握しやすいものにするには、下記のポイントを抑えておきましょう。

ユーザーにとって見やすい記事のポイント
  • 適切な改行を行う
  • 適切な頻度で画像を挿入する
  • 普段聞きなれないような言葉は、分かりやすい言葉に換言する

ユーザーにとって有益な情報を伝える際には、ユーザーの立場になって、ユーザーが理解しやすい内容にリライトしましょう。

効果計測は定期的に行う

記事のリライトを終えたら、効果測定を定期的に行うようにしましょう。

リライトしたキーワードによっては、リライト後数週間で検索結果の上位に表示される場合もあります。

リライト後数週間で上位に表示された記事の効果測定をしっかりと行っておくことで、他の記事をリライトする際のヒントになるでしょう。

そのため、リライトを完了して記事を再公開したら、効果測定の準備も整えておくことをおすすめします。

リライト後の効果測定で見るべき指標は、下記の通りです。

リライト後の効果測定で見るべき指標
  • 検索エンジンでの検索順位
  • セッション数(一定の期間内にWebサイトに訪問したユーザーの訪問回数)
  • PV数(Webサイトで表示されたページの閲覧数)

検索エンジンでの検索順位の確認と共に、セッション数やPV数も定期的に確認しておきましょう。

またセッション数やPV数は、Googleが提供している「Googleアナリティクス」というツールで計測できます。

定期的なリライトを行う

最後にご紹介するリライトの重要なポイントは、一度リライトして満足するのではなく、定期的にリライトを行うことです。

今回ご紹介した施策を踏まえた上でリライトを完了した記事でも、Googleのアップデート次第では順位が下がってしまう可能性もあります。

また、一度リライトしただけでは、十分な結果を得られない可能性もあるでしょう。

リライトの完了で満足するのではなく、経過測定を定期的に行い、さらに改善が必要な記事があれば再度リライトを行いましょう。

Webサイトの記事を、ユーザーのニーズの状況やGoogleアップデートに合わせた内容に常にアップデートし続けることが重要です。

SEO対策のリライトで集客を増やそう!

SEOに効果的なリライトで集客を増やそう

今回は、具体的な記事のリライト方法をご紹介しました。

また、リライトが必要な記事の見分け方や、リライトする際の重要なポイントもご紹介します。

リライトには、具体的に下記のような施策があります。

適切なタイミングで適切なリライトを行うことで、検索順位に伸び悩んだ記事を上位に表示させることができます。

リライトの適切なタイミングや、リライトの施策に関して悩みを抱えている方は、ぜひ弊社フラップネクストにご相談ください。

フラップネクストでは、リライトを始め、記事を上位表示させるためのさまざまな施策を幅広い観点から導き出します。

リライトに関して、少しでも悩みを抱えている方は、お気軽にご相談ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の記事

内部リンクとは?SEOに効果的な内部リンク対策を分かりやすく解説!

内部リンクとは?SEOに効果的な内部リンク対策を分かりやすく解説!

View all