2022.9.25 SEO

【2022年最新】SEO対策の効果的なやり方とは?基本的な方法を初心者にもわかりやすく解説!

【2022年最新】SEO対策の効果的なやり方とは?基本的な方法を初心者にもわかりやすく解説!

「SEO対策の効果的なやり方を知りたい!」

「SEOの効果を最大限に引き出すポイントとは?」

オウンドメディアでの集客を増やす対策として欠かせない「SEO対策」。

SEO対策を行うことで記事やWebサイトへの流入を増やし、結果的に商品やサービスの売上につなげることができます。

しかし、SEO効果を最大限に引き出すためには、具体的にどのような対策を行う必要があるのでしょうか。

この記事では、上記のような問題を抱えている方に向けて、SEO対策の効果的なやり方を具体的にご紹介します。

この記事を読むことで、SEO対策が初めての方でも効果的な対策を行うことができ、集客を増やすことができるでしょう。

最後までお読みください。

SEO対策とは|Webで集客するために重要!

SEO対策とは

SEO対策とは、検索エンジン最適化のことを指します。

Googleなどの検索エンジンに対して、自分のWebサイトや記事などのコンテンツを評価してもらい、検索結果での上位表示を目的としています。

SEO対策の中には、検索エンジンだけでなく、ユーザーに対して効果を発揮する対策も存在することを覚えておきましょう。

またSEO対策の中には専門知識を必要とするものも存在するため、初めての人からすると難しいイメージがあるかもしれません。

しかし、1つ1つの対策に優先順位をつけて改善と分析を繰り返し行うことで、必ず効果が現れます。

また、SEO対策の根底には、「ユーザーの利便性」を第一に考えることが重要です。

次の章では、Googleなどの検索エンジンが大切にしている考え方をご紹介します。

SEO対策ではGoogleの考え方を知ることが大切

SEO対策ではGoogleの考え方を知ることが大切

SEO対策を行う上で覚えておくべき点として、Googleの考え方を知ることが最も大切です。

検索エンジンにはBingやYahoo!などが存在しますが、Yahoo!はGoogleのデータベースを利用しています。

またスマートフォンの検索エンジンも、Googleの検索結果を表示することがほとんどです。

上記の理由からも、検索エンジン=Googleと考えていいでしょう。

ここでは、Googleの考え方で重要な3つの点をご紹介します。

Googleが掲げる10の事実

Googleが掲げる10の事実

出典:https://about.google/philosophy/

「Googleが掲げる10の事実」の中には、Googleが検索エンジンを提供する中で、最も大切な10つのポイントを掲げています。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
遅いより速いほうがいい。
ウェブ上の民主主義は機能する。
情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
悪事を働かなくてもお金は稼げる。
世の中にはまだまだ情報があふれている。
情報のニーズはすべての国境を越える。
スーツがなくても真剣に仕事はできる。
「すばらしい」では足りない。

引用:https://about.google/philosophy/

この中でも特に重要なのが、1つ目と3つ目のポイントです。

1つ目と3つ目のポイントは、ユーザーの役に立つような品質の高いコンテンツを、スムーズに提供できるようにすることが重要だということです。

また、そのコンテンツにリンクが集まりやすいようにすることも大切でしょう。

たくさんのリンクが集まるコンテンツは、ユーザーのニーズに合った情報を提供している証拠となるからです。

SEO対策を行う際には、この「Googleが掲げる10の事実」を覚えておくことをおすすめします。

E-A-T

「E-A-T」とは、コンテンツに含まれる専門知識、権威性、信頼性のことを指します。

ユーザーにとって有益な情報を提供するには、E-A-Tの量が重要になるでしょう。

特に、後ほど紹介するYMYLなどの、人の生活やお金に関するテーマを取り扱う際には注意が必要です。

E-A-Tを高めることで、ユーザーのニーズに応えることができるため、SEO対策において大切なポイントです。

英語での表記ですが、Googleも公式にE-A-Tの重要性を公開しています。

参照:品質評価ガイドライン(General Guidelines) p26

YMYL

YMYLとはYour Money or Your Life(あなたのお金や生活)の略語で、健康的な生活を送るために重要なテーマのことを指します。

ユーザーのお金や生活を左右する重要なテーマを扱うコンテンツは、常に正しい情報を発信する必要があるでしょう。

YMYLに当てはまるコンテンツには、下記のようなものがあります。

YMYLに当てはまるコンテンツの例
  • ニュース、時事問題
  • 法律、政治
  • 医療品、医薬品
  • 保険
  • 金融
  • 人種
  • 宗教

今回SEO対策を行うWebサイトや記事が、YMYLに当てはまるコンテンツの場合、通常よりも高い信頼性や専門性が必要になるでしょう。

SEOの仕組みを理解しよう!

SEOの仕組みを理解しよう

SEO対策で効果を出すためには、SEOの仕組みを理解する必要があるでしょう。

検索エンジンで検索順位が決定するには、下記の点が重要になります。

検索エンジンで順位が決定する仕組み
  • クロール
  • インデックス
  • 検索アルゴリズム

まず検索エンジンのクローラーと呼ばれるシステムが、Webサイト上をクロール(巡回)します。

クロールして読み取ったWebサイトの情報を、検索エンジンのデータベースにインデックス(登録・保存)します。

検索エンジンのデータベースにインデックスされた情報を、検索アルゴリズムが評価・ランク付けすることで、検索結果に表示されるという仕組みです。

また検索順位は、スマートフォン向けに書かれているコンテンツが適用されることを覚えておきましょう。

SEO対策にはどんな効果がある?

SEO対策の効果

ここではSEO対策を行うことで、どういった効果があるのかを具体的にご紹介します。

SEOの効果をしっかりと理解した上で、より効率的なSEO対策を行いましょう。

集客が増える

集客が増えることは、SEO対策を行う上で最も大きなメリットといえるでしょう。

ユーザーの悩みや問題を解決できるような情報をコンテンツに盛り込むことで、そのコンテンツは検索エンジンからの評価が高くなります。

高品質なコンテンツを量産することで、Webサイトの評価が高くなり、結果的に検索結果で上位に表示してもらえるでしょう。

また、検索結果で上位表示されるようになれば、多くのユーザーの目に止まることになるのでさらに多くの集客を見込めます。

Webサイトへの集客が増加することで、結果的に商品やサービスの売上が増加します。

技術やスキルが資産になる

SEOに関する技術やスキルが資産になることも、SEO対策の大きな効果の1つです。

市場価値の高いコンテンツを増やすことで、安定した収益を生み出せるようになり、そのWebサイトは大きな資産となります。

また、収益を生み出せるだけでなく、コンテンツ制作の過程で身につけた技術やスキルも大きな資産となるでしょう。

SEO対策を徹底することによって、収益を生み出すWebサイトと、SEOに関する知識やスキルの両方を資産にできます。

Webサイトのブランディングができる

Webサイトのブランディングができることも、SEO対策の効果といえるでしょう。

前述したように、SEO対策で効果的に集客できれば、自社のWebサイトは多くのユーザーの目に止まることになります。

多くのユーザーの目に留まれば、Webサイトへの流入を見込めるだけでなく、Webサイトの認知度を上げることができるでしょう。

このようにSEO対策を行うことで、集客とブランディングを一緒に行えることはSEO対策の大きな効果といえます。

SEO対策を行う際の注意点

SEO対策の注意点

ここでは、SEO対策を行う際の注意点をご紹介します。

ここでご紹介する注意点をしっかりと確認した上で、より安全で効果的なSEO対策を行いましょう。

集客できるまで時間がかかる

Google検索セントラル_集客までに時間がかかる

出典:https://developers.google.com/search/docs/beginner/do-i-need-seo?hl=ja&visit_id=637981516418403958-4098710504&rd=1

集客できるまでに時間がかかってしまう可能性があることは、SEO対策を行う際に注意しておくべき点です。

SEO対策を行ってから実際に集客が発生するまでには、ある程度の期間が必要になります。

効果が出るまでにある程度の時間が必要だということは、上記の画像のようにGoogleも公式に言及しています。

また、対策を行ったとしても、必ず効果が出るわけではありません。

SEO対策は対策してから効果を測定し、効果が現れていなければ改善するという作業を繰り返し行う必要があります。

最終的にSEO効果が表れるまでには、4ヶ月〜12ヶ月ほどかかるということを覚えておきましょう。

SEO効果をすぐに感じたい場合には、Googleの考え方に沿った市場価値の高いコンテンツを制作し、検索エンジンからの評価を上げることが重要です。

ペナルティに注意する

SEO対策を行う際には、検索エンジンからペナルティを受けてしまわないように注意しましょう。

ペナルティを受けないようにすることは、Googleが提供しているウェブマスター向けガイドラインに違反しないようにすることです。

ペナルティを受けてしまうような行為には、下記のようなものがあります。

検索エンジンからペナルティを受けてしまう行為
  • 悪質な相互リンク
  • 無断複製されたコンテンツ
  • 隠しテキスト
  • 隠しリンク
  • コンテンツに無関係なキーワードの詰め込み

このような不正行為を行ってしまった場合、検索結果での順位が下がってしまう可能性があります。

さらに、悪質だと判断された場合、検索結果の表示を削除されてしまう危険性もあるので注意が必要です。

検索エンジンからのペナルティを受けてしまわないように、安全で正しいSEO対策を行いましょう。

SEO対策におすすめの分析ツール

SEO対策におすすめの分析ツール

ここでは、SEO対策におすすめの分析ツールをご紹介します。

分析ツールを利用することで、Webサイトの状態を数値化し、正しいSEO対策を行うことができるでしょう。

Googleサーチコンソール

Googoleサーチコンソール

出典:https://search.google.com/search-console/about?hl=ja

Googleサーチコンソールとは、ユーザーがWebサイトに訪れる前のデータを取得することのできる分析ツールです。

Googleサーチコンソールを利用することで、下記のようなことが可能になります。

Googleサーチコンソールでできること
  • キーワードの表示回数やクリック数が確認できる
  • Webサイトが抱えているSEO面の問題点が確認できる
  • 被リンクを確認できる

Googleサーチコンソールを利用することで、Webサイトのデータを元にした適切なSEO対策を行えるようになります。

SEO対策を行う前に、Googleサーチコンソールを導入することを忘れないようにしましょう。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス

出典:https://analytics.google.com/analytics/web/provision/?hl=ja#/provision

GoogleアナリティクスとはGoogleが提供している無料の分析ツールで、ユーザーがWebサイトに訪れてからのデータを数値化できます。

Googleアナリティクスでは、下記のようなデータを確認・分析できます。

Googleアナリティクスで確認・分析できるデータの例
  • 他のWebサイトからの流入状況
  • ユーザーの滞在時間
  • 直帰率や離脱率
  • PV数
  • セッション数
  • 閲覧ページ数

自社Webサイトでのユーザーの動きを細かく分析することで、ページ構成の改善や離脱率の低下などさまざまな対策を行うことができます。

Googleサーチコンソールと同様に、SEO対策を行う前に必ず導入しておくことをおすすめします。

SEO対策の種類

SEO対策の種類

ここではSEO対策の種類をご紹介します。

検索エンジンに対する対策やユーザーに対する対策など、それぞれの対策の特徴を抑えた上で、適切なSEO対策を行いましょう。

内部対策

内部対策とはWebサイトの中のSEOを最適化し、ユーザビリティ(ユーザーの利便性)を向上する対策のことです。

内部対策を徹底することで、ユーザーのニーズに合わせたWebサイトを制作することができます。

内部対策には、具体的に下記のような対策が存在します。

内部対策の例
  • タイトルの最適化
  • メタディスクリプションの最適化
  • 内部リンク構造の最適化
  • XMLサイトマップの作成
  • alt属性の設定

外部対策

外部対策とは、Webサイトに関連する被リンクなどの外部の対策を行うことです。

外部対策には、下記のような対策が存在します。

外部対策の具体的な例
  • 被リンクの獲得
  • サイテーションの獲得

他のWebサイトからの被リンクをたくさん獲得することは、外部対策において特に重要なポイントです。

GoogleはWebサイトの評価において、他のWebサイトからの被リンクの数を基準としているからです。

被リンクをたくさん獲得しているWebサイトは、それだけユーザーのニーズに合った情報を提供していると判断されます。

このことからも、外部対策の被リンクの獲得が重要なことがお分かりいただけるでしょう。

また、被リンクが増加すれば、それだけたくさんのユーザーの目に止まるということなので、Webサイトのブランディングにもなります。

被リンクについてより具体的に知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

被リンクのSEO効果とは?良質な被リンクを獲得する方法を徹底解説!

コンテンツ制作

コンテンツを制作する際にも、さまざまなSEO対策があります。

コンテンツ制作には、下記のような対策が存在します。

コンテンツ制作の対策の例
  • キーワードの選定
  • 検索意図の分析
  • 競合サイトの調査
  • タイトルと見出しの構成
  • E-A-Tを意識した文章
  • オリジナル性の高い画像の挿入
  • コンテンツの信頼性の明示

コンテンツ制作では、ユーザーに対して価値のある情報を分かりやすく具体的に提供することを目的とします。

コンテンツ制作における対策を徹底することで、ユーザビリティが向上し、結果としてGoogleからの高評価を獲得できます。

このことからもユーザーの目線に立って、コンテンツを制作することをおすすめします。

より具体的な記事の作成方法を知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

 

ページエクスペリエンス最適化

ページエクスペリエンス最適化とは、ユーザーが実際にWebサイトを利用する画面を最適化することです。

ページエクスペリエンス最適化の対策の中には、下記のようなものがあります。

ページエクスペリエンス最適化の対策の例
  • ページスピードの改善
  • スマートフォン対応
  • 低品質コンテンツの除外
  • URLの正規化

Webサイトを読み込む際のページスピードの改善は、ユーザビリティを向上する上で重要な対策です。

Webサイトを読み込むスピードが遅い場合、ユーザーが離脱してしまう可能性もあるからです。

せっかくWebサイトに訪れてくれたユーザーを、ページを読み込むスピードで逃してしまっては意味がありません。

また、スマートフォンに対応したコンテンツの制作を行うことも重要です。

現代社会では、何か調べたいことがある場合、パソコンよりもスマートフォンを利用して検索エンジンで調べることが多いですよね。

ページエクスペリエンスの最適化は、SEO対策に欠かせないものだということがお分かりいただけるでしょう。

SEO対策の具体的なやり方【内部対策】

SEO対策_内部対策のやり方

ここでは、内部対策の具体的なやり方をご紹介します。

内部対策では、主にWebサイトの中を改善することで効果を発揮します。

タイトルの最適化

タイトルの最適化

タイトルの最適化のポイント
  • キーワードを含める
  • キーワードを前方に配置する
  • 40文字前後に収める
  • 記事の内容を簡潔に伝える

タイトルの最適化は、重要な内部対策の1つです。

タイトルとは、検索エンジンでの検索結果で、ユーザーが一番に目にする文章のことです。

タイトルを最適化するには、ユーザーの興味を引くような内容にすることが重要です。

ユーザーの興味を引く内容にするためには、メインとなるキーワードを選定しましょう。

例えば、今ご覧いただいているこの記事は、「SEO対策のやり方」について知りたいユーザーに向けて公開しています。

この記事の場合、メインのキーワードは「SEO対策」となり、関連するキーワードが「やり方」となります。

このメインのキーワードと、関連するキーワードをタイトルに必ず含めるようにしましょう。

キーワードを含めることで、ユーザーの目に止まりやすくなります。

SEO対策の効果的なやり方とは?基本的な方法を初心者にもわかりやすく解説!

また上記のように、キーワードはできるだけタイトルの前方に配置するようにしましょう。

前方に配置することで、ユーザーの目に入りやすくなるでしょう。

さらに、タイトルの文字数は40文字前後に留めておくことをおすすめします。

40文字を超えてしまうと、検索結果での表示画面で「…」と表示されてしまい、伝えたいことが伝わらなくなってしまうからです。

タイトルを最適化するには、キーワードを前方に配置し、40文字前後に抑えて記事の内容を簡潔に伝えることが大切です。

タイトルの入れ方について、より具体的に知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

SEOに強いタイトル(titleタグ)の付け方とは?文字数や設定方法を具体的に解説!

メタディスクリプションの最適化

メタディスクリプションの最適化

メタディスクリプション最適化のポイント
  • 魅力的な文章にする
  • 120文字程度に収める
  • キーワードを前方に配置する

メタディスクリプションとは、検索結果でのタイトルの下に表示され、コンテンツの内容を端的に伝える役割があります。

また、検索エンジンもメタディスクリプションを確認して、コンテンツの内容を把握します。

ユーザーと検索エンジンのどちらにも、コンテンツ内容を魅力的に伝える必要があるため、メタディスクリプションの最適化は重要な対策です。

同じキーワードでの競合他社のメタディスクリプションと比較して、独自性の高い魅力的な文章にすることをおすすめします。

また、メタディスクリプションの文字数は120文字程度に収めましょう。

タイトル同様、120文字以上の文章の場合「…」と表示されて、ユーザーに魅力が伝わらなくなってしまう可能性があるからです。

さらに、メタディスクリプションの中にも、キーワードを含めることが重要です。

前方にキーワードを配置することで、ユーザーの目に留まりやすくなり、流入が増加を見込めるでしょう。

メタディスクリプションをはじめとする、その他のmetaタグの効果的な入れ方について知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

metaタグとは?SEO対策に効果的なタグの種類と書き方を詳しく解説!

内部リンク構造の最適化

内部リンク構造を最適化することも、ユーザビリティを向上させる重要な対策です。

内部リンクとは、Webサイト内に存在する関連性の高いコンテンツ同士で、お互いにリンクすることを指します。

内部リンクの最適化には、下記のような対策があります。

内部リンク最適化の対策例
  • 関連性の高いコンテ
  • ンツ同士の相互リンク
  • 最新の投稿をWebサイトのトップページに掲載する
  • Webサイト内のサイトマップを作成する
  • パンくずリストの設置

例えば、この記事はSEO対策のやり方について書いてあるため、関連性の高い「内部リンクの方法」についての内部リンクを下記のように設置します。

内部リンクとは?SEOに効果的な内部リンク対策を分かりやすく解説!

内部リンクを設置した文章は、上記のようにアンカーテキストとなり、ユーザーがクリックすることでそのコンテンツに移動できます。

この記事とリンク先の記事の関連性が高ければ高いほど、検索エンジンからの高評価を受けやすくなります。

また内部リンクを設置する際には、前後の文脈を意識し、不自然にならないように設置することが重要です。

その他にも、サイトマップの設置やパンくずリストの設置などの対策があります。

どの対策もユーザビリティを向上させ、検索エンジンにもいい影響を与える対策なので、忘れずに設置しておきましょう。

XMLサイトマップの作成

XMLサイトマップを作成することも、重要な内部対策です。

XMLサイトマップとはWebサイトに存在するコンテンツを、検索エンジンにまとめて把握してもらうためのファイルのことを指します。

Webサイト内にある全てのコンテンツを1つにまとめることで、検索エンジンが素早く理解でき、検索結果に表示される確率が上がります。

XMLサイトマップの設置をおすすめしたいWebサイトは、下記の通りです。

XMLサイトマップが必要なWebサイトの例
  • 外部からの被リンクが少ない
  • 内部リンクが十分でない
  • たくさんの画像や動画がある
  • Webサイト内に500ページ以上ある

サイトマップに関してさらに詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

サイトマップとは?SEO効果を上げるための作成方法やおすすめのツールを詳しく解説!

alt属性の設定

alt属性の設定も、検索エンジンにコンテンツの内容を伝えるために効果的な役割を果たします。

alt属性とは、コンテンツ内の画像に対して、画像の内容を説明するテキストを設定することを指します。

alt属性を設定することで、検索エンジンはコンテンツ内の画像がどういった内容なのかを把握しやすくなるでしょう。

また、alt属性を設定しておくことで、万が一画像が表示されなかった場合にテキスト表示されます。

ユーザーはそのテキストを見て、どういった画像が貼られているのかを理解できるので、ユーザーの利便性にも貢献できるでしょう。

SEO対策の具体的なやり方【外部対策】

SEO対策_外部対策のやり方

ここでは、外部対策のやり方について詳しくご紹介します。

外部対策とは、その名の通りWebサイトの外部に関連するコンテンツに対して対策を行うことを指します。

外部対策を行うことで、Webサイトへの流入を増加させられるので、しっかりと抑えておきましょう。

被リンクの獲得

被リンクの獲得は、外部対策として重要な対策の1つでしょう。

被リンクとは、自社のWebサイトのリンクを、外部の他のWebサイトに貼ってもらうことを指します。

検索エンジンは、被リンクの量と質を見定めた上でWebサイトの評価を決定します。

被リンクの獲得で高評価を得るためには、下記のポイントを抑えておきましょう。

被リンクを獲得する上で大切なポイント
  • ナチュラルリンク(自然獲得)を獲得する
  • リンク数よりドメイン数が評価の対象になる
  • リンク元との関連性を高める
  • リンク元のコンテンツの質

被リンクは、ナチュラルリンクであることが原則です。

逆に1つのWebサイトからの大量の被リンクや、被リンクの購入は効果がなく、ペナルティを受ける可能性もあるため注意が必要でしょう。

被リンクを受ける際には、自社のWebサイトの情報を本当にいいと感じたユーザーが行う自然な被リンクを受けることが大切です。

また検索エンジンでは、被リンクのリンク数よりドメイン数を重視します。

1つのWebサイトから多くの被リンクを獲得するのではなく、さまざまなWebサイトから分散して被リンクを受けることを心がけましょう。

さらに、リンク元とのコンテンツ内容の関連性が高いことも重要です。

コンテンツ内容の関連性の低いWebサイトから被リンクを受けても、評価は上がらないでしょう。

また、リンク元のコンテンツの質が低い場合も、価値が低いと判断され、評価は上がらない傾向にあります。

効果の高い被リンクを獲得するには、リンク先のコンテンツの質の高さが大切なポイントです。

被リンクに関しては、こちらの記事もご覧ください。

被リンクのSEO効果とは?良質な被リンクを獲得する方法を徹底解説!

サイテーションの獲得

サイテーションとは、インターネット上でWebサイト名が言及されることを指します。

検索エンジンでのピンポイントの指名検索や、SNSやWeb上でのあらゆるコンテンツが評価の対象になります。

またサイテーションは被リンクと違い、リンクが貼られていなくても、自社のWebサイトの名前が使われるだけでSEO効果を発揮します。

被リンクよりもハードルが低い分、SEO効果も低くはなります。

しかし、自社のWebサイト名がインターネット上でたくさん使われるほど、価値が高いコンテンツと判断されて、検索エンジンからの評価は高くなるでしょう。

SEO対策の具体的なやり方【コンテンツ制作】

SEO対策_コンテンツ制作のやり方

ここでは、コンテンツ制作の具体的なやり方についてご紹介します。

コンテンツ制作では、ユーザーの立場に立って読みやすい構成・文章にすることを心がけましょう。

キーワードの選定

キーワードの選定は、コンテンツを制作する上で最初に行う対策です。

ターゲットとなるユーザーを決定し、そのユーザーが解決したいキーワードを選定する必要があります。

例えば、前述した通りこの記事では「SEO対策のやり方」を知りたいユーザーに向けて記事を公開しているため、キーワードは「SEO対策 やり方」となります。

またキーワードの選定には、キーワード分析ツールを利用することをおすすめします。

キーワード分析ツールを利用することで、人気のあるキーワードや関連するキーワードの検索など、さまざまな分析を行えます。

ユーザーのニーズに合ったキーワードを選定できるので、よりSEO効果の高いコンテンツを制作できるでしょう。

キーワードの選定について、さらに詳しく知りたい方は下記の記事もご覧ください。

SEOキーワードの効果的な入れ方とは?検索結果で上位を取るための方法を解説!

検索意図の分析

キーワードが決定したら、なぜユーザーがそのキーワードを検索するのかという、検索意図の分析を行います。

検索意図の分析によって、下記のようなコンテンツの種類を決定できるでしょう。

検索意図の分析を元にしたコンテンツの種類の例
  • 意味、原因、事例、効果、メリットなどを解説するコンテンツ
  • 使い方や手順などを解説するコンテンツ
  • まとめ記事やおすすめなどの比較コンテンツ

このように、ユーザーがキーワードを元にどのような情報を求めていて、最終的にどうなりたいのかを分析しましょう。

コンテンツの質が高かったとしても、ユーザーが求めている目的に当てはまっていなければ、検索エンジンからの高評価はもらえません。

ユーザーの立場に立って検索意図を分析することで、SEO効果の高いコンテンツを制作できるでしょう。

競合サイトの調査

検索意図の分析を終えたら、同じキーワードを利用している競合サイトの調査を行いましょう。

検索エンジンでキーワードを打ち込み、検索結果の1ページ目に表示されている競合サイトのコンテンツを確認します。

検索エンジンでの順位決定は、他の競合サイトとの比較によって決まります。

そのため、自社のコンテンツが競合サイトのコンテンツの内容よりも質が低かった場合、上位表示されることはありません。

検索エンジンの検索結果で1ページ目に表示されている競合サイトのコンテンツは、検索エンジンが質の高いコンテンツと評価していることになります。

競合サイトよりも情報が不足することなく、自社オリジナルの情報を加えることで、さらに高いSEO効果を得られるでしょう。

タイトルと見出しの構成

見出しの構成

競合サイトの調査を終えたら、タイトルと見出しの構成を整えましょう。

構成はコンテンツの骨組みとなり、構成によってコンテンツの質が大きく左右されます。

また、タイトルと見出しは、下記の項目に影響することを覚えておきましょう。

タイトルと見出しに影響される項目例
  • 検索順位
  • クリック数
  • 訪問ユーザーの離脱率

ユーザーにとってタイトルや見出しは、最も興味を引く部分となります。

そのため、ユーザーが分かりやすいように、どういった内容が書かれているのかを簡潔にまとめる必要があるでしょう。

ユーザーにとって理解しやすいタイトルにするためには、下記のポイントを抑えることをおすすめします。

ユーザーが理解しやすいタイトルのポイント
  • コンテンツの内容を適切に書く
  • 各コンテンツにそれぞれのタイトルを付ける
  • 簡潔で分かりやすく書く

タイトルで最も重要なことは、ユーザーがこの記事を見て何を解決できるのかをすぐに理解できることです。

また、見出しを作成する際には、下記のポイントを抑えておきましょう。

見出しを作成する際のポイント
  • 見出しを見ただけで文章の内容が分かる
  • ユーザーに合わせた単語を使う
  • 見出しの階層を適切にする

見出しを設定する上で最も重要なポイントは、見出しを見ただけでその章にどんな内容が書かれているのかをすぐに判断できることです。

また、見出しの階層は、大見出し→小見出しになるようにしましょう。

構成が少しでも不自然なものになってしまうと、その後のコンテンツを制作する上で最終的な目的がズレてしまう危険性があります。

構成にはしっかりと時間を使って、ユーザーのニーズに合った読みやすいコンテンツにすることをおすすめします。

タイトルを作成する際の具体的な方法については、下記の記事もご覧ください。

SEOに強いタイトル(titleタグ)の付け方とは?文字数や設定方法を具体的に解説!

E-A-Tを意識した文章

E-A-Tを意識した文章にすることは、コンテンツ制作において重要になります。

「E-A-T」とは、前述した通りコンテンツに含まれる専門知識、権威性、信頼性のことを指します。

ユーザーにとって有益な情報を提供するには、E-A-Tの量が重要になるでしょう。

専門知識を高めるためには、コンテンツのジャンルに特化することが大切です。

コンテンツのジャンルを専門としている専門家に取材することや、実際に商品やサービスを使用した体験談をコンテンツに取り入れましょう。

また権威性を高めるためには、著者名や運営会社を開示しましょう。

運営している会社やコンテンツを執筆している人物を開示することで、コンテンツの内容が優れていることを示すことができるでしょう。

信頼性を高めるためには、専門性の高いサイトからの情報を引用することをおすすめします。

E-A-Tを意識してコンテンツを作成するポイントは、専門性が高く情報量の多いコンテンツを作成することです。

オリジナル性の高い画像の挿入

オリジナル性の高い画像や動画の挿入は、コンテンツ制作において大切なポイントです。

オリジナル性が高く、コンテンツの内容を分かりやすく視覚化できる画像やグラフは、ユーザビリティを向上します。

また、検索エンジンでの画像検索でも高評価を得ることができます。

前述しましたが、画像にはalt属性の設定を忘れないようにしましょう。

SEO対策の具体的なやり方【ページエクスペリエンス最適化】

SEO対策_ページエクスペリエンス最適化のやり方

ここでは、ページエクスペリエンスの最適化のやり方についてご紹介します。

ここでご紹介するページエクスペリエンスを最適化することで、ユーザビリティが向上し、検索エンジンからの高評価を得ることができるでしょう。

ページスピードの改善

ページスピードの改善を行うことは、ページエクスペリエンス最適化において重要な対策です。

ページスピードの確認は、Googleサーチコンソールを利用することで簡単に行うことができます。

Googleサーチコンソールで「不良URL」や「改善が必要なURL」があった場合、ページスピード分析ツールで分析を行いましょう。

ページスピード分析ツールには、下記のようなものがあります。

ページスピード分析ツールの例
  • pagespeedinsights
  • testmysite

ページスピード分析ツールで分析後、ページスピードの点数が低かった場合、改善案を元に対策を行いましょう。

スマートフォン対応

スマートフォン対応することも、効果的なSEO対策となります。

現在では、ユーザーが何かを調べたい時にはパソコンではなく、スマートフォンを使うことが多くなっていますよね。

そのため、WebサイトのSEO対策を行う際には、スマートフォンでの操作を意識して制作することをおすすめします。

また、検索エンジンの評価も、Webサイトがスマートフォン対応しているかどうかによって決まることも覚えておきましょう。

自社のWebサイトがスマートフォンにどのくらい対応できているかどうかは、モバイルフレンドリーテストを利用しましょう。

モバイルフレンドリーテストでWebサイトURLのチェックに不合格となった場合、スマートフォン対応できていないことになります。

モバイルフレンドリーテストのチェック後のアドバイスを確認して、Webサイトの改善を行いましょう。

Webサイトの改善を終えたら、再度チェックして不合格であれば改善を繰り返しましょう。

低品質コンテンツの除外

低品質コンテンツの除外を行うことも、重要なSEO対策の1つです。

低品質コンテンツというのは、他のコンテンツに比べて情報量が少なく重要ではないコンテンツのことを指します。

また、ユーザーに見せたくないコンテンツを指すこともあるでしょう。

基本的には、低品質なコンテンツを最初から作成しないことが重要ですが、Webサイトとしては必要な情報量の少ないコンテンツもあります。

こういったコンテンツがWebサイト内に存在する場合は、「noindex処理」を行いましょう。

低品質コンテンツのHTMLにnoindexを記述することで、どのようなキーワードで検索しても検索結果にそのコンテンツが表示されなくなります。

noindex処理を行うことで、検索エンジンのインデックスから除外して、Webサイト全体のクオリティを上げることをおすすめします。

URLの正規化

URLを正規化することも、SEO対策において重要なポイントです。

検索エンジンは、URLが違うコンテンツが2つあった場合、同じ内容だったとしても別のページと判断ます。

URLが違った同じ内容の2つのコンテンツがインデックスされた場合、重複コンテンツとみなされてしまい、検索順位に影響が出てしまうでしょう。

また、検索システムがクロールするコンテンツの量が増えてしまうため、検索結果に反映されるまでに時間がかかってしまいます。

URLの正規化が必要な事例には、下記のようなものがあります。

URLの正規化が必要なURLの事例
  • 大文字か小文字かの違い
  • wwwの有無
  • 「.index.html」「.html」の有無
  • https・httpの違い

このような状況を防ぐためにcanonical属性を利用して、検索エンジンが優先的にインデックスするURLを統一しておきましょう。

canonical属性はHTMLコードに記述することで、インデックスするURLを統一できます。

SEO対策のやり方を正しく理解して集客を増やそう!

SEO対策のやり方を正しく理解して集客を増やそう

この記事では、SEO対策の効果的なやり方を詳しくご紹介しました。

SEO対策には、下記のような種類があります。

それぞれの対策1つ1つを丁寧に行うことで、初めての方でも効果的なSEO対策を行うことができます。

今回ご紹介した対策以外にも、SEO対策にはたくさんの種類が存在します。

弊社フラップネクストでは、集客を大幅に増やすためにさまざまなSEO対策をサポートさせていただいております。

SEO対策に関する知識や経験豊富なスタッフが対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の記事

サイトマップとは?SEO効果を上げるための作成方法やおすすめのツールを詳しく解説!

サイトマップとは?SEO効果を上げるための作成方法やおすすめのツールを詳しく解説!

View all