2022.10.18 SEO

Webコンテンツの適切な更新頻度とは?SEO効果を高めるためのポイントもご紹介!

Webコンテンツの適切な更新頻度とは?SEO効果を高めるためのポイントもご紹介!

「SEOに効果的な更新頻度は?」

「Webコンテンツを更新する際のポイントを知りたい!」

Webコンテンツを一度制作すれば、永遠に集客が発生し続けるわけではありません。

Webコンテンツを制作した後も、分析と改善を繰り返しながら、何度も更新を行う必要があります。

では、Webコンテンツはどのくらいの頻度で更新するべきなのでしょうか。

今回は、Webコンテンツの更新頻度や、更新の際に意識するべきポイントをご紹介します。

この記事を読むことで、Webコンテンツの適切な更新を行い、安定した集客を見込めるでしょう。

最後までお読みください。

Webコンテンツの適切な更新頻度とは?SEO効果との関係性

Webコンテンツの適切な更新頻度とは

ここでは、Webコンテンツの適切な更新頻度と、SEO効果との関係性を詳しくご紹介します。

更新頻度が高い=SEO効果があるわけではない

更新頻度が高ければSEO効果が出るわけではない

結論から言うと、Webコンテンツの更新頻度を高めればSEO効果が出るわけではありません。

更新頻度の高さがSEOに直接作用するわけではなく、更新することによる品質の向上によってSEO効果を期待できます。

更新頻度を高めることを意識してしまうと、下記のような品質の低い更新を行ってしまう可能性があるでしょう。

品質の低い更新の例
  • Webコンテンツの内容は変更せずに、最終更新日だけを最新にする
  • 文章の一部分や、いくつかの画像だけ差し替える
  • ユーザーのニーズを満たさないような短文のコンテンツを増やす

このような内容の更新を頻繁に行ったとしても、コンテンツの質を高めることができないので、集客は安定しません。

Webコンテンツの更新を行う際には、更新の頻度を意識するのではなく、高品質な内容の更新を意識することが重要です。

Webコンテンツのクオリティを高めることが重要

Webコンテンツを更新する際には、クオリティを高めることを意識しましょう。

長年運営しているWebサイトの場合、過去に制作したWebコンテンツの情報が古くなる場合や、情報が変化する可能性があります。

情報が古くユーザーのニーズに合わなくなったWebコンテンツは、更新してクオリティを高めましょう。

Webコンテンツの更新を行う際には、Webサイト内の高品質なWebコンテンツを増やすことを意識しましょう。

Webサイトに存在する高品質なWebコンテンツを増やすためには、下記のような更新が重要です。

高品質なWebコンテンツを増やすための更新の例
  • クオリティが低いWebコンテンツのリライト
  • 評価が低くリライトできないWebコンテンツの削除
  • 同じようなテーマのWebコンテンツをまとめる
  • 新たに高品質なWebコンテンツを追加する

Webサイトに存在するひとつひとつのWebコンテンツの質を高めることを意識して、更新を行うことが重要です。

Webコンテンツを更新することによるSEO効果

Webコンテンツを更新することによるSEO効果

ここでは、Webコンテンツを更新することで生じるSEO効果をご紹介します。

Googleなどの検索エンジンから高評価を得られる

Webコンテンツを最新の情報に更新することで、Googleなどの検索エンジンから高評価を得ることができます。

検索エンジンから高評価を得られれば、検索結果での上位表示することができ、結果的にユーザーの流入を増やすことができるでしょう。

検索エンジンから高評価を得るためには、ユーザーのニーズを満たす情報を発信する必要があるでしょう。

Webコンテンツを更新する際には、ユーザーのニーズを満たすことを意識して行う必要があります。

ユーザーから信頼を獲得できる

ユーザーからの信頼を獲得できることも、Webコンテンツを更新することによる大きな効果といえます。

適切なタイミングで更新を行い、常に最新の情報を発信しているWebコンテンツは、ユーザーからの信頼が高くなるでしょう。

ユーザーからの信頼を1つのWebコンテンツで集められれば、内部リンクを通してWebサイト内の他のWebコンテンツを見てもらえる可能性も高くなります。

また、前述したようにユーザーから信頼を得てニーズを満たすことができれば、検索エンジンからの高評価を得ることができるでしょう。

SEO効果を高めるために更新の際に意識するポイント

SEO効果を高めるために更新の際に意識するポイント

ここでは、より高いSEO効果を得るために、更新の際に意識するポイントをご紹介します。

ここでご紹介するポイントを意識して更新を行うことで、より効率的にSEO効果を得ることができるでしょう。

競合コンテンツとの違いを確認する

競合のWebコンテンツと、自社のWebコンテンツの内容に違いがないかを確認することは、SEO効果を高める更新のポイントです。

特に下記の3つのポイントを意識して、競合のWebコンテンツを確認しましょう。

  • Webサイトのデザイン
  • Webコンテンツのタイトル・見出し
  • Webコンテンツの内容

競合のWebコンテンツを確認することで、自社のWebコンテンツに何が足りないのか、どういった違いがあるのかを分析できます。

競合のWebコンテンツとの違いを理解した上で足りない部分を追加し、自社にしか出せないオリジナルの内容を入れ込みましょう。

情報が古い・間違っているWebコンテンツをリライトする

情報が古く間違っている記事をリライトする

情報が古く、間違っているWebコンテンツがあれば、必ずリライトしましょう。

Webコンテンツの情報が間違ってしまっている場合、ユーザーのニーズを満たすことができません。

その結果、検索エンジンからの低評価を受けてしまう可能性があります。

また、低評価だけではなくペナルティを受けてしまう可能性があるので注意が必要です。

常に最新の正しい情報を発信することは、ユーザーと検索エンジンの両方から高評価を得ることができるでしょう。

リライトの方法についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

参照:リライトとは?SEO効果を最大限に高める具体的なやり方をご紹介!

評価が下がるWebコンテンツは削除する

内容の不足や間違いなどが原因で、検索エンジンからの評価が下がってしまうWebコンテンツがある場合は、更新ではなく削除する選択肢もあります。

低品質なWebコンテンツを削除する際には、内容が薄く月間アクセス数が30を下回るWebコンテンツを洗い出しましょう。

そのWebコンテンツのキーワードが、クリック数や検索表示回数の多いものだった場合、低品質なWebコンテンツと判断しましょう。

少し手を加えることで高品質にできる内容であればリライトもできますが、全体的に低品質で手のほどこしようがない場合は削除をおすすめします。

このように低品質なWebコンテンツをリストアップし削除することで、Webサイト全体の質を向上し、検索エンジンからの高評価を得ることができます。

同じようなテーマのWebコンテンツをまとめる

同じようなWebコンテンツを1つにまとめる

Webサイトの中に同じようなテーマを取り扱っているWebコンテンツが複数ある場合、1つにまとめることをおすすめします。

Webサイト内に同じテーマを取り扱う複数のWebコンテンツがある場合、検索エンジンが評価を分散してしまい、低評価を下してしまう危険性があるでしょう。

複数のWebコンテンツがある時には、それぞれのWebコンテンツの被リンク数を確認しましょう。

被リンク数が少ないWebコンテンツがある場合、被リンクが多いWebコンテンツに内容を移行します。

こうして同じようなテーマのWebコンテンツを1つにまとめることで、検索エンジンがスムーズに評価を下すことができ、上位表示されやすくなるでしょう。

クオリティの高いWebコンテンツを制作する

新たにクオリティの高いWebコンテンツを制作することも、WebサイトのSEO効果を高めるポイントです。

古い情報のWebコンテンツを、最新の情報に更新することも重要です。

しかし、最新のユーザーのニーズをキーワードにして、新しくWebコンテンツを制作することもSEO効果を高めます。

新たにキーワードの選定を行い、ペルソナの設定や検索意図を分析した上で高品質なWebコンテンツを制作します。

そうした上で、信頼性やオリジナリティ溢れるWebコンテンツを制作することで、ユーザーのニーズを満たした高クオリティなWebサイトを作り上げられるでしょう。

クオリティの高いWebコンテンツを制作する具体的な方法は、こちらの記事もおすすめです。

参照:オウンドメディアの記事の書き方を解説!記事制作のポイントも具体的にご紹介!

効果が期待できる更新頻度の目安

効果が期待できる更新頻度の目安

ここでは、SEO効果を期待できるWebコンテンツの更新頻度の目安をご紹介します。

Webコンテンツの内容によって更新頻度は異なりますが、下記を目安に更新することをおすすめします。

  • 重要なWebコンテンツ:1週間に1回
  • 情報の移り変わりが早いジャンル:1〜2週間に1回
  • 低品質なWebコンテンツ:1ヶ月に1回

重要な内容を取り扱うWebコンテンツは、1週間に1回を目安に更新を行いましょう。

低品質なWebコンテンツの場合、1ヶ月に1回の更新を心がけるか、評価が上がらない場合は思い切って削除することも視野に入れましょう。

前述した通り、Webコンテンツのクオリティが低ければ毎日更新したとしても、集客は見込めません。

更新頻度を上げるのではなく質の高さを意識して更新することで、検索エンジンからの高評価につながり上位表示されるでしょう。

また逆に、質の高さを意識しすぎて更新のスパンが長くなってしまっては、評価が下がる可能性があります。

自社のWebコンテンツを正しく分析して、それぞれのWebコンテンツに合った更新を行いましょう。

【SEO効果あり】Webコンテンツに「最終更新日」を記載しよう

Webコンテンツに最終更新日を記載しよう

SEO効果をさらに高めるためには、Webコンテンツを更新した「最終更新日」をWebコンテンツの中に記載しておきましょう。

多くのユーザーはWebコンテンツの最終更新日を見て、そのWebコンテンツが古い情報なのか最新の情報なのかを判断します。

ユーザーが古い情報ではなく最新の情報を求めることは、当たり前のことですよね。

また、Googleなどの検索エンジンも古い情報ではなく新しい情報を、検索結果に上位表示することで、ユーザーのニーズを満たそうと考えています。

このことからも、Webコンテンツの最終更新日は、ユーザーと検索エンジンの両方にとって重要なポイントとなることがお分かりいただけるでしょう。

逆に、Webコンテンツの更新が追いついていないWebサイトは、更新日を削除したり、隠したりする場合があります。

しかしこれは、ユーザーや検索エンジンをだますことになってしまうため、ペナルティを受けてしまう危険性があるでしょう。

更新の際に意識することは、Webコンテンツの公開日の表示だけでなく、最終更新日をしっかりと記載しておくことです。

Webコンテンツの公開が古かったとしても、最終更新日が直近であれば、最新の情報を取り扱っていることが把握できます。

こまめにWebコンテンツの更新を行い、質の高い最新の情報を取り扱うWebコンテンツにすることで、ユーザーからの信頼を獲得できるでしょう。

また、検索エンジンからの高評価も得られるようになり、検索結果での上位表示を安定させることができます。

SEO効果を高めるために、Webコンテンツの「最終更新日」をしっかりと記載して、ユーザーや検索エンジンにアピールすることをおすすめします。

コンテンツの更新は「頻度」ではなく「高クオリティ」を目指そう!

コンテンツの更新は頻度ではなく高クオリティを目指そう

今回は、Webコンテンツの更新頻度や、更新する際に意識するべきポイントをご紹介しました。

Webコンテンツの更新は、どれだけ多く更新するかではなく、ジャンルに合った更新のタイミングで、高品質なWebコンテンツの制作を意識しましょう。

また、更新の際には、下記のポイントを意識することをおすすめします。

上記を意識して更新を行うことで、ユーザーと検索エンジンの両方から高評価を得ることができるでしょう。

更新の適切な頻度と高クオリティを意識して、安定して集客を行いましょう。

弊社フラップネクストでは、Webコンテンツのジャンルに合った適切な更新や編集からSEO対策全般まで、幅広くサポートさせていただいております。

Webコンテンツの更新やSEO対策で、何かお悩みか困り事がありましたら、お気軽にご連絡ください。

弊社のSEO対策に関する知識と経験豊富なスタッフが、お客様に寄り添って問題を解決に導きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の記事

SEO対策とリスティング広告の違いとは?それぞれの効果・選択ポイントを徹底解説!

SEO対策とリスティング広告の違いとは?それぞれの効果・選択ポイントを徹底解説!

View all