2022.9.30 SEO

【実例付き】SEOに強い記事の書き方|特徴や作成の流れを徹底解説

【実例付き】SEOに強い記事の書き方|特徴や作成の流れを徹底解説

「記事のSEOって何だろう?よくわからない・・・」

「SEOに強い記事を書きたいけれど、具体的にどうすればいいのかな」

このような疑問を持たれている方も多いのではないでしょうか。

サイトにSEO記事を追加してユーザーを獲得することを、コンテンツマーケティングといいます。

検索で上位を取れる記事を公開して自社メディアの価値を高めれば、自社商材をユーザーに知ってもらうことができて売上げアップも可能です。

SEOに強い記事がたくさんあるサイトは、自動的に顧客を集めて売上げを伸ばしてくれる資産にもなります。

せっかくコンテンツを追加するのなら、サイトの価値を上げるSEO記事を増やしたいですよね。

そこで今回はSEO記事について初心者にもわかりやすく解説します。

実際に行われているSEOに強い記事を作成する流れもご紹介しており、他の記事にはない貴重な情報があります。

SEO記事の作成を考えている方は、是非参考にしてください。

SEO記事とは?コンテンツ制作の基礎知識

SEO記事とはなにか

SEO記事とはGoogle検索などで特定のキーワードで検索したときに、上位表示されてユーザーにクリックされるように対策された記事のことです。

その記事を読んだユーザーが関連する自社サービスに興味を持ってくれたり、問題解決の方法として自社の商品やサービスを利用してくれることを目的に作ります。

SEO記事とは何か?メリット

SEO記事は、集客を目的としてサイトに加えられるコンテンツマーケティング手法です。

ホームページは、作っただけでは誰の目にも触れません。

そこで自社の商品やサービスに関連する情報を記事にして、読者がWeb上で調べ物をするときにその記事が表示されるように対策をして、SEO記事を追加していきます。

SEO記事のメリット
  • 広告より低予算でできる
  • サイトが資産になる
  • ブランドの認知度を上げられる

検索したときによく上位にある、読者の役に立つ情報があるとユーザーに認知されれば、自社の信頼性も高まります。

検索順位が決まる仕組み

検索順位決定の仕組み

検索順位が決定される仕組みは以下の通りです。

  • クローラーがWebを巡回し情報を集める
  • インデックスに整理された状態で収納
  • Googleのアルゴリズムに従って順位決定

クローラーとは検索エンジンを作るためにWebサイトの情報集めをする自動巡回プログラムのことです。

クローラーは常に世界中のWebサイトを訪れて情報を収集し、Googleのデータベースに登録していきます。

Webサイト情報を整理してデータベース化された状態を、インデックスされたと表現します。

このインデックスされたWebサイトを比較・評価して順位を決め、ユーザーが検索した際に表示されるのです。

実は、Googleが順位をどのように決めているのか、正確なところはわかっていません。

なぜなら、Googleが検索順位を決めている評価基準(アルゴリズム)は完全に非公開で、200以上あるといわれているからです。

しかし、ある程度は推測できるため、その推測に従って記事を作成することで検索上位を狙います。

Googleの思想を理解する

Googleは常にユーザーファーストをかかげています。

テクニカルなSEO施策も大切ですが、それ以上に読者の役に立つ新鮮な情報であることが重視されます。

「誕生日プレゼント 彼女」で検索したときを例にあげます。

このときに人気のないコスメブランドの紹介記事や、何年も前に流行ったアクセサリーのおすすめ記事が出てきたら、イラッとしてもう検索しませんよね。

Googleはこのようなことが起こらないように、検索結果を常に管理しており、そのポリシーも公開しています。

品質に関するガイドライン
基本方針
・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

・ユーザーをだますようなことをしない。

・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

・どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトと言えるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

 

SEO記事を作成する側もGoogleの検索に対する思想をよく理解して、Googleに評価される記事作成をしなければなりません。

そのためにも、Google検索セントラルの情報に目を通しておきましょう。

SEOに強い記事の特徴

検索上位記事の共通点

SEOに強い記事の基準は決まっています。

基準を満たしている記事であれば、検索上位を勝ち取れる可能性がぐっと高まります。

 

検索意図に合った内容

SEOに強い記事は、ユーザーのことをよく理解して必要な答えを提示しています。

ユーザーが検索で何かを探しているときには、必ず目的があります。

その目的を検索意図といい、記事を読むことによってユーザーの目的が達成されれば検索意図を満たしたいい記事となります。

ユーザーの検索意図を満たすためには、次のことを明確にするようにしましょう。

  • どんな人が
  • どんな状況で
  • どんなことが知りたいのか

検索意図に対する答えがぶれてしまうと、読者の離脱を招きSEOの評価が下がります。

最新情報を入れる

情報の鮮度もSEO評価に影響します。

そのため記事作成では以下のことに重点を置きます。

  •  最新データを扱う
  • 旬のトピックスを入れる
  • 最新のSEOアルゴリズムに合わせた対策をする

記事を書いて一度は検索上位が取れていたとしても、放置していると時間の経過とともに順位が落ちていきます。

このような既存記事の対策では、リライトという作業をします。

引用データを最新のものに変更し、新しい情報を追加するなどして最新の情報に更新することで、順位下落を防ぎます。

E-T-Aを意識

E-T-Aとは、Googleが良いコンテンツかを判断する基準です。

E-A-Tは以下3つの英単語の頭文字をとった言葉になります。

  •  専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness)

専門性とは、そのサイトが何らかの情報に特化してしていることです。

不動産サイトであれば、間取りや家賃相場の記事は専門性のある記事と判断されます。

しかし、同じサイトでグルメ記事を公開したらどうなるでしょうか?

この記事には専門性がないと判断され、SEO評価は下がります。

SEOに強い記事を求めるなら、記事を増やそうとして関係のないジャンルの記事を書いてはいけません。

権威性は、コンテンツの内容を誰が発信しているかを重視するものです。

医療関連の記事であれば、個人のサイトより医療機関のサイトのほうが正しく詳しい情報であると誰でもわかりますよね。

このように社会的な裏付けがある機関や実績のある企業の記事を優先して上位表示させます。

信頼性は、信用に足る情報であるかを判断します。

数字を出すのであれば元のデータを明示する、実際に商品を体験する、メーカーに取材する、利用者の生の声を伝える、といった正しい情報であることも求められます。

そして匿名の誰かではなく、きちんと身分を明かしている人の意見であることも影響します。

キーワードの盛り込みが適切

キーワードはSEO記事のもっとも重要な要素です。

適切なキーワードで記事を作るために必要なこと
  • ユーザーのキーワード調査を正しく行う
  • 関連キーワードや再検索キーワードを利用してユーザーの隠れたニーズを探る
  • キーワードのミスマッチを防ぐ

「資産運用」と「資産運用 ファンド」と検索する人を例にあげます。

両者は求めている答えが違います。

「資産運用」で検索している人は、株式投資や保険などを含めたトータルな資産運用を求めているか、資産運用の基礎を学びたいと思っているかもしれません。

一方で「資産運用 ファンド」と検索する人は、ファンドでの資産運用は有用なのか悩んでいたり、資産運用に適したおすすめのファンドを探してます。

こういったキーワードの特徴をよく理解した上で、適切に設定できると記事のSEO評価を上げることができます。

タグを正しく設定

タグを正しく設定することで、ユーザーとGoogle双方にサイトの内容が正しく伝わります。

タグには次の3種類があります。

  •  タイトルタグ(記事タイトル)
  • メタタグ(メタディスクリプション)
  • hタグ(見出しタグ)

この3つのタグにキーワードを盛り込み、ユーザーに「なんだか探している答えがありそう」と思ってもらえれば、記事がクリックされます。

読者に親切で読みやすい

SEO記事では、サイトに訪れたユーザーが、ストレスを感じずに素早く求めている情報に触れられることが大事です。

また、適切に図解や写真での説明がされていて頭に内容がすっと入ってくることも重要なポイントです。

ユーザーに親切なSEO記事とは
  • 表示がスピーディ
  • 結論ファースト
  • 適切な図解
  • 読みやすい記事構成
  • わかりやすい文章
  • スマホでも読みやすい

近年はスマホで記事を読むことが多いため、モバイルでも負担にならない文字の量や図解の見え方への工夫も重要視されています。

競合にはないオリジナルコンテンツ

SEO対策にはオリジナルコンテンツが欠かせません。

あなたは検索結果の1ページ目がどれも同じような内容でがっかりしたことはありませんか?

このような経験が多いとユーザーは離れていってしまいます。

オリジナリティを出すコツ
  • 自社の経験や知見を記事に盛り込む
  • 事例・具体例を元に解説する
  • 自社商品を使った解決法の提案

具体的な経験や独自の視点を盛り込むことで、読者は記事内容を理解しやすくなります。

また、Googleにはオリジナリティがあると判断されて記事の価値が上がります。

SEO記事を作成する流れ

SEO記事作成の流れ

実際にSEO記事を作る方法を順を追って解説します。

今回はプログラミング教材を販売している企業を例に、具体的に記事を書いていく流れを説明します。

自社商材(サービス)の特徴を把握

SEO記事で認知してもらいたい自社の特徴や強み、ユーザーにアピールしたいポイントを見つけましょう。

それをもとにサイトの方向性を決めます。

特に重点的に練りたい要素
  1. 自社の強みと弱み
  2. 競合の強みと弱み
  3. 顧客のニーズや市場規模

実際に調査をしてまとめます。

【自社・競合の強み弱み】

項目 自社 競合A社
強み ・短期集中で最低限を習得
・スキマ時間で学べる
・社会人向けに特化
・競合より安い
・学べるプログラミング言語が豊富
・学習時間が多い
・本格的
弱み ・学べるプログラミング言語が少ない
・最低限しか学べない
・入門レベル
・サポート期間が短い
・学習量が多すぎて挫折する人もいる
・高価

ユーザーニーズや市場規模も調べます。

【市場環境調査】

項目 特徴
ユーザニーズ(どんな人が学ぶか) ・プログラミングを学んで副業したい
・IT業界に転職したい
・収入を上げたい
市場規模 ・103億円
・市場は増加傾向

弱みや強みは実際には最低5個以上は書き出します。

競合も実際は1社ではなくすべての競合をチェックしてください。

調査の段階ではこだわらずに思いつく限り、何でも書き出しましょう。

実際に紙に書き出し、情報を整理していく中で方向性が定まってきます。

記事を読んでもらいたいユーザーを設定

SEO記事に集客するターゲットを決めます。

多くの誰かに向けた記事でなく、自社の顧客になってくれる可能性の高いユーザーに向けて記事を書くのが鉄則です。

お客さんになってくれないユーザーに対してSEO記事を書くと、サイトの訪問者が増えても売上につながりません。

調べた自社サービスの特徴やユーザーニーズをもとにターゲットユーザーを設定します。

今回のターゲットユーザーの特徴
  • プログラミングを学んで転職や副業をしたい社会人
  • 20~30代の男性
  • スキマ時間で学びたい
  • とりあえず低コストで試してみたい
  • 学ぼうかどうしようか迷っている

この人に役立つ情報がある記事を書きましょう。

ユーザーがよく検索するキーワードを抽出

ターゲットユーザーが決まったら、その人達がよく検索するキーワードを見つけていきましょう。

SEO記事のキーワードは、自分で検索をしながら見つけるか、キーワード提案ツールを使って探します。

今回はプログラミング教材の企業サイトなので、軸となるキーワードはそのまま「プログラミング」にします。

よく使われるキーワード選びのツール
  1. ラッコキーワード
  2. キーワードプランナー
  3. Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

今回はラッコキーワードで候補のキーワードをリストアップして、これはと思ったキーワードをUbersuggestでチェックします。

ラッコキーワードの画面

まずラッコキーワードでプログラミングに関するキーワードをリストアップします。

次に候補キーワードの検索ボリュームなどUbersuggestでチェックします。

ウーバーサジェストの画面

月間検索ボリュームは22,000、SEO難易度が簡単と出たので、候補の中から1記事目は「プログラミング 言語」で記事を書くことに決めました。

記事は計画的に本数を書くので、キーワードは必要な記事数分を事前に準備しておくと後が楽になります。

競合メディアの調査

執筆する記事のキーワードが決まったら、同じキーワードのSEO記事をチェックします。

最低でも上位5記事の内容は把握しておきましょう。

これは実際に検索して調べます。

競合記事の検索結果
競合記事の内容や見出し数、タイトルなどをチェックします。

競合の内容と似た記事にならないように、競合にないオリジナリティを出すためにはどうするか考えながらチェックしてください。

企画構成案を作成

競合調査が終わったら、自分の記事のタイトルや見出し、メタタグなどの企画構成案を作ります。

これは記事の骨組みになり、企画構成案が適切にできていると次の本文作成がスムーズになります。

見出しは階層構造になっています。

  •  大見出し(h2)
  • 中見出し(h3)
  • 小見出し(h4)

一般的な文章の章・節・項と同じ考え方です。

数字が大きくなるほど、内容は細かく説明範囲が特化していきます。

実際に企画構成案を書くとこうなります。

記事の目的:プログラミングを学ぼうか迷っている人、プログラミング言語はどれがいいか悩んでいる人にむけて、プログラミング言語の種類と転職市場や副業で需要があるかを解説する

タイトル:【最新人気言語も紹介】プログラミング言語の特徴を徹底解説!

メタタグ:どのプログラミング言語を学ぼうか迷っているあなたへ!本記事では初心者でも学びやすい人気のプログラミング言語を徹底解説。最新の稼げるプログラミング言語もご紹介・・・

h2:プログラミング言語とは?
h2:人気プログラミング言語10個の特徴をご紹介
h3:Java
h3:JavaScript
h3:PHP



h2:まとめ

このように企画構成案をつくっていくことで、検索意図と記事内容がずれることを防げます。

記事の執筆

企画構成案に本文や図解をいれて記事を完成させます。

執筆で注意すべき6のポイント
  • 文字ばかりにしない
  • 結論から書く
  • わかりやすい言葉で書く
  • 本文中に適度にキーワードをちりばめる
  • 重要な文字は色付けや太字にする
  • 箇条書きやボックスを活用して端的に説明

最初はうまく書けなくても書いているうちに上達するので、まずは基本通りに書いてみましょう。

公開して成果を分析

記事が執筆できたら、公開します。

公開するとGoogleのクローラーがあなたの記事を巡回してインデックスします。

公開してから検索順位が決まるまでは時間があくので、しばらくは放置していても構いません。

公開してある程度の時間が経ったら、順位チェックを開始しましょう。

実際に検索して記事を探してもいいです。

GoogleChromeの場合は、シークレットモードで検索すれば順位がわかります。

たくさん記事がある場合は大変なので、ツールを使ってチェックします。

おすすめ無料順位チェックツール
  • Google Search Console(グーグルサーチコンソール)
  • 検索順位チェッカー
  • 検索順位チェックツールGRC無料版

初心者には、無料で使えてサイトの総合的な分析ができるGoogle Search Consoleがおすすめです。

定期的に更新

SEO記事は書きっぱなしではいけません。

定期的に最新情報を加えたりして、更新していきます。

また、メインの集客記事の順位が下がってきたら、思い切って記事をリニューアルしてテコ入れをします。

検索上位を維持するためには、サイトをこまめにメンテナンスする習慣をつけましょう。

SEO記事を作る際には【外注と内製化】どっちがおすすめ?

内製と外注

SEO記事は、自社で作成するか専門の会社に依頼してつくってもらうかの2つの方法で作成できます。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらが自社に向いているかよく検討しましょう。

内製化のメリット・デメリット

社内に担当者をおいて専門的に取り組める環境があり、じっくり腰を据えて成果が上がるのを待てるのであれば、内製化がおすすめです。

記事を内製化するメリット
  • 低コストでできる
  • サービスや関連情報に詳しい記事がかける
  • オリジナリティが出しやすい

記事作成を内製化すれば低コストでサイトを運営できます。

記事を内製化するデメリット
  • コア業務に支障がでるおそれ
  • 専門知識が必要
  • 成果が出ないときに改善できない

内製化は自社で1から取り組むので、会社の独自性を出しやすくメディアを育てて行く過程で社内に知見が蓄積されます。

一方で、トライアンドエラーを繰り返していく必要があり、十分なリソースが確保できないと途中で挫折しがちです。

途中でパッタリとブログ更新がされなくなったサイトを見かけたこともあるのではないでしょうか?

質の高いSEO記事を定期的に追加し、既存記事の更新も行うのは大変です。

また、成果が上がらないときに適切な対策の取り方が分からず、なかなか記事を検索上位に上げることができないデメリットがあります。

内製化が困難な場合は外注してしまってもいいですね。

外注のメリット・デメリット

社内にメディア部門を設置する余裕がなく、成果を早く出したいのであれば、記事作成を外注します。

記事外注のメリット
  • プロの技術で書かれているのでSEOはバッチリ
  • 自社にリソースがなくても定期更新が可能
  • 企画や成果の追跡まで依頼できる

とにかく楽にサイトを充実させられるのが外注の最大のメリットです。

どのような目的で記事を作成するのかや達成したい成果などを伝えれば、SEO記事の専門家が必要なSEO施策をした記事を必要数納品してくれます。

最新のSEOに合わせて既存記事を書き直してくれたり、SEO評価を上げるための改善なども依頼できます。

SEO記事を外注するデメリット
  • 費用は内製より高め
  • 没個性になりがち
  • 社内にノウハウが育たない

デメリットは、記事を内製するよりも費用が高くなりがちなのと、自社の独自性を出しづらいことです。

また、社内に記事作成のノウハウも蓄積されません。

最終的に自社でSEO記事を内製化したいのであれば、記事作成会社によるコンサルティングやSEO研修を活用するのもおすすめです。

【SEOで評価されてない?】確認したいポイント検索順位アップのポイント

「頑張ってSEO記事を作成したのに、検索順位圏外になる」

「メインの集客記事の順位が低いまま」

このような悩みを抱えているメディア担当者も少なくありません。

このようなときには、自社の記事を以下の観点から見直してみましょう。

タイトルと内容の不一致

タイトルと本文の内容に微妙なずれがあることや、タイトルのキーワードが本文には全く出てこない記事はSEOでマイナスの評価を受けます。

例えばタイトルには「SEO記事の注意点」とあるのに、SEO記事の基礎知識や特徴ばかりを説明していたらどうでしょうか?

ユーザーは「で、注意点はなんなの?」「そんなことわかってるよ」と思って途中で読むのを止めて他の記事を探すでしょう。

そうするとSEO評価が下がってしまいます。

タイトルと内容を一致させるためには、記事のキーワードや企画構成を決めるときに検索意図をしっかりと理解することが肝要です。

ユーザーが何を求めているのかはっきりさせて、その答えを記事で示すことを意識すれば、タイトルと内容が一致します。

文字ばかりで読みづらい

作成する記事には、見出しごとに内容を説明する図解やイメージ画像を入れましょう。

あなたの記事を読むユーザーは、普段長い文章を読む習慣がない方が圧倒的多数です。

文字ばかりだとストレスを感じて他の記事を探してしまいます。

SEO記事はユーザーに自社のブランドを知ってもらうためのパンフレットだと考えるとイメージしやすいです。

文字だけのパンフレットなんてないですよね。

アピール画像や、難しい説明は補助の図説がついています。

SEO記事も同様に、ユーザーに楽しく最後まで見てもらい、内容を理解してもらえる画像や図解を準備します。

読み込みに時間がかかる

ページ表示速度はSEOに影響します。

読み込みに時間がかかりいつまでもページが表示されないと、ユーザーは検索画面に戻って別の記事を読みます。

Googleもユーザーに不利益になると判断して、ページ読み込み速度の遅いサイトは評価を下げます。

目安はどのような通信でも2秒以内に表示できることとされます。

遅い場合の対処法には以下のものがあります。

  •  画像サイズを小さくする
  • 画像を次世代フォーマットにする(JPEG→PING)
  • 画像の遅延読み込みを設定する
  • スクロールせずに見える範囲の最適化

まずは簡単にできる対策からしていきましょう。

キーワードの設定が適切でない

自分の記事が上位表示できるかどうかは、キーワードの選び方で大きく変わってきます。

キーワードの設定が適切でないと、どんなに対策した良質な記事でも上位表示できません。

こんな失敗をしていませんか?
  • 競合が強すぎるキーワードばかりで記事を書いた
  • メディアの方向性とキーワードがずれている
  • 検索需要がなさすぎるキーワードを選んでいる

キーワードはSEO記事の最重要ポイントです。

絶対に適当に決めてはいけません。

時間をかけてもいいので、丁寧にキーワード集めをしましょう。

SEO記事を充実させてユーザーを獲得しよう!

SEO記事でユーザー数アップ

自社サイトにSEO評価の高い記事を追加することで集客をアップさせ、ブランドの認知度を高められます。

SEOに強い記事の書き方
  1. 検索意図にそった内容を書く
  2. 最新情報を入れる
  3. E-T-Aを意識する
  4. キーワードを適切に盛り込む
  5. 3つのタグを正しく設定する
  6. 読者に親切で読みやすい記事にする
  7. 競合にはないオリジナルコンテンツを入れる

これらのポイントを押さえることで、記事がGoogleに評価され検索上位が狙えます。

最初はうまく書けなくても、記事をアップし続けるうちに上達していきます。

「記事作成にかけるリソースがない」「早く記事を増やしたい」と言った要望がある方は、記事作成の外注も検討しましょう。

記事作成代行では、最新のSEO施策を盛り込んだ質の高い記事の更新や既存記事の改善が可能です。

次の記事

【2022年最新】SEOキーワードの選定方法を分かりやすく解説!おすすめのツールも紹介!

【2022年最新】SEOキーワードの選定方法を分かりやすく解説!おすすめのツールも紹介!

View all